カテゴリー「書籍・雑誌」の記事

『ジェノサイド』を読む

お久しぶりです。
ツイッターやFBでは、なにかとつぶやいているのですが
ブログを書くのはじつに久しぶり。

まあ、それだけきちんとした本や、映画を観ていない、
ということにないますが。

今日ご紹介するのは、今年の注目の書籍、高野和明「ジェノサイド』。

エンタテイメント作品ですが、かなりよくできています。軍事、地理、文化人類学、薬学、戦争、アメリカの政治などなど、それぞれに生半可な知識では、かけない小説です。

あんまり書くとネタバレになっちゃうから、あらすじを面白くはかけないですが、許して〜。(今朝の王様のブランチに、高野さんが出演していたけど、そうそうネタバレしたよ)。

主人公は大きく分けて2人。父の遺志をついで新薬をつくろうとする大学院生と、不治の病の息子をもつ、アメリカの傭兵。

舞台は3カ所。日本、アメリカ、アフリカ。


「なにか」を駆除(殲滅?)させるために、アメリカの軍事のプロたちがアフリカへ送られます。その「なにか」はアフリカの少数民族に関わりがあるようで…。

一方、日本ではとある大学教授が急逝し、その息子が父が残した謎の使命を受けます。これがまたとんでもない話で、不治の病とされる病気の薬を制限日数内につくらなければならないらしい。しかもその父の残したPCなどを巡って、警察や謎の人物から追われることに…。

アメリカ(大統領以下、国防総省やFBIも登場)からの指示を受けた軍事のプロたちと、その「なにか」が出会って少しずつ関係が見えてくるんだけど、最後まで、はらはらどきどき。

ゲリラ戦と、最新兵器戦と、IT戦、という3つの戦争映画をみているみたいな気持ちになります。それに医療映画、SFの要素も。
日本の作家が書いたものというより、翻訳された冒険小説を読んでるみたいでした。

舞台ごとに章がかわるので、私はちょこちょこと読みましたが、谷原章介さんは1.5日で読んだそうですよ。


ジェノサイドBookジェノサイド


著者:高野 和明

販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
Amazon.co.jpで詳細を確認する


| | コメント (0)

映画『わたしを離さないで』を観る

「ブログ、ぜんぜん書いてないじゃん!」的なことを、何人かの方からおしかりを(激励ですね)いただきまして。

今回は本でご紹介した、カズオ・イシグロの「わたしを離さないで」の映画の感想です。
本はこちら。

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)Bookわたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

著者:カズオ・イシグロ
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する


また、以前、書籍について感想をかいたブログはこちらです

コホン。さて、映画の感想。

ツイッターでも書きましたが、あの設定を具体的な映像でみると、なんとなくしらけるというか。そういう意味で、本のほうが100万倍いいです。映画が駄作というわけではないですが、映画向きではない、と。映画だけをみて作品を判断せずに、「本のほうがもっといい!」ということを多くの人に知ってもらいたいです。

いくつか具体的にあげると…

この小説の面白さは、近未来的な設定が「近未来的な感覚ではなく、日常的に描かれていること」だったりするのですが、映画で観ると普通に日常っぽすぎる。

本で読んだときには「なんでこの人たち、運命をこんなにあっさり受け入れているんだろう?」ということは気にならなかったけど、映画だと、どうしも気になる。

キーラ・ナイトレイの鼻の形が気になる。前髪があることで鼻が目立つんですね。

アンドリュー・ガーフィールドが演じたトミーより、子役の演じたトミーのほうがいい男だった。

キャリー・マリガンは、キャシーにあっているかもしれないけれど、美しくはない。

…キャスティングとしてはそんなに悪くないはずなんだけど、実際に映画を観ていると、こういうどうでもいいことが気になっちゃうんです。ほとんどこの3人でできているような映画なので。

映画、悪いわけではないんです。予告編だけみていると、いい感じですよ。よかったらチェックしてみてください。
公式サイトはこちら。

| | コメント (0)

「荒野」を読む

順番は不同になってしまいましたが、
「私の男」
「赤朽葉家の伝説」

に続いて、桜庭一樹の「荒野」を読みました。
私は友人から借りた単行本で読んだのですが、文庫だと2巻になっているようですね。

荒野―12歳ぼくの小さな黒猫ちゃん (文春文庫)Book荒野―12歳ぼくの小さな黒猫ちゃん (文春文庫)

著者:桜庭 一樹
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する


荒野 14歳 勝ち猫、負け猫 (文春文庫)Book荒野 14歳 勝ち猫、負け猫 (文春文庫)


著者:桜庭 一樹

販売元:文藝春秋

発売日:2011/02/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「少女から、女へ…」と言ってしまうと、非常に陳腐なのですが、女性ならわかる、12歳から16歳くらいまでの、あのゆれる気持ちが見事です。

もう○○年も昔の、自分のことを、じわじわと思い出し、懐かしく甘酸っぱく、恥ずかしい気持ちや不安な気持ちを思い出しました。

主人公は「山野内荒野(こうや)」という、少女。父は恋愛小説家。(母はなくなっています)。

イニシエーションストーリーといえばそれまでですが、「少年が、大人の男へ」というのは冒険をしたり、なにか大きな出来事を乗り越えていくものが多いなか、これは違います。

少女が女になっていくのには、あまり大きな事件はいらないのだなあ、と思い出しました。

中学生になって制服を着たときの、微妙な居心地の悪さ。

身体の変化の不安。

いちばん美醜が気になる時期なのに、容赦なくでてくるニキビ。

男の子が、男の人になってきて、ちょっと気持ち悪く思う感じ。

男の子と女の子は、それぞれ同性グループとして単位ができていたのに、いつのまにかそれが解散して、男女カップルが単位になっていた、あのころ。

親も「男女」であることに、なんだかいや〜な気持ちになる瞬間。

父をめぐる女性たち(複数形)との関係も面白いです。


ほかの作品に比べての「軽さ」は否めませんが、女性は、読んでソンはないでしょう。

あの「いけていなかったころの、少女の自分」と出合えます(笑)。もう二度とない、あのサナギな時期。

(ちなみに主人公は、少女時代ならではの失敗的ストーリーが少ないです。そこが物足りなかった)。


| | コメント (1)

「漂砂のうたう」を読む

おひさしぶりです。

「最近、更新してないでしょ〜」と言われて、ああ、そうだったなあ、と。


ツイッターやらミクシィやらのほかに、フェイスブックまで登録しちゃったから、このブログの立ち位置がよくわかんなくなっちゃって。

まあ、基本的には、映画や本などの感想の備忘録的に使いたいと思います。


ブログのほうが長文にむいているもんね。


というわけで、主題。今年の直木賞受賞作品です。


漂砂のうたうBook漂砂のうたう


著者:木内 昇

販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


ひとことでいうなら「うまい!」


維新後の郭の、見世の入り口というピンポイントなところまで、タイムスリップさせらて、物語をすべて、この目で見てきたような気持ちになりました。

登場人物がすべて、癖があるんだけど、これがとても魅力的。しかも主人公の定九郎は、キャラが「中途半端」というキャラです。登場人物の中で、いちばん、迷い、苦しみ、その苦しみすら半端だったりするわけで。

それに比べて、郭の女達の凛としたところが際立ちますし、ポン太という噺家もなんともいえず味があります。


前半〜中盤までは、見世での日常が描かれていて、とくにさしたる事件らしい事件もありません。そこで人間関係や、習慣や、「維新後の郭での人間模様」がみえてきます。


後半にさしかかると、かなりドキドキする仕掛けが待っています。内容は言わないよ〜。


見たこともない、維新後の根津の郭が、頭のなかにどんどんひろがりますし、設定や台詞に齟齬のない徹底したキャラづくりと人物表現は、本当に上手いと思います。


江戸や時代ものが好きな宮部みゆきさんが、押しに押しての受賞、という噂も、本当かもしれないですね。杉浦日向子さんなき今、こうして、いきいきとえがかれる時代ものを書ける作家がいるというのは、私にとって大きなよろこびです。

ちなみに「木内昇」さんは「のぼり」さんなんですよ。1967年生まれの女性です。


ほかの作品も読んでみたくなりました。


| | コメント (2)

『赤朽葉家の伝説』を読む

昨日から一気に読みました。桜庭一樹の「赤朽葉家(あかくちばけ)の伝説」。2006年に初版で、そのころから本棚にあったのだけれど、なんとなく後回しになっていたのでした。もう文庫もでてるんだね。

赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫)Book赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫)

著者:桜庭 一樹
販売元:東京創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

面白かったです!
祖母、母、語り手である私。三代にわたる女性の物語。製鉄を営む、鳥取の旧家の女たち。

祖母・万葉は「千里眼奥様」と呼ばれる不思議な能力をもっているが、もともとは「葬」のときに山からやってくる、村人には「辺境の人々」とよばれる人々が村に置き去りにしていった娘。

それが赤朽葉製鉄の嫁に入り、長女として生まれたのが、毛鞠。美しく、強く育ち、中国地方を仕切るレディースのヘッドとなり…。

そして三代目が瞳子。ふつうの女の子。物語の狂言まわしです。

この祖母の時代の話、母の人生が、めちゃくちゃで面白い。不思議能力のある万葉が、山出しの娘から、最終的に旧家の大奥様になるのも面白いし、毛鞠の異母兄弟問題も含めた壮絶な人生も面白かった。

山崎豊子の「女系家族」もそうだし、古いけど里中満智子のマンガ「明日輝く」もそうだし、なんだか女系の何代かにわたるストーリーって、面白いよなあ。

寝取る女がでてきたり、製鉄所の跡目問題があったり、不思議能力によってもたらされた謎ときがあったり。エンターテインメント性の高さを感じました。

製鉄の衰退と、「赤朽葉」という名前、2代目である毛鞠の兄弟たちの名前(泪、鞄、孤独)が、なんともいえずストーリーに深みを与えています。

そういえば…、桜庭さんの「私の男」も面白かったし、主人公は「腐野花」という名前だったな。

私の男 (文春文庫)Book私の男 (文春文庫)

著者:桜庭 一樹
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する


| | コメント (0)

役立つ料理本!

ブログ更新はひさしぶりです。ちょっと反省。
だってツイッター(仕事アカウントとプライベートアカウント)と、
フェイスブックで忙しいし。

ブログの更新は、パスワードなどちょっと面倒。

と思っていたら、最近みんな、mixiも書いてないね…。

寒くなってきたし、煮込み料理などがおいしいですよね。
おすすめは、以前も紹介したルクルーゼ本。
ちなみに、ルクエはちっともおすすめしません。
でもね。みんな楽しそうだから買っちゃうんだよね。
洗いにくいし、重ねられないから保管も不便。
とくに油汚れが残る。
もしルクエ的料理したかったら、パイレックスのフタのついたもののほうが
おすすめです。

さて、本題です。まさに本の題の話。
まず、ルクルーゼなら平野さんの本。シリーズでありますが
この縦長本シリーズは本当に便利。
簡単なのに本格的な料理に見えるレシピいっぱいです。

「ル・クルーゼ」だから、おいしい料理Book「ル・クルーゼ」だから、おいしい料理

著者:平野 由希子
販売元:地球丸
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「ル・クルーゼ」で、おいしい和食―お鍋で毎日のごはんをつくろうBook「ル・クルーゼ」で、おいしい和食―お鍋で毎日のごはんをつくろう

著者:平野 由希子
販売元:地球丸
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そしてフィスラーの圧力鍋も本当に便利。
圧力鍋というと面倒に思う人もいますが、
一度使い方を覚えれば、「時短料理」の天才になれます。
玄米だって20分でたけるし、豆は7分でゆでられるし。
小さな二人分料理のできる、この本が、なんといってもおすすめ!
かなり作りました。

ミニ圧力鍋で2人分料理―早い、おいしい、作りやすいBookミニ圧力鍋で2人分料理―早い、おいしい、作りやすい

著者:小田 真規子
販売元:文化出版局
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これで作ったものは、男性にも大好評。
それですっかり小田真規子先生のファンになった私。
昨日、すばらしい本をみつけました!


つくりおきおかずで朝つめるだけ!弁当 決定版 (別冊エッセ)Bookつくりおきおかずで朝つめるだけ!弁当 決定版 (別冊エッセ)


著者:小田 真規子

販売元:扶桑社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


つくりおきおかずで朝つめるだけ!弁当2 (別冊エッセ)Bookつくりおきおかずで朝つめるだけ!弁当2 (別冊エッセ)


著者:小田 真規子

販売元:扶桑社

発売日:2010/10/15
Amazon.co.jpで詳細を確認する

みんなが好きそうな「ふだんのおかず」的なものが満載なのですが
これの優れているところは、できた料理が
「1週間、冷蔵庫で保存できる」ものばかりなんです!

私のようなお弁当女子の強い味方!
味は小田さんだから間違いない!

さっそく鶏モモ肉を開いて、塩こしょう、はちみつをまぶしてロールし、
ホイルに包んで焼いて、さらに蒸し焼きするという「チキンロール」をつくりました。
週末に料理すれば、お弁当のおかずやつくりおきおかずにOK。

きちんと火を通したり、保存性のたかそうなたれをまぶしたり、
保存方法も書いてあります。

1と2がありますが、吟味の末、2のほうがちょっとおしゃれなレシピが
多かったので、そちらを購入しました。

皆様も書店などで、ちら見してみてください。

| | コメント (2)

「悪童日記」、再び読む

アゴタ・クリストフの「悪童日記」を、なんと1991年以来、久しぶりに読みました!

初版のときに、多分、新聞の書評か何かで知って読んで、その後の続編「ふたりの証拠」「第三の嘘」も読んだんだったよなあ。

今回は人間ドックの待ち時間の友として、文庫本で読んでみました。

一度、読んだものだし、ネタを知っているからかもしれないけれど、思った以上にサクサクと読んでしまいました。

細かい内容は忘れていたけれど、やっぱり面白かったなあ。

残酷&無垢な、アンファン・テリブル。


悪童日記 (ハヤカワepi文庫)Book悪童日記 (ハヤカワepi文庫)


著者:アゴタ クリストフ

販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する


| | コメント (0)

『小さいおうち』を読む

直木賞の作品です。

道尾秀介の「光媒の花」を差し置いての受賞ですから、気になりますよ。

装丁がかわいらしいけれど、内容がまったく想像がつきませんでした。

小さいおうちBook小さいおうち

著者:中島 京子
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

戦前〜戦中にある家庭に住み込みで女中さんをしていたタキという女性が、そのころを振り返って綴る、という形式です。

4/5くらいまでは、そんな感じで進みますが、そこから先は言えません(笑)。

戦前〜戦中の家族を描いたといえば、向田邦子ですが、「小さいおうち」は、向田邦子作品というより、久世光彦のテレビ作品に近い気がします。

静かで、よい話だと思います。が、今どきっぽさはなにもないかも。

私は作者の中島京子の作品は初めてだったので、ほかの作品にどんなものがあるのか調べてみたら。。。どうやら、中島さんは「女中の話」が好きらしい。

| | コメント (0)

「土の中の子供」を読む

いや~、タイトルからして暗いもん。

土の中の子供 (新潮文庫)Book土の中の子供 (新潮文庫)

著者:中村 文則
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


中村文則の、芥川賞受賞作品です。いつものKに借りて、なんとなく読んでみました。Kからは「ほんと~に暗いよ…」と前情報をきいていて。

でも、私はフランス文学科出身。まかせてよ、暗い話! と張り切って読んでみたら…。


暗い。

激しく、暗い。

いや、激しいいう前向きな言葉すら似合わない。

ただね、カフカの変身と、カミュの異邦人を足して2で割りながら、そこに無国籍テイストを足したカンジです。

日本の話ですが、もしかしたら別のしらない国が舞台でもいいかもしれません。

「生きてて、いいですか?」という問いに、死のギリギリでしか答えを得られないと直感的に感じている主人公。自分の価値をもたない女性。「土の中の子供」だった、幼少時の自分。

うわ~~~。くっら~~~~。

でも芥川賞ってわかるな。

気が向いた人だけ、読んでみてください。そして一緒にわかちあいましょう、予想をはるかにこえる暗さを。

| | コメント (0)

「死ねばいいのに」を読む

京極夏彦の「死ねばいいのに」。京極さんの新作としても注目されていましたが、講談社の電子書籍第一弾として発売されると、さらに話題になりましたね。

電子書籍としても売り上げ上位ですが、書籍としての売り上げも伸びているようです。

私は書籍で手に入れた後、iPadでも購入してみました。

主に、紙で読んでみましたが、iPadも特典的に動画なども入っているので楽しめました。

ストーリーは、アサミという、派遣で仕事をしていた女性の死(殺人)をめぐる、6つの章になっています。アサミの知り合いだったという青年が、アサミの周囲の人々を訪ね、「アサミのこと、聞きたいんすけど…」と聞いていくのです。

この青年が、軽くムカつく(笑)。なにかあっても「はあ? それなんすか? 俺あたま悪いんでわからないっす」みたいな切り替えし。イラっ(笑)。

でもこのイライラさせる青年が、アサミをめぐる人々の「隠しておきたかった本音」を引き出してしまうのですよ。

うまいですね、京極さん。

死ねばいいのに Book 死ねばいいのに

著者:京極 夏彦
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

より以前の記事一覧