« 松田直樹追悼 スカパー! 録画お願い | トップページ

『ジェノサイド』を読む

お久しぶりです。
ツイッターやFBでは、なにかとつぶやいているのですが
ブログを書くのはじつに久しぶり。

まあ、それだけきちんとした本や、映画を観ていない、
ということにないますが。

今日ご紹介するのは、今年の注目の書籍、高野和明「ジェノサイド』。

エンタテイメント作品ですが、かなりよくできています。軍事、地理、文化人類学、薬学、戦争、アメリカの政治などなど、それぞれに生半可な知識では、かけない小説です。

あんまり書くとネタバレになっちゃうから、あらすじを面白くはかけないですが、許して〜。(今朝の王様のブランチに、高野さんが出演していたけど、そうそうネタバレしたよ)。

主人公は大きく分けて2人。父の遺志をついで新薬をつくろうとする大学院生と、不治の病の息子をもつ、アメリカの傭兵。

舞台は3カ所。日本、アメリカ、アフリカ。


「なにか」を駆除(殲滅?)させるために、アメリカの軍事のプロたちがアフリカへ送られます。その「なにか」はアフリカの少数民族に関わりがあるようで…。

一方、日本ではとある大学教授が急逝し、その息子が父が残した謎の使命を受けます。これがまたとんでもない話で、不治の病とされる病気の薬を制限日数内につくらなければならないらしい。しかもその父の残したPCなどを巡って、警察や謎の人物から追われることに…。

アメリカ(大統領以下、国防総省やFBIも登場)からの指示を受けた軍事のプロたちと、その「なにか」が出会って少しずつ関係が見えてくるんだけど、最後まで、はらはらどきどき。

ゲリラ戦と、最新兵器戦と、IT戦、という3つの戦争映画をみているみたいな気持ちになります。それに医療映画、SFの要素も。
日本の作家が書いたものというより、翻訳された冒険小説を読んでるみたいでした。

舞台ごとに章がかわるので、私はちょこちょこと読みましたが、谷原章介さんは1.5日で読んだそうですよ。


ジェノサイドBookジェノサイド


著者:高野 和明

販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 松田直樹追悼 スカパー! 録画お願い | トップページ

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 松田直樹追悼 スカパー! 録画お願い | トップページ