« DVD「アンダーグラウンド」をみる | トップページ | 『アクロス・ザ・ユニバース』を観る »

役立つ料理本!

ブログ更新はひさしぶりです。ちょっと反省。
だってツイッター(仕事アカウントとプライベートアカウント)と、
フェイスブックで忙しいし。

ブログの更新は、パスワードなどちょっと面倒。

と思っていたら、最近みんな、mixiも書いてないね…。

寒くなってきたし、煮込み料理などがおいしいですよね。
おすすめは、以前も紹介したルクルーゼ本。
ちなみに、ルクエはちっともおすすめしません。
でもね。みんな楽しそうだから買っちゃうんだよね。
洗いにくいし、重ねられないから保管も不便。
とくに油汚れが残る。
もしルクエ的料理したかったら、パイレックスのフタのついたもののほうが
おすすめです。

さて、本題です。まさに本の題の話。
まず、ルクルーゼなら平野さんの本。シリーズでありますが
この縦長本シリーズは本当に便利。
簡単なのに本格的な料理に見えるレシピいっぱいです。

「ル・クルーゼ」だから、おいしい料理Book「ル・クルーゼ」だから、おいしい料理

著者:平野 由希子
販売元:地球丸
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「ル・クルーゼ」で、おいしい和食―お鍋で毎日のごはんをつくろうBook「ル・クルーゼ」で、おいしい和食―お鍋で毎日のごはんをつくろう

著者:平野 由希子
販売元:地球丸
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そしてフィスラーの圧力鍋も本当に便利。
圧力鍋というと面倒に思う人もいますが、
一度使い方を覚えれば、「時短料理」の天才になれます。
玄米だって20分でたけるし、豆は7分でゆでられるし。
小さな二人分料理のできる、この本が、なんといってもおすすめ!
かなり作りました。

ミニ圧力鍋で2人分料理―早い、おいしい、作りやすいBookミニ圧力鍋で2人分料理―早い、おいしい、作りやすい

著者:小田 真規子
販売元:文化出版局
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これで作ったものは、男性にも大好評。
それですっかり小田真規子先生のファンになった私。
昨日、すばらしい本をみつけました!


つくりおきおかずで朝つめるだけ!弁当 決定版 (別冊エッセ)Bookつくりおきおかずで朝つめるだけ!弁当 決定版 (別冊エッセ)


著者:小田 真規子

販売元:扶桑社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


つくりおきおかずで朝つめるだけ!弁当2 (別冊エッセ)Bookつくりおきおかずで朝つめるだけ!弁当2 (別冊エッセ)


著者:小田 真規子

販売元:扶桑社

発売日:2010/10/15
Amazon.co.jpで詳細を確認する

みんなが好きそうな「ふだんのおかず」的なものが満載なのですが
これの優れているところは、できた料理が
「1週間、冷蔵庫で保存できる」ものばかりなんです!

私のようなお弁当女子の強い味方!
味は小田さんだから間違いない!

さっそく鶏モモ肉を開いて、塩こしょう、はちみつをまぶしてロールし、
ホイルに包んで焼いて、さらに蒸し焼きするという「チキンロール」をつくりました。
週末に料理すれば、お弁当のおかずやつくりおきおかずにOK。

きちんと火を通したり、保存性のたかそうなたれをまぶしたり、
保存方法も書いてあります。

1と2がありますが、吟味の末、2のほうがちょっとおしゃれなレシピが
多かったので、そちらを購入しました。

皆様も書店などで、ちら見してみてください。

|

« DVD「アンダーグラウンド」をみる | トップページ | 『アクロス・ザ・ユニバース』を観る »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

実は、私はお弁当男子なのです。
娘にお弁当作っている妻に向かって「明日から俺にもお弁当作ってくれよ。」と言ったら、軽く「いやよ!」と断られてしまい「じゃぁ自分で作るからいいよ。」と返してから早2年、今では娘の分のおかずも作り置きしてから出勤。お弁当箱は会社で洗って持ち帰える「家畜男子」に育ちました。

本題、お勧めの料理本、昨日書店でチェックしたものです。私も買うことにします。

ちなみに、妻が「いやよ!」といった理由は、出勤時間の早い私のお弁当をつくるには、1時間早く起きなければならないからでした。それでも愛情あれば・・・

投稿: オム | 2010年10月30日 (土) 10:31

ナイスな情報サンキュgood

長男が毎日お弁当なので、早速本屋さんに
いってみる~happy01

投稿: sas☆mai | 2010年11月12日 (金) 10:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DVD「アンダーグラウンド」をみる | トップページ | 『アクロス・ザ・ユニバース』を観る »