カテゴリー「経済・政治・国際」の記事

DVD「アンダーグラウンド」をみる

友人に借りていたDVD「アンダーグラウンド」、ちょっと時間がかかるから、観るのをあとまわしにしていました。

95年のカンヌ映画祭で、パルム・ドールに輝いた作品です。
画像を貼ろうと思ったら、現在、DVDは契約が切れているみたい…。

アマゾンだとこちら

をごらんください。

第二次世界大戦から、ユーゴ内戦など、激動のベオグラードを中心といた物語です。

ブラス主体の音楽で、楽しいのか悲しいのかわからない雰囲気から始まります。

政治、戦争、男同士の友情、家族、ナチス、裏切り、障害のある人、武器、誤解。
それらが交錯することによっておきてしまう、悲喜劇。そこに、幻想的なビジュアル。

「ユーゴに帰りたい!」「その国は、もう、ない」。
この会話に、衝撃を受けました。

ラストシーンは本当に素晴らしいです。ネタバレになっちゃうから言えないけど。


映画としての雰囲気は、ちょっと「ブリキの太鼓」を思い出させます。映画を観た後の、「面白かった」とか「よかった!」とか言えない、このボーッとしたショックは、ゴダールの「気狂いピエロ」をみたときの衝撃に似ているなあ。


この監督、「パパは出張中!」で、85年にパルム・ドールをとっているようで、これが2度目の受賞だったようです。っていってもかなり前ですね。

なんだかルネ・マグリットを彷彿とさせるような、幻想的な映像美だなあ、と思ったら、この監督、ジョニー・デップ主演の「アリゾナ・ドリーム」の監督だったのね。納得。

DVDはないようですが、なにか機会があれば、絶対に観てほしい作品です。


| | コメント (0)

時代って、気分

この前まで、いろんなグルマンのサイトをチェックして、ニューオープンのレストランを探していたのに、今はクックパッドや料理ブログをチェックしておいしそうなレシピを探している。

お金に困るほどではないけれど、デパートに買い物に行くのがメンドウで、加圧トレーニングのついでにいくH&MやZARAで服を買うことも多い。

高くておいしいワインはうれしいけれど、安くておいしいワインをみつけるほうがエライ感じがする。

外デートはうれしいけれど、おうちデートのほうが、なんだか親しい感じがしていい。

そんな私。

みんなは…。

お金がないっていいながら、iPhoneを買っている。

もともとそんなに読書していないくせに、電子書籍について語っている。

儲かる方法を模索しながらツイッターしている。


時代って、気分なんだな。「エコしなくちゃいけない、むしろ、したくなる気分」、「贅沢って後ろめたい気分」、「電子やってないと不安な気分」。

この気分に飽きてこないと、しばらく時代は変わらないね。

| | コメント (0)

『ヤバいぜっ! デジタル日本』を読む

友人に借りました。話題のエリカ様の夫、ハイパーメディアクリエーターの高城剛の本です。

ヤバいぜっ!デジタル日本―ハイブリッド・スタイルのススメ (集英社新書) Book ヤバいぜっ!デジタル日本―ハイブリッド・スタイルのススメ (集英社新書)

著者:高城 剛
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この人ねえ、好きじゃなかったんですよ。だって、うさんくさいっていうか、何してるんだかよくわかんないし。

でも本を読んで、その考えは消えました。

この人、まっとうなことを言っているよ!! (数年前に書かれた本でありますが)。

世界からメディアや文化的な戦略において遅れをとる日本、売れなくなる家電の理由。文化(マンガ)の輸出の可能性、著作権開放、iPodやiTuneなど、今読んで、いろいろ当てはまってるよ、今の日本。

しかも、例がたくさんあって、かなりわかりやすいです。ぜんぜんデジタルの話がわからなくても大丈夫。

雑誌の創刊を手がけた経験のある私としては、「ブランディング、プロデュース」ということの大事さをよく知っているつもり。

それは作品や製品はもちろんだけれど、自分自身だったり、もっと言うなら日本という国家。

これからの自分をどうもっていくのか、これからの日本をどう売っていくのか。

今の日本のブランディングを手がけている政治家やお役所さんたちのダメダメぶりは、酒井順子が少子化社会を考える審議会に参加していて「産ませることばかり考えて、産んだあとの女性がどうなっていくかのフォローを考えていない政治」みたいなことを書いていたのを思い出しました。

彼の書いていることは、かなりマットウです。通勤時間、数日間で読めるはずですので、ぜひ! 考える材料の宝庫ですよ。

この本、タイトルをもっと考えれば、もっと売れた気がするな。「デジタル」って言葉を入れた時点で、読まない人がたくさんいるはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白洲次郎

今NHKで伊勢谷友介が主演で、ドラマやっていますね~。

実は私も友人も「次郎萌え」です。

ちょうど本もいくつか読んだところでした。

白洲次郎 占領を背負った男 上 (講談社文庫) Book 白洲次郎 占領を背負った男 上 (講談社文庫)

著者:北 康利
販売元:講談社
発売日:2008/12/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する

下巻の写真のほうが素敵。

白洲次郎 占領を背負った男 下 (講談社文庫) Book 白洲次郎 占領を背負った男 下 (講談社文庫)

著者:北 康利
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

まずルックスが素敵。スタイリッシュ、英国仕込の語学、プリンシプル……。

ウィキでもいいですが、武相荘HPには写真もいっぱいあってカッコいいです。

ドラマの伊勢谷友介もカッコよくで好きです。中谷美紀との組み合わせといえば、『嫌われ松子の一生』がよかった!

嫌われ松子の一生 通常版 [DVD] DVD 嫌われ松子の一生 通常版 [DVD]

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2006/11/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

余談ですが。

私ってばスーツ男子が好き(笑)。特にスリーピース・スーツって、惚れちゃう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

柳沢伯夫厚生労働相の発言

どうでもいいんですけどね、「女は子供を産む機械」とか「二人以上、子供を欲しいを思う、健全な…」とか。人はね、思っていもいないことはクチから出てこないんです。失言というものがあるとしたら、「思っているけど言っちゃいけないことを口にする」ことが失言。つまり。柳沢さん、やっぱり、心底、思っているんですよ。それはもう、こんなジイサン、考えが変わるとは思えない。
「世の中の、政治家という立場で、失言を許されない人でさえ、そう思っているのだな」と、よくわかりましたです。柳沢さん、反省したとしても、もうなおらないです、ぜったい。

「負け犬の遠吠え」の著者である酒井順子さんが「少子化対策委員」らしいのですが、彼女も言っています。「産みたいと思える要素がない、育てるという意欲がもてない、そういう環境がない」と。

言いたいことがありすぎるので、いっそ、全部割愛しします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタジアムに政治を持ち込むな

先日の対川崎戦、自民党サマご一行が日産スタジアムの2000席を買ってくださったそうです。それはどうも。毎度ありっ。しかし。そこで、自民党のTシャツを着た人々が議員名のノボリを立てたり、拡声器を使ったり、ポスターを貼ったり、団扇を配るなどの、「宣伝活動」を行ったそうです。なに~~~~???!!!!
ちなみに私はバックスタンド1階席なのですが、上記のこと、まったく知りませんでした。ニニュースは

ここをクリック!

Jリーグ運営の管理規定に違反すると、マリノス側も抗議をしているそうです。宣伝活動をしないという約束だった、と。

でもね、マッチデーに、自民党の広告入っていたらしいですよ。どうなのよ、それは? お金をもらえるのはありがたいけれど、スポーツのクラブを運営する立場ってものの自覚が足りないように思うなあ。
別にお客さんとしてチケットを買って、スポーツを愛好する人として試合を応援してくれるのはいいと思うんですけどね。当然、予想されるじゃないですか、宣伝活動。そのへんの認識、チーム運営側も甘かったんじゃないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)