カテゴリー「パソコン・インターネット」の記事

ツイッターでの悪意

ツイッター、やってみるとなかなか面白いですね。

自分がつぶやくのもありますが、いろんな人のいろんな面が見えます。

有益なものもありますし、宣伝ばかりのものもありますし、友達同士の会話的なものもあります。

私の場合、「ミニエッセイ」的な書き方が多いですね。日ごろ思っていることや、ふと感じたことをつぶやいていますが、職業柄、「読み手」を意識して文章を練ります。読んでる人に、なにかトクしてもらいたいですから。

まあ、練ってる時点で、もはやつぶやきとはいえないのですが(笑)。

さて、昨日。2つのアカウントのうち、仕事のほうのアカウントで、私のネイルの写真をアップしました。

すると私をフォローしている方から、リプライで「色がヘン、手も汚くみえる、デザインも古っ!」という辛らつなコメントがよせられました。

ええっ? まあ、今回はそんなにおしゃれに凝らなかったけど(ネイルサロンでの時間が足りなかったし)、そこまで言われる筋合いはなく。

いったいどんな人なのかと思ったら、名前はただのアルファベット文字、フォローは50人ほどもっているけど、フォロワーはいわゆるBOT的なもの、、、という人。

しかもその人の最初のつぶやきが、私に対する批判でした。

もしかして、批判するためにとったアカウントなの? なにかうらみでも??

もし自分がもう一人いたら、まちがいなく「気にしちゃダメよ」と声をかけるけれど、やはり本人としては気になりますし、傷つきます。

仕事アカウントのほうは私の詳しいプロフィールや顔写真もアップしていますし、某仕分けの政治家さんや某女性タレントさん(ちょっと今話題の女子)にフォローしていただいているので、目立つのだと思います。私の雑誌のファンをふやしたいので、目立たないと意味がないですし。

そんな関係から、なにかうらみもしくはねたみを買ったのかもしれないですね。

そのコメントにさらに返すとメンドウなので、スマートに「ブロック」させていただきました。

そのコメントでちょっとココロが弱っていたのですが、ぜんぜん別の人々から、楽しいコメントがつくことで、かなり元気をもらいました。

ツイッターは比較的、知的な人や、良識ある人が多いコミュニティでしたが、よくよく考えたら、そういう「匿名の悪意」もたくさんあるわけで。


「そういうこともあるさ」という気をラクにもつ部分と、「誰がどんな思いでみているのかわからない」と気を引き締める部分、どちらも大事ですね。

| | コメント (0)

iPadを予約しました

ツイッターではまめに報告しているのですが、見ていない人も多いと思うので、ここのところの私の状況報告。

iPadを予約しました

私はiPhoneはもっていなくて(というのも、電話としては致命的につながりにくいから。現在私用で使っているドコモが便利、会社ケイタイはau。なので3台もつのもイヤだし)。

でもアプリを使いたいし、出版人として試しておきたい…。

最初は3Gをかなり前向きに考えていたのですが、SIMロックという不条理な状況と、「本より重そう」「バッグが大きくないと入らない」ということを考え、モバイル的な使い方は考えないことに。
海外でミニPCとしてつかればよかったのですが、WI-FIはよいとして、3Gで海外ローミングするなんて、おかしな話。(SIMフリーだったら、その国のキャリアと短期契約して使えるのに…)。

というわけで、自宅でWi-Fiという環境で納得。16GBはもし足りなくなったらくやしくなりそうで、64までは必要なさそう、という消去法から32GBへ。

今朝、お茶碗洗いをしながら、まな板を両手で持ったとき…「iPadってこんな感じかな…」と思ってしまった。

楽しみです。(私はアップルのネット予約です)

 "アイパッド【I Pad】 32GB APPLEoriginal ケース付"
販売元:BuyMa(バイマ)
BuyMa(バイマ)で詳細を確認する

| | コメント (3)

Twitterの品格

Twitterをふたつのアカウントでやっていますが。いくつか気がついたことが。

●気がついたことその1 Twitterをしている人の特徴

まず年齢が高い(笑)。政治家や企業家、IT関係者が多く、実年齢が高いというのもありますが、イメージ的にも「知的でハードルが高いのでは?」みたいな気分があるからではないでしょうか?
ここのところ、いろんなメディア論の書籍(紙なんだよ、やっぱり)がビジネス書としてでているので、若い人にはちょっとむずかしく感じるのかもしれないです。また、ケータイのみでは登録ができないというのも、若い人の大きなハードル。

●その2 ビジネスに役立てようとして失敗している人が多い

タイプにもよりますが、フォロー&フォロワーが4ケタの人は、「数を増やすことが目的になってしまっている」。起業している人や、自己啓発セミナーの主催者が多いです。
もともとはきっと、「本で読んだけど、きっとビジネスに役立つはず」なんていう甘い考えから始めたのだと思います。で、実際、なんにもビジネスにならない(笑)。それで、「積極的な釣り」にでるわけです。

一生懸命、フォローしまくる → フォロー返ししてもらう(数をふやす)

これが営業になっているわけで。私のように、フォローしてもらったとしても、その相手がつまらなければととくにフォロー返ししないというタイプは、すぐに、フォローを解除されちゃいます。

また、こういう「ひたすらフォロワーを増やしたい」というタイプは、やたらとまめに個々へ返信しています。フォロワーを手放さないことに必死のよう。ひとりひとりに、つまらない内容の返信をしているのを見ると、「そのヒマがあったら仕事をしたほうがよいのでは?」と思います。

内容のないつぶやきにぶらさがってくるフォロワーは、相手もフォロー人数を増やしたいだけです。同じ穴のムジナ同士、「虚」です。

起業している人に言いたい。Twitterはヴァーチャルで無料の世界で、まるでタダでビジネスできているように思うかもしれないけど、時間だけはリアルに奪われています。仕事の時間は有効に使いましょう(笑)。

●その3 フォローミーの美学

「電子の片隅で愛を叫ぶ」人が多い。フォロワーが増えたほうが、それはつぶやきがいがあるでしょう。友達や支持者が増えたみたいで楽しいでしょう。でも、やたらと「フォローミー」と叫んだり、不特定のフォロワーを増やすためにチェーンメール的なものを回したり、定型文を繰り返し投稿するなどを見ると、「ああ、空しいな、この人たち」と思います。
うまく言えないけど、「さびしいときこそ、さびしいと言っちゃあ、おしまい」みたいな美学が私にはあるので。
フォローしているけどフォローされていない、いわゆる「片思い」。これも楽しんでこそ、Twitterでは? 
特定の相手にフォローしてほしい場合は、DMや@付きのつぶやきで、相手に関心を持ってもらうように努力すればよいだけではないでしょうか?

●その4 タイムライン独占は美しくない?

つぶやきが多い人。別に自由だと思います。でも、連続投稿による「タイムラインの独占」は、やはり私にとって美学に反する。「言いたいことは簡潔に」。せっかく140字という縛りがあるので、それを楽しむのが大人。俳句や短歌、コピーワークと同じです。連続投稿は、この美学に反すると思います。いろんな人のつぶやきが、バラバラ入ってくるから楽しいわけで、同じ人のつぶやきによって、ほかの人のつぶやきが紛れたり、流しだされたりするのは、あまり美しくないなあ。
これが許されるのは、勝間さん、(広瀬さんはギリギリセーフ)、池田信夫さん、柳生譲治さんあたりか。ほかの人に無条件で役立つような情報を流している人は、いいと思いますよ。彼らは個人のつぶやきを垂れ流しているわけではないですから。中身が情報として価値がありますので。
時間の都合で、まとまった時間にいろんなことをつぶやきたい場合は、HootSuiteのタイマー予約投稿をおすすめします。指定した時間に投稿できるので、他人のタイムラインを独占せず、多くつぶやけます。


あ~、なんだかまだまだ書けるな。「ツイッターの品格」っていう本、だせそうです(笑)。

| | コメント (0)

Twitterが面白くなってきた

やばいな~、ツイッターが面白くなってきたよ。

つぶやくことのなにが面白いのかわからなかった、10日ほど前。

現在はプライベートのアカウントと、仕事のアカウントを使い分け、Hootsuiteでタブを設定し、リストもつくったし。

仕事アカウントのほうは、1週間で124フォローがついたもんね。RほうさんとはDMもやりとりしているし、H瀬さんは、あんなにたくさんのフォロワーの中から134名のサンキューリストに入れてもらっているわけで。

どちらかというと、文化人や経済人、政治家のほうが先走っているのがツイッターですが、芸能人もけっこうつぶやいていますね。ブログに比べて、なんだかつながっている感じがうれしくなります。

確かにこれは、立場や知名度のある、つまり発言力のある、「強者のメディア」ですね。仕事のほうのアカウントでは、思いっきり、それを上手に利用させてもらっています。

ふ~~~ん。。なるほどね~。

…プライベートアカウントのほうなんて、フォロワーは家族入れて9人だよ(笑)。

| | コメント (0)

YMO祭りに坂本龍一&高橋幸宏が降臨!

始めたばかりのツイッターで、坂本龍一氏をフォローしているのですが、今夜、坂本さんのつぶやき更新がちょっと不思議な状態だったので、リンク先をみてみると、、、

「YMOのコピーバンドがやっているustream(ブロードバンド動画放送)に対して、なんとご本人がツイッターで参加してツッコミをいれている」という状態に!

コピバンの人たちの放送と、NYからの坂本さんが「曲やってよ」とか「東風やって!」とか、「幸宏、起きてる??」などというツイートが同時に見れるわけで。

双方向になってる…!

そのustを見ている人たち、私がアクセスした段階では2000人ほどでしたが、ピーク時(ユキヒロさんまでツイートに参加してきたくらいかな)では2500人ほどに。

コピーバンド、ご本人、そして2500人で、夜中3時すぎまで、ネットを通して共有。

なんだかすごいことに!! このコピーバンドのコピり方、本当にすごくて、教授は結構喜んでツッコンでいました。幸宏さんは、けっこうクールに書き込みしてました。

なんだか突然の「祭り」でしたが、ご本人も含めての「つながり」が、とても面白かったです。

いきなりツイッターの真髄を経験してしまったかも!?

| | コメント (0)

お仕事ツイッターしてます

個人的なつぶやきについては先日アップいたしましたが、引き続き、別のユーザーアカウントをとって、所属職場のツイットを始めました。ここでは書かないようにしてきた、私の専門のジャンルのことや、「なう」つぶやきです。

興味のある方、フォローお待ちしています。。。

しかし、このブログは、覆面なので、仕事アカウントは暗号にて(笑)。

私の雑誌名をアルファベット6文字_(アンダーバー)私の姓をアルファベット6文字

見つけられるかな?(笑)。

あるいは、私の本名を漢字で、姓と名の間を一角空けて検索すればでてくるかと。

| | コメント (0)

ルパン三世!(音あり、注意!)

ちょっとびっくりした?? ルパンに盗まれちゃいました!

音がでるので、会社ネッターの方、申し訳ないです。

とりあえず、3日ぐらい、このブログパーツ残しますので。

| | コメント (0)

ヘルプsign03

モバイルVAIOくん、更新プログラムをインストール中にシャットダウンしてしまう状態のループ。
電源を切ったりしてもダメ。
ちなみにvista です。今は携帯から書きこんでいますが、どなたか解決方法があればPCアドレスにメールかこちらのコメントにお願いしますsign03

| | コメント (1)

YouTubeの『クリスチャン ザ ライオン』と、愛犬の想い出

ときどきチェックする、さとなおさんのブログで紹介されていてきになったので、早速、YouTubeへとんでみました。

二人の青年とライオンのストーリーです。日本語のテロップが入っているので、わかりやすいです。

人と動物の再会モノって、なけますよね。(盲導犬とモト・パートナーだった人とか、盲導犬とパピーウォーカーの話とかね)。

大きなライオンが人に甘える姿のなんとかわいらしいこと!

YouTubeのリンクはこちら。BGMがベタです(笑)。 音がありますので、会社からアクセスの方は気をつけてね。

動物との再会といえば。こんな思い出があります。

私が小学生のころに、「自分でメンドウを見る」ことを条件に飼うことを許されたメスのシェパード、ローラ。私設の警察犬訓練所に買いにいったのですが、明るくてかわいい、無邪気な仔犬でした。シェパードですから仔犬といっても大きいのですけどね。

8ヶ月(だったか1年だったかな)たったところで、3ヶ月ほど、訓練所へ。ちょっとさびしいけれど、大型犬だからこそ、しつけが大事。せっかくシェパードという、賢い犬種なのだから、よりよい教育をうけさせなければ。(けっこう教育ママな私です)。

無事、訓練期間を終えて、訓練所に迎えにいったときのこと。久しぶりに見るローラは、頭の中の印象よりも大きく見えて、ちょっとびっくり。シェパードってこんなに大きかったっけ? と思いつつ。
そんなローラは私たち家族をみつけると、再会をよろこんで、思いっきり耳をペタンと後ろに倒して愛情を表現しつつ、ゼーハーゼーハーと興奮して息を荒くしながら、こちらへやってきました。

黒と茶の毛で覆われた、小熊のような大きさでありながら、オットセイのような愛くるしい表情のローラ。本当にかわいかった!!(笑)。

もうひとつ、ローラの話。そんなローラは仔犬のころは、うれしいとよく失禁していて。屋外で買っていたのですが、私たちが家から外へ、彼女のところに遊びにいくと、喜んで、よく、ジョジョ~~ッともよおしていました(笑)。
さすがに大きくなってきて、もう、「喜びの尿意」がなくなって数ヶ月たったころのこと。家族旅行のため、ローラを近所の祖父母のうちで、一晩、預かってもらいました。
楽しい家族温泉旅行を終えて、ローラを迎えにいったとき。大人になっていたはずの彼女、たったひと晩離れただけだってのに、もう、やらなくなって久しくなっていたはずの「喜びの尿意」で私たちを歓迎してくれました(笑)。よほど不安で、「捨てられたかも」と思っていたのでしょうね。成犬になってからのおもらしでの、愛情表現。うれしいやら、おかしいやら。

愛しのローラ。私が高校生のころに病気で亡くなってしまったのですが、今でも最愛のコです。

誰しも死ぬことはこわいけれど、もし、天国というものがあって、そこで待っているローラに会えるのだとしたら…それだけは楽しみと思える私です。

| | コメント (1)

当たった!

mixiアプリの「当たれ!HONDAマイミくじ」。

そんなに期待もしていないけど、毎日、コツコツと銀はがししていました。

当選者が表示されているのをみながら「どうせ、そうそう当たるもんじゃないし」と何気なく、今日の1枚目のくじを削ってみたら…。

Yahoo!ポントが3つそろいました!

うれしい!と思って、手続きの画面へ移りました。ちょっとメンドウな手続きだなあと思いつつ。

で、いったい100ポイントってどんな価値があるのか、調べてみたら。

1ポイント=1円。というわけで、100円ですね。あはは。

Yahooでショッピングすることはあまりないし、無理に買い物してもしょうがないし。有効期限もあることだし。どう使えばいいかしら??

まあ、当選ポイントそのものよりも、「当たった」という事実のほうがうれしいですね。先日、年末ジャンボをバラで3000円分買ってみました。

この勢いで、当ててみたいものです!

| | コメント (0)