カテゴリー「映画・テレビ」の記事

映画「イヴ・サンローラン」を観る

見終わったあと、ズーンとくる映画でした。

映画「イヴ・サンローラン」観てきました。美やファッションにかかわる方は、必見です。
ドキュメントフィルムな部分が多いのですが、知らないことがいっぱいありました。

他ブランドの方も、ぜひ、ご覧ください。偉大にして苦悩に満ちた人生が、生涯のパートナーの男性(!)ピエール・ベルジェ氏の静かなかたりで綴られます。
いろんな意味で切ない余韻の残る映画です。

http://www.ysl-movie.com/

18才でディオールのデザイナーアシスタントに、そして21歳でディオールのデザイナーに就任、22歳で生涯のパートナーに出会い、25歳でブランド設立。

でも兵役をきっかけに入院したこともしらなかったし、ドラッグにはまっていたことも知らなかったし、苦悩にみちた鬱状態の日々のこともしらなかったし、美術コレクション(彼の死後、クリスティーズでものすごいオークションにて処分されるのでした)のことも知らなかったし。

ファッションとファッションピープルが偉大すぎた時代の、「時代と寝た男」の人生です。

ドキュメントのパワーと説得力はすごいね。

男性にも女性にも、観てほしい。

デザインが世界を変える力がもっともあったころの、フランスの国宝的デザイナーの生涯です。

| | コメント (0)

映画『わたしを離さないで』を観る

「ブログ、ぜんぜん書いてないじゃん!」的なことを、何人かの方からおしかりを(激励ですね)いただきまして。

今回は本でご紹介した、カズオ・イシグロの「わたしを離さないで」の映画の感想です。
本はこちら。

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)Bookわたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

著者:カズオ・イシグロ
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する


また、以前、書籍について感想をかいたブログはこちらです

コホン。さて、映画の感想。

ツイッターでも書きましたが、あの設定を具体的な映像でみると、なんとなくしらけるというか。そういう意味で、本のほうが100万倍いいです。映画が駄作というわけではないですが、映画向きではない、と。映画だけをみて作品を判断せずに、「本のほうがもっといい!」ということを多くの人に知ってもらいたいです。

いくつか具体的にあげると…

この小説の面白さは、近未来的な設定が「近未来的な感覚ではなく、日常的に描かれていること」だったりするのですが、映画で観ると普通に日常っぽすぎる。

本で読んだときには「なんでこの人たち、運命をこんなにあっさり受け入れているんだろう?」ということは気にならなかったけど、映画だと、どうしも気になる。

キーラ・ナイトレイの鼻の形が気になる。前髪があることで鼻が目立つんですね。

アンドリュー・ガーフィールドが演じたトミーより、子役の演じたトミーのほうがいい男だった。

キャリー・マリガンは、キャシーにあっているかもしれないけれど、美しくはない。

…キャスティングとしてはそんなに悪くないはずなんだけど、実際に映画を観ていると、こういうどうでもいいことが気になっちゃうんです。ほとんどこの3人でできているような映画なので。

映画、悪いわけではないんです。予告編だけみていると、いい感じですよ。よかったらチェックしてみてください。
公式サイトはこちら。

| | コメント (0)

『アクロス・ザ・ユニバース』を観る

夜は観たいテレビもなく、ちょっと退屈だったので、「そうだ、友人から借りたDVDがあった〜」と、再生してみました。

こちらの「アクロス・ザ・ユニバース」。そう、ビートルズの曲名にもありますが、それと深いつながりのある作品です。

アクロス・ザ・ユニバース [Blu-ray]DVDアクロス・ザ・ユニバース [Blu-ray]

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2010/04/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ビートルズの曲がた〜くさんでてくる、ミュージカル風味な映画です。

そういわれると正直、イマイチな感じがするでしょ? 私もそう思っていました。

でもね、映画のストーリーがとてもよいのです。ボーイ・ミーツ・ガールなストーリーで、なんだかとっても青春なんです。

60年代から70年代へのアメリカが舞台なので、「反戦的な青春」も描かれています。

映画ですからもちろん、台詞もありますが、心情などはビートルズの曲で綴られます。知っている曲ばかりですが、いいシチュエーションでじっくり歌詞を噛み締めると、なんだかキュンとなります。ビートルズってたくさん曲があるから、いろんなシチュエーションに合うんだよね。

主人公はジュード、ヒロインの名前はルーシー。

登場人物たちもちょっと癖があって、魅力的。女性が切なく歌うビートルズもいいね。

カップルで気負わずに観るのがよいように思います。

そして、やっぱりビートルズってすごいなあ、と思ってしまいました。

| | コメント (0)

DVD「アンダーグラウンド」をみる

友人に借りていたDVD「アンダーグラウンド」、ちょっと時間がかかるから、観るのをあとまわしにしていました。

95年のカンヌ映画祭で、パルム・ドールに輝いた作品です。
画像を貼ろうと思ったら、現在、DVDは契約が切れているみたい…。

アマゾンだとこちら

をごらんください。

第二次世界大戦から、ユーゴ内戦など、激動のベオグラードを中心といた物語です。

ブラス主体の音楽で、楽しいのか悲しいのかわからない雰囲気から始まります。

政治、戦争、男同士の友情、家族、ナチス、裏切り、障害のある人、武器、誤解。
それらが交錯することによっておきてしまう、悲喜劇。そこに、幻想的なビジュアル。

「ユーゴに帰りたい!」「その国は、もう、ない」。
この会話に、衝撃を受けました。

ラストシーンは本当に素晴らしいです。ネタバレになっちゃうから言えないけど。


映画としての雰囲気は、ちょっと「ブリキの太鼓」を思い出させます。映画を観た後の、「面白かった」とか「よかった!」とか言えない、このボーッとしたショックは、ゴダールの「気狂いピエロ」をみたときの衝撃に似ているなあ。


この監督、「パパは出張中!」で、85年にパルム・ドールをとっているようで、これが2度目の受賞だったようです。っていってもかなり前ですね。

なんだかルネ・マグリットを彷彿とさせるような、幻想的な映像美だなあ、と思ったら、この監督、ジョニー・デップ主演の「アリゾナ・ドリーム」の監督だったのね。納得。

DVDはないようですが、なにか機会があれば、絶対に観てほしい作品です。


| | コメント (0)

『第9地区』をみる

友人からDVDを借りていたので、フランスの空港での空き時間に観ました。
先日、夏休みで訪れた南フランスのヨハネスブルグが舞台です。

第9地区 Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)DVD第9地区 Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2010/08/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

いや〜、「ザ・フライ」に通じる、気持ち悪さというか後味の悪さというか。

貸してくれた友人はあまりこの作品が好きではなかったようです。
私も好きとは言えないのですが、一度みはじめたら、見終わるまでやめられない映画です。

アカデミー賞にいろいろノミネートされていたようですが、それは不思議。。。

つっこみところは満載ですが、主人公が情けない感じの男性であるところがよかったですね。強者と弱者の立場が入れ替わる(差別するほう、されるほうが入れ替わる)と、本当に見えてくるものが違うんでしょうね。

エイリアンがキャットフードが好物という設定もなかなか(苦笑)です。


| | コメント (2)

クリント・イーストウッド

WOWOWで最近、C・イーストウッドの特集があって、いくつか録画しておきました。

映画でもDVDでも見逃していた作品、「スペース カウボーイ」。

スペース カウボーイ 特別版 [DVD]DVDスペース カウボーイ 特別版 [DVD]

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2010/04/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する


イーストウッドは偏屈じいさんを演じたら最高ですよね~。彼の映画はいつも「再び、立ち上がる」が主題。この映画も、いい年したおじいさんたちが、宇宙へ、ですからね。

宇宙でのシーンなどのCGは、今と比べて未熟でしょうが、ぜんぜん気にならないです。

イーストウッドほか、チーム ダイタロスのおじいさんたち、かなりチャーミング。トミー・リー・ジョーンズや、ドナルド・サザーランドが、本当にいい味。

イーストウッドはカッコいい。…ちょっと父方の祖父を思い出すんだよなあ。

| | コメント (0)

映画『アリス イン ワンダーランド』を観る

ティム・バートン監督の「アリス イン ワンダーランド」を観てきました。
私、「スリーピーホロウ」とか「チャーリーとチョコレート工場」がとても好きで。今回も期待していたのですが…。

いろいろ不幸も重なって。某シネコンに行ったのですが、工事渋滞で到着がギリギリ。コーラとポテトを買って、劇場に入って、本編が始まりしばらくしたところで…。
劇場、なんだかとても寒い。大丈夫と思って飲んでいたコーラのせいもあり、なんだか急激にお化粧室へ行きたい…。

人生で初めて、映画館で上映中にお化粧室へ行ってしまいました。もちろん、ギリギリまで我慢して。なので前半しばらくは、映画に集中していませんでした。ごめんなさい。

お化粧室からもどっても、さほどストーリーには差し支えなし。安心して見続けていたら…。あれ? 私、一瞬寝てた?? ええ、これまた初めて、お金を払って映画を観て、一時的に熟睡してしまいました。

というわけで、悪気はなかったのですが、映画としてコンプリートしてないです、私の中では。
言えた立場ではないですが、感想。

う〜ん、物足りない。

ディズニーですからね、邪悪さがぜんぜんないんです。

でも、アン・ハサウェイの「イラッ」とさせる演技体は、なんともよかったです。

| | コメント (1)

龍馬伝

福山=龍馬というのは、今でもピンとこないけれど、坂本龍馬についてあまりよく知らなかったので(知ることのないように努力してきた、というのが正しい。)、大河ドラマはそこそこ勉強になっています。

なんだかんだいっても、私はこのドラマ、今のところ、録画も含め、全話みています。大森南朋や香川照之など、いわゆる実力派俳優を見ているのは楽しいですしね。

最近はキチンと作ったドラマが少ないだけに、こういう、「キャストやセットにお金をかけられるドラマ」は貴重です。

| | コメント (4)

アバター、なってみた!

映画『アバター』の公式サイトから、自分のアバター画像をつくることができます! 私もやってみましたが…なかなかヘン(笑)。

自分の正面からの顔写真を用意してGO!

ちなみに私はこうなりました!! 

ここをクリック

| | コメント (0)

DVD『人間の証明』

姉がドラマ『人間の証明』のDVDを貸してくれました。

主演は竹野内豊、ほか夏川結衣、田辺誠一、松坂慶子、緒形拳、風間杜夫など、「主演級」な方々が多くキャスティングされています。

このころのドラマって、力が入っていますよね。

『人間の証明』、原作は森村誠一。何度かリメイクされていますが、松田優作主演のものが有名かと。

殺人事件の犯人は途中からわかっていますが、その「点と線」がなかなかつながらないのですよ(これがメインストーリー。松坂慶子が素晴らしいです。女の怖さです。東野圭吾の「白夜行」的です)。

また、同時に別の事件も絡んできます(国村隼、風間杜夫がいい味だしています)。

そこにさらに過去の事件(主人公の幼少時、父親が米国兵になぐり殺された)も絡んできます。

1話完結ではない、連続のドラマ。きちんと「次の話」が見たくなる構成。同時進行的サブストーリー。

SATCとか、デスパレ妻とか、面白い海外ドラマにも通じます。

下にアフィリ映像貼りますが、アフィリ狙いじゃないです。ホントに。

ブログってやっぱり映像があったほうが楽しいでしょ?

人間の証明 DVD-BOX DVD 人間の証明 DVD-BOX

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2005/02/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

白夜行 (集英社文庫) Book 白夜行 (集英社文庫)

著者:東野 圭吾
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 SEX AND THE CITY [THE MOVIE] SEX AND THE CITY [THE MOVIE]
販売元:TSUTAYA online
TSUTAYA onlineで詳細を確認する

デスパレートな妻たち シーズン3 DVD COMPLETE BOX デスパレートな妻たち シーズン3 DVD COMPLETE BOX

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (1)

より以前の記事一覧