カテゴリー「アニメ・コミック」の記事

『テルマエ・ロマエ』を読む

マンガ大賞2010を受賞した話題のマンガ、『テルマエ・ロマエ』。

ひとことでいうと「お風呂づくり情熱マンガ」です。

テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)Bookテルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)

著者:ヤマザキマリ
販売元:エンターブレイン
Amazon.co.jpで詳細を確認する


主人公はローマ時代のお風呂建築家ルシウス。

古代ローマ人って、お風呂が大好きで、カラカラに代表されるような大衆のための大浴場があったわけですね。

現状の大浴場には満足できず、「なにか」を探しているルシウスが、あるときお風呂の底でおぼれかかったことによってタイムスリップ。

着いたところは「平たい顔族」の大浴場だった。
…つまり、現代の日本の銭湯だったわけです…。

ルシウスは最初、状況を理解できず、「おぼれた風呂の底は、奴隷たちの風呂につながっていたんだな」と小ばかにしているのですが、壁のタイル絵や、脱衣所のシステム、風呂上りのフルーツ牛乳などにショックを受け、気を失います。そして本来彼がいるべきローマ時代へともどって…。

ストーリーは章ごとにこのパターン。ルシウスが風呂づくりに難題をかかえているときに、タイムスリップし、現代の日本で風呂づくりのヒントを得て、またもとの時代にもどり、それをローマの風呂づくりにいかす…。
銭湯や、個人宅のお風呂、温泉、湯治場…。ルシウスはさまざまなカルチャーショックをうけ、それを吸収し、ローマの浴場づくりに情熱をかたむけるのでした。


ルシウスが深刻に悩めば悩むほど、笑えるストーリーに。
ルシウスの「平たい顔族」(じつは現代の日本人)に対する侮蔑と、その高い文明に対する驚愕の板ばさみの様子が超笑えます!


こうして現代の日本にいると、お風呂の素晴らしさは、あって当たり前ですが、ルシウスの視点でみつめなおすと、「私たちのお風呂って素晴らしい!  そしてお風呂、LOVE! お風呂バンザイ!」という気持ちになります。

作者のヤマザキマリさんは現在はリスボンにお住まいのようですが、イタリアの暮らしが長かったみたい。実際、湯船がないことに苦労し、大きめの桶にお湯を入れて、体を丸くして、そのお湯に浸かっていたりするようで。


ご本人のブログも見ていて楽しいですよ。リンクはこちら。

| | コメント (2)

ルパン三世!(音あり、注意!)

ちょっとびっくりした?? ルパンに盗まれちゃいました!

音がでるので、会社ネッターの方、申し訳ないです。

とりあえず、3日ぐらい、このブログパーツ残しますので。

| | コメント (0)

『君に届け』を読む

アニメ化されたコミック、『君に届け』。

君に届け 9 (マーガレットコミックス) Book 君に届け 9 (マーガレットコミックス)

著者:椎名 軽穂
販売元:集英社
発売日:2009/09/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ちょいとネタバレしますよ。20行後。

ええと、最新刊が9巻なんですが、最初しばらくは恋の話でもなく、その後のうじうじした状態が続き、現在9巻、まだ「両思い」(←高校生くらいのころは、“一番好きな人が、私のことを一番好きなんていう奇跡、あるのかしら!?”と私も思っていました。あ、そういう話じゃないですね。失礼しました)にいたっていません!

貞子というあだ名のある爽子(さわこ)。暗くて怖がられて意味なくホラーなウワサをたてられていた貞子が、くったくのない男子の明るさに助けられたり、ちょっと不良な(?)、だけど人間の本質を見抜く女子たちに一目置かれて仲良くなったり。

中学生、高校生のころを思い出す、なんだか切なくてほろ苦い感じ。恋と友情と同情の区別がつけにくく、男子も女子も、「相手の気持ちがわからない」。

なにかと「コンプレックス」がキーワード(美容ジャーナリスト斎藤薫さんの処女小説もこれがキーワードやな。関係ないけど)の昨今、面白く読む人も多いと思います。

私? 超個人的な感想ですが、正直、そこまでの感動はないです……。それは私が大人だからかもしれません。貞子も相手の男子も、がんばり感がないというか。欲がなさすぎるというか。じれったいというか。

でも私にこのコミックを勧めてくれた同僚M女史は、「毎度、泣けるのよ~。これ、絶対くるよ!」と連載当初から太鼓判を押し、現に今、キテいるようです。

不器用だけどそれが性格のよさからくるもので。なんとなく暗~く見えるけど、磨けば光る…そんな爽子にみんな、ぐっとくるのかしら??

私は違うけれど、周囲は大絶賛のこの作品。読んだ方は感想をお知らせくださいね!

| | コメント (0)

ドラマウォッチャー!な秋

10月にはいって、ドラマ改編ですね。わくわくします。いくつか見たので、感想。

まず『JIN-仁』。(リンク)。映画『GOEMON』でなかなかよい役どころだった大沢たかおが気になったのと、いちおう時代劇なんで、「和服のいい男が見られる」みたいな気持ちで見ました。思った以上に面白かった~。綾瀬はるかちゃんがなかなかひたむきな演技でした。ちょっとせつない感じがして(みんな想いが一方通行なんだよね)、これからの展開が楽しみです。原作コミックは読んでいないのですが、ビジュアル的に…。むしろ今はドラマだけを楽しみたいかな。(画像、なぜか文字つきのは貼れない!?)

JIN―仁 (第1巻) (ジャンプ・コミックスデラックス)

『リアル・クローズ』。(リンク)。コミックが秀逸です。今、録画しておいたものを見ているのですが、コミックの面白さがでていないですね~。だいたいファッション系の男性は、あんなんじゃないですよ。西島秀俊も小泉孝太郎も、甘い甘い。もっと自己顕示欲を丸出しにしたヘアスタイルとかファッションじゃないとむしろ浮く感じ。
香里奈には今後に期待です。
そんななか、唯一、「原作以上!!」と思えたのは、黒木瞳の怖さです。コミックスの神保美姫より、女優としての黒木瞳のほうがおそらく怖いでしょう。(私の思い込み)。そのご本人の怖さが演技としてあらわれているような。そういう意味でリアルに怖いですね~(笑)。いや、ほめているんです、黒木さんの女優力に。

Real Clothes 1 (クイーンズコミックス) Book Real Clothes 1 (クイーンズコミックス)

著者:槇村 さとる
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そういえば。今日、ウチの会社の近くで、三浦春馬くんと城田優くんのドラマのロケがあったらしく。後輩ちゃんと私は打ち合わせがあったのですが、そのロケを見たせいで後輩ちゃんは打ち合わせに遅れたとのことでした。。おそらく『サムライハイスクール』のロケですね。(リンク

| | コメント (1)

本棚を整理しようとして

本棚を少し整理しないと、新しい本が入れられないしなあ…と思って、思い切っていくつかのコミックスなどを処分しようと思いました。

「あ、でも、処分する前に、少し読んじゃおうかな~」

ありますね、そういうことって。(試験の前に、なぜかふだんはしない部屋の片付けに入り、そのうち本を読み出すのと、やや似ている現象)。

手塚先生のブラック・ジャック。姉のダンナさまが全部もっているので、私はもう処分してもいいかな~なんて…読んでいたら…今8巻を読んでいますよ、気がつけば。

あらためて、カッコいいなあ。以前に読んだときよりも、ますます素敵です。

Black Jack―The best 12stories by Osamu Tezuka (1) (秋田文庫) Book Black Jack―The best 12stories by Osamu Tezuka (1) (秋田文庫)

著者:手塚 治虫
販売元:秋田書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

このサンドアニメーションがすごい!

とあるサイトでみつけて、YouTubeでみてみたら…。わ~~、すごい! しかも美女アーティストだ!

最初は「絵が上手だなあ」だったのが、最後には大河ドラマを見たような、不思議な感動。

砂に絵を描く、それだけのことが、こんなにも美しく、流れるような動きと、意外な発展をみせる…。

8分少々かかりますが、ぜひ、見て!

リンクはこちら!

| | コメント (2)

朝エヴァしてきました

昨日は疲れてはやくから休んだせいか、朝早く目が覚めました。天気もよいし。

それでふと思い立ったのです。この休みを無駄にしたくない…。休日の朝は映画の初回も早いはず。

見たかったのがある!

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版・破』です。

というわけで、朝9時の回で、「朝エヴァ」してきました。

女ひとり、朝の渋谷の映画館。無駄な努力ではありますが「ヲタク」っぽく見えるのはイヤだったので、なぜか化粧をして、おしゃれをして出かけました(笑)。

面白かった~。アニメも「序」も見ていますが、まったく新しい一面から描かれているので、飽きないです。いや、むしろドキドキする~。

シンジでもなくアスカでもなく、まさにヱヴァそのものが主人公って感じでしょうか。戦闘シーンなどのスピーディで迫力あるビジュアルもいいです。

綾波レイが今までとちょっとちがった感じ。これもなかなか。

加持くんがたくさんでてきます。できる限り、声優・山寺宏一さんの顔を思い浮かべないようにしなければなりません(笑)。

今回は学校のシーンが多いですね。

とにかく。たとえセリフが大げさであろうと、たとえ「人類補完計画」「死海文書」「使徒」「リリス」がようわからんでも、それはそれとして楽しむことです。だって楽しいもん。

見終わって帰宅しても昼の12時前。そんな休日、なんだかトクしたような気がする。

| | コメント (2)

『雪夜の告白』を読む

マイケルは今も話題がいっぱいで、死後もスターとしての役割を演じていますね。

さて、そんなマイケルから「外見の進化」つながりで、あるコミックスをご紹介。

雪夜の告白 Book 雪夜の告白

著者:近藤 ようこ
販売元:青林工芸舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

美しき大女優がシングルマザーとなって生んだ娘、雪夜。そのルックスは、母とは似てもにつかない、クセのある顔立ち。
母の美貌と名声におしつぶされた雪夜は、母が亡くなったあと、整形を決意。名前も偽名をつかって、大女優の娘ではなく平凡なだけど美しい女性として生きる選択をする。

どんなに顔や名前を変えても、自分はそれを知っているし、自分自身は変わらないわけで。彼女は苦しみ続けます。

ある日、彼女は自分の生来の顔にそっくりの政治家の写真をみつけ、「これが父では…?」と思い、自分の素性を隠して、彼の元へ住み込みのお手伝いとして働くことに。

美しい母の娘として自分はふさわしかったのか? 自分は母に愛されていたのだろうか? 父と思われる男性は、その顔を嫌って整形した娘をどう思うのだろうか? 

……。名前や外見で他人はごまかせても、自分自身をごまかすことはできないんだよね。みにくいあひるの子だった雪夜が、自分と自分のコンプレックスと向き合うストーリーです。

近藤よう子さんのマンガは、いろいろ面白いものがあって、今、少しずつ集めて読んでいます。これからもときどきご紹介したいと思います。 

| | コメント (0)

『ごくせん』試写会にいってきました

コミックスが原作で、仲間由紀江主演の人気ドラマ『ごくせん』の、映画『ごくせん THE MOVIE』の試写会に行ってきました。

ごくせん THE MOVIE オフィシャル PHOTO BOOK Book ごくせん THE MOVIE オフィシャル PHOTO BOOK

著者:森本梢子ほか
販売元:集英社
発売日:2009/07/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ごくせん (1) (YOUコミックス) Book ごくせん (1) (YOUコミックス)

著者:森本 梢子
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

亀梨くんが演じた、教え子だった「小田切」が、教育実習生として帰ってくるほか、パート3に登場していた三浦春馬くんや、パート2の小出くん、もこみち、小池くん、小栗旬くんなど、続々登場。

いや~、気持ちのよいくらい、イケメンがいっぱいです(笑)。会場にはわれわれマスコミのほか、亀梨くんファンが多かったようで、映画の中の亀ちゃんに「キャ~!」の歓声があがること、多数。

試写のあと、出演者の舞台挨拶があるのですが、幕があがると、そこにはスモークとバックライトに浮かび上がる、ヤンクミのシルエットが! 試写会の舞台挨拶ってもっとみんなおしゃれなんでしょうけど、仲間さんはあの「ヤンクミ」スタイルで登場。いいですね~。

次の仕事があったので、すぐに出たかったのですが、登場人物から一言ずつの挨拶があり、これがまた、キャストが多いので、とても長くて。面白かったですけどね! 

亀梨くんが「オレ、ちゃんと、小田切になってた?」とかっこよく決めたあとに、生瀬勝久が亀梨くんのマネをして、「オレ、ちゃんと、猿渡になってた?」と言って笑いをとったり。

さあ、登場人物の挨拶も終わったし、帰れる…と思ったら、CM撮影があるとのこと。お世話になっているみなさんを前に、かえるわけにはいかないなあ。
キャストが舞台のしたに降り、ステージにカメラがセットされ、仲間さんの「なつやすみは!?」のあと、われわれ観客席が「ごくせん! ワ~~~!」と手を振ります。テレビで見たら、どこかに私がいると思ってください。ちゃんとテを振っています。

今度こそ、と、思っていたら、さらに、朝の「ズームイン!スーパー」の撮りも。日テレにもお世話になっているので、途中で帰れないなあ。と参加。
仲間さんが「ごくせんに!」というと、われわれ観客席が「ズームイン!」と指をさしました。今日、放映されたでしょうか?

水戸黄門ではないけれど、お約束がキッチリあるなかで、楽しめる映画です。「ROOKIES」同様、応援します!

| | コメント (0)

『まつりスペシャル』を読む

大ヒットコミック『花より男子』の作者である神尾葉子さんが、少年コミック誌で連載中の漫画です。

まつりスペシャル 1 (ジャンプコミックス) Book まつりスペシャル 1 (ジャンプコミックス)

著者:神尾 葉子
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

主人公のまつりは、家業がプロレス団体であることから、放課後には高校生覆面女子レスラー「ハニープリンセス」に。ハニーはかなり弱く、その負けっぷりにファンがつくほど。まつりはプロレスをしていることをイヤがっていて、学校ではレスラーであることはひた隠しに隠しています。

そんなまつりが片思いしているのは、同じクラスの細くておしゃれでモテる、クールな男子。

一方で暴力的だというウワサにある男子が転校してきて、とあるハプニングから、まつりが「ハニー」であることを知ってしまい…。

という、感じです。「花男」のつくし、類、司をほうふつとさせる人物設定。神尾先生にとっては少年コミックでの連載というチャレンジです。

神尾先生がかなりのプロレス好きというのがあってか、なんだか生き生きとした絵柄&ストーリー。基本が単純で明るい漫画なので、疲れた脳にはとても効きます(笑)。

現在は3巻まででていますが、今後も楽しみ。

| | コメント (0)