カテゴリー「趣味」の記事

『小さいおうち』を読む

直木賞の作品です。

道尾秀介の「光媒の花」を差し置いての受賞ですから、気になりますよ。

装丁がかわいらしいけれど、内容がまったく想像がつきませんでした。

小さいおうちBook小さいおうち

著者:中島 京子
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

戦前〜戦中にある家庭に住み込みで女中さんをしていたタキという女性が、そのころを振り返って綴る、という形式です。

4/5くらいまでは、そんな感じで進みますが、そこから先は言えません(笑)。

戦前〜戦中の家族を描いたといえば、向田邦子ですが、「小さいおうち」は、向田邦子作品というより、久世光彦のテレビ作品に近い気がします。

静かで、よい話だと思います。が、今どきっぽさはなにもないかも。

私は作者の中島京子の作品は初めてだったので、ほかの作品にどんなものがあるのか調べてみたら。。。どうやら、中島さんは「女中の話」が好きらしい。

| | コメント (0)

本田△

眠いですね。ホント。

昨日のデンマーク戦みてた人、もう今日は寝てるかな。

本当に…。いい意味で裏切られたな~。

とってもとっても申し訳ないけど、まさか一次予選突破できると思っていなかったのよ。

何年か前の私が、今の私をみたら「日本の勝利を信じないなんて、サポーターじゃない!」と非国民あつかいしていたでしょう。

とくに。

本田選手。

ビッグマウスすぎて、ちょっとキライだった。

関西出身だし、名古屋だったし、今モスクワだったりして、なかなか親しみを感じられなかったんですよ。

しかし、その本田選手、やってくれましたね!! すばらしいFKでした。あの本田のFKがあったからこそ、次のヤットのFKがきいたんだよね。

というわけで。いちどやってみたかった!

           本田△!

ホンダさん、かっけ~~! です。 

ちなみに旅人には、中田□(中田氏、かっけ~!)だそうです。

| | コメント (0)

iPadを予約しました

ツイッターではまめに報告しているのですが、見ていない人も多いと思うので、ここのところの私の状況報告。

iPadを予約しました

私はiPhoneはもっていなくて(というのも、電話としては致命的につながりにくいから。現在私用で使っているドコモが便利、会社ケイタイはau。なので3台もつのもイヤだし)。

でもアプリを使いたいし、出版人として試しておきたい…。

最初は3Gをかなり前向きに考えていたのですが、SIMロックという不条理な状況と、「本より重そう」「バッグが大きくないと入らない」ということを考え、モバイル的な使い方は考えないことに。
海外でミニPCとしてつかればよかったのですが、WI-FIはよいとして、3Gで海外ローミングするなんて、おかしな話。(SIMフリーだったら、その国のキャリアと短期契約して使えるのに…)。

というわけで、自宅でWi-Fiという環境で納得。16GBはもし足りなくなったらくやしくなりそうで、64までは必要なさそう、という消去法から32GBへ。

今朝、お茶碗洗いをしながら、まな板を両手で持ったとき…「iPadってこんな感じかな…」と思ってしまった。

楽しみです。(私はアップルのネット予約です)

 "アイパッド【I Pad】 32GB APPLEoriginal ケース付"
販売元:BuyMa(バイマ)
BuyMa(バイマ)で詳細を確認する

| | コメント (3)

お題カラオケ

昨日は会社の先輩と同僚と、ひさしぶりにカラオケでした。3人とも、歌のレベル、いや、歌を愛するレベルが高いので、かなり高度な「しばり」を楽しみます。

今回は「固有名詞」しばり。

先輩は「ダスティン・ホフマンになれなかったよ」という曲。オリジナルは私は知らなかったけど。ほか、サザンや桑田さんソロには、レノン、ビリー・ホリディ、鎌倉、ラリー・カルトンなどが登場。地名、人名が入ると、かなりいろんな曲がみつかりますね。演歌なんて国内の地名の宝庫だし。

いずれにせよ、大きな声をだして、懐メロでもなんでも、好きな歌をうたうのは、気分爽快です。

| | コメント (0)

Twitterが面白くなってきた

やばいな~、ツイッターが面白くなってきたよ。

つぶやくことのなにが面白いのかわからなかった、10日ほど前。

現在はプライベートのアカウントと、仕事のアカウントを使い分け、Hootsuiteでタブを設定し、リストもつくったし。

仕事アカウントのほうは、1週間で124フォローがついたもんね。RほうさんとはDMもやりとりしているし、H瀬さんは、あんなにたくさんのフォロワーの中から134名のサンキューリストに入れてもらっているわけで。

どちらかというと、文化人や経済人、政治家のほうが先走っているのがツイッターですが、芸能人もけっこうつぶやいていますね。ブログに比べて、なんだかつながっている感じがうれしくなります。

確かにこれは、立場や知名度のある、つまり発言力のある、「強者のメディア」ですね。仕事のほうのアカウントでは、思いっきり、それを上手に利用させてもらっています。

ふ~~~ん。。なるほどね~。

…プライベートアカウントのほうなんて、フォロワーは家族入れて9人だよ(笑)。

| | コメント (0)

市川染五郎と片岡愛之助

仕事でお世話になっている役者さんの公演に行ってきました。インタビューでお世話になった染サマ、連載でお世話になっている愛之助サマ。

なんとふたりの「衆生」というか「男色」っつ~か、ズバリ、ボーイズラブな現代歌舞伎です。

ご興味のある方はリンクをご覧ください。

愛之助さんは、若旦那役しかみたことなかったのですが、なかなか、どうして。ちゃんと小姓(15,16歳くらい)に見えました。

染五郎さん、私はぜんぜんファンじゃなかったのですが…彼は舞台栄えしますね! 顔が小さいんですよ、思ったよりも。つまりスタイルがよいのです。

今回は階段落ちシーンもありますし、花道でびっくりするようなスピンも見せてくれます。なんだか根性が座っている感じ。

どちらかというと私は古典的な歌舞伎のほうが好きですが、たまにはこういうのも一興ですね。

| | コメント (0)

談春さん

談春さん

国立劇場で某クレジットカード会員向けの独演会。

私が談春さんの噺を聞きに行くのは、3回目。一緒にいった会社の同期のY(女性のほう)は初めてでしたので、とても喜んでいました。ちなみにYは、日本舞踊をやっていて、国立劇場のこの舞台で踊ったことがあります。

今日は一列目の席をとっていたので、表情や動きがよく見えて、本当に面白かった!

前座には弟子の「こはる」が登場。最初に出てきたときには、「少年? 少女?」と、よくわからず、客の頭の中も「?」。少年みたいに見える女のコで、ビックリ!!

あとからでてきた談春さん、「国立という舞台ですし、まずはお客様の緊張を解こうと思って、弟子のこはるを前座に出しました。あれは女なんですよ~。緊張を解くどころか、みなさんを返って緊張させてしまいました(笑)。」とのことでした。

なかなかチケットのとれない人気の談春さんですが、また聞きにいきたい!

| | コメント (0)

『チャイルド44』を読む

チャイルド・フォーティーフォー、と読みます。

チャイルド44 上巻 (新潮文庫) Book チャイルド44 上巻 (新潮文庫)

著者:トム・ロブ スミス
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

チャイルド44 下巻 (新潮文庫) Book チャイルド44 下巻 (新潮文庫)

著者:トム・ロブ スミス
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

トム・ロブ スミスは若手新人。この作品は2008年「このミス」の海外部門1位だったようです。

舞台はスターリン体制のロシア。最初は誰が主人公かわからないし、エピソードなのか本筋なのかわからない展開です。ここはガマンして読みましょう。

そのうち、「この人が主人公かな」という、カンジの悪い人がでてきます。ネタバレしちゃいますが、「レオ」という名前です。

でも、まだ子供の殺人事件らしいものはしばらくでてこない…。

とにかく、上巻の半分くらいまで、ちょっと我慢強く読みすすめないとなりません。しかし、それを過ぎると、急にいろんなナゾが津波のように押し寄せてきます。

誰がよい人で、誰が悪い人か? 体制と反体制。どちらが「正しい」のか? 混乱すると同時にワクワク感が! ひどい悪役もでてくるし、はらはらする逃亡シーンもあります。 

これ、映画化するのにピッタリだな~と思って読んでいたら、すでにリドリー・スコット監督で映画化が決まっているようですね。

私の頭の中では、主人公のレオはハンサムなはずです。実際、そういう記述もでてきます。(レオって名前でだけで、ハンサムっぽい感じがしますよね~)。

妻の役には美しくて従順に見えつつタフな人がよいですね。

…通勤時間を利用してコツコツ読み続けましたが、読後はスッキリ、よい気持ち。面白かったです。なにかと「都合いいじゃん!」みたいなこともありますが、それは大して気にならないです。

続編がすでにでています。私も早速、上巻を読み始めました。

グラーグ57〈上〉 (新潮文庫) Book グラーグ57〈上〉 (新潮文庫)

著者:トム・ロブ スミス
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

鍋と料理本

「鍋フェチ」であることは先日書きましたが、ル・クルーゼ、フィスラー、クリステル。どれも優秀です。

私が持っているのは

Le Creuset ココット・ロンド 20cm ホワイト Kitchen Le Creuset ココット・ロンド 20cm ホワイト

販売元:Le Creuset (ルクルーゼ)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Le Creuset ココット・ロンド 22cm ホワイト Kitchen Le Creuset ココット・ロンド 22cm ホワイト

販売元:Le Creuset (ルクルーゼ)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

最初22センチを買ったのですが、お客さんがきたときはいいけれど、やはり小さめのものも欲しくなり、20センチを買い足しました。鍋というものは、「大は小をかねない」のです。

どちらも白です。

ル・クルーゼを持っている人には、ぜひ、この本も一緒に!

「ル・クルーゼ」だから、おいしい料理        ル・クルーゼで料理(2) ゆっくりつくる編 (天然生活ブックス)

(ほかにもご紹介したかったのですが、なぜかこの2冊、しかも写真しか貼れませんでした)

この平野さんのシリーズ、簡単でおいしそうで、私は全部そろえています。これで作った料理はお客様にも喜んでもらえます。煮込み料理などは、来客前に仕込んで、火にかけておいて、お客様におだしする前にまた暖めます。ちょうど味がしみておいしいの。

白い鍋はとても可愛いのですが、どうしてもくすんだり、コゲが沈着すると目立ったりするので、これも一緒にオススメです。

Le Creuset ポッツ&パンズ クリーナー 専用クリーナー 専用の洗剤です。ほかのホーローにも使えます。

ほか、愛用しているのはクリステルの鍋。シンプルで使い勝手がよく、一家に1セットといったところでしょうか。

CRISTEL グラフィット スタータープラス STTR+Agete Kitchen CRISTEL グラフィット スタータープラス STTR+Agete

販売元:CRISTEL
Amazon.co.jpで詳細を確認する

私が持っているものはフタがフラットなものです。クリステルの鍋は、使い方もシンプルなので、スタンダードな料理本のレシピなら、なんでもOKですね。大きさいろいろですが、重ねて収納できるのが魅力。取っ手がとれます。ティファールよりもなんだか、おしゃれ。

そして、便利な圧力鍋! 玄米ゴハンもすぐに炊けるし、ひよこ豆も5分でゆでられます。鶏肉などもやわらかく仕上がるので、とても重宝しています。時短料理にもピッタリ。

Fissler ロイヤル圧力鍋 3.5L  11-633-03 Kitchen Fissler ロイヤル圧力鍋 3.5L 11-633-03

販売元:Fissler (フィスラー)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これにまたピッタリのレシピ本がこちら。

ミニ圧力鍋で2人分料理―早い、おいしい、作りやすい  小田真規子さんの本です。圧力鍋レシピ本って、ややダサめのものばかりなのですが、これはちょっとおしゃれメニューも。大掛かりじゃない、二人分くらいの料理にフォーカスしているので、簡単すぎず難しすぎずな、いいレシピ本です。

そして、「鍋フェチ」としては、今欲しいのがストウブ社の鍋。ああ、でもすでにル・クルーゼを2つも持っているので、必要はないんだよなあ。

staub ココットラウンド 16cm ブラック 40509-480(1101625) Kitchen staub ココットラウンド 16cm ブラック 40509-480(1101625)

販売元:staub (ストウブ)
発売日:2008/11/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

サイズが違うものなら、いいかしら? なんて言い訳しながら、悩むのでした。

そして。「鍋フェチ」の私が、この秋、はまっているのが「煮込み料理」。この本をアマゾンで注文しました。さらに料理にはまりそうです。ワインもすすみそうです(笑)。

 いい鍋。おいしい料理。 いい鍋。おいしい料理。
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

(なぜかこれもアマゾンの画像は貼れないのでした)

| | コメント (0)

ピアノの音、ピアノ男子

小さいころからピアノを習っていたので、ピアノの音が大好きです。(絶対音感が備わってしまったため、全部ドレミで聞こえてしまいますが)。

最近、「ド・クラシックではない、よい質感のシンプルなピアノ演奏を聞きたい」欲求が高まって。いろいろ探しているうちに気になるものを見つけました。

パリ・フィーユ・デュ・カルヴェール通り6番地 Music パリ・フィーユ・デュ・カルヴェール通り6番地

アーティスト:阿部海太郎
販売元:インディーズ・メーカー
発売日:2007/05/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

SOUNDTRACK for D-BROS Music SOUNDTRACK for D-BROS

アーティスト:阿部海太郎
販売元:インディーズ・メーカー
発売日:2008/10/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

阿部海太郎のCDです。東京藝術大学の音楽研究科の院をでて、フランスに留学。ピアノ、ヴァイオリンなどを演奏します。おしゃれ感とノスタルジック感がありますね。

プロフィールとインタビュー。

YouTubeでチェック。

その流れでもう一人。Hauschka(ハウシュカ)というドイツのアーティスト。Prepared Pianoという音楽は、ピアノの弦に木や金属などをはさんで音色を変えたもの。ちょっと坂本龍一を彷彿とさせます。

Room to Expand Music Room to Expand

アーティスト:Hauschka
販売元:Fatcat
発売日:2007/03/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Ferndorf Music Ferndorf

アーティスト:ハウシュカ
販売元:Wind Bell
発売日:2008/09/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

YouTubeでチェック。

いろいろ視聴したり見たりしてから買えるから、世の中便利だよなあ。

それつながりでもうひとつ。

昨日の剣道男子ではないですが、私は「ピアノ男子」も好きです(笑)。品がよくて、坊ちゃんぽい感じがいいのかも。

| | コメント (0)