« 『アクロス・ザ・ユニバース』を観る | トップページ | ルカンケ »

『赤朽葉家の伝説』を読む

昨日から一気に読みました。桜庭一樹の「赤朽葉家(あかくちばけ)の伝説」。2006年に初版で、そのころから本棚にあったのだけれど、なんとなく後回しになっていたのでした。もう文庫もでてるんだね。

赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫)Book赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫)

著者:桜庭 一樹
販売元:東京創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

面白かったです!
祖母、母、語り手である私。三代にわたる女性の物語。製鉄を営む、鳥取の旧家の女たち。

祖母・万葉は「千里眼奥様」と呼ばれる不思議な能力をもっているが、もともとは「葬」のときに山からやってくる、村人には「辺境の人々」とよばれる人々が村に置き去りにしていった娘。

それが赤朽葉製鉄の嫁に入り、長女として生まれたのが、毛鞠。美しく、強く育ち、中国地方を仕切るレディースのヘッドとなり…。

そして三代目が瞳子。ふつうの女の子。物語の狂言まわしです。

この祖母の時代の話、母の人生が、めちゃくちゃで面白い。不思議能力のある万葉が、山出しの娘から、最終的に旧家の大奥様になるのも面白いし、毛鞠の異母兄弟問題も含めた壮絶な人生も面白かった。

山崎豊子の「女系家族」もそうだし、古いけど里中満智子のマンガ「明日輝く」もそうだし、なんだか女系の何代かにわたるストーリーって、面白いよなあ。

寝取る女がでてきたり、製鉄所の跡目問題があったり、不思議能力によってもたらされた謎ときがあったり。エンターテインメント性の高さを感じました。

製鉄の衰退と、「赤朽葉」という名前、2代目である毛鞠の兄弟たちの名前(泪、鞄、孤独)が、なんともいえずストーリーに深みを与えています。

そういえば…、桜庭さんの「私の男」も面白かったし、主人公は「腐野花」という名前だったな。

私の男 (文春文庫)Book私の男 (文春文庫)

著者:桜庭 一樹
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 『アクロス・ザ・ユニバース』を観る | トップページ | ルカンケ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『アクロス・ザ・ユニバース』を観る | トップページ | ルカンケ »