« 「悪童日記」、再び読む | トップページ | 役立つ料理本! »

DVD「アンダーグラウンド」をみる

友人に借りていたDVD「アンダーグラウンド」、ちょっと時間がかかるから、観るのをあとまわしにしていました。

95年のカンヌ映画祭で、パルム・ドールに輝いた作品です。
画像を貼ろうと思ったら、現在、DVDは契約が切れているみたい…。

アマゾンだとこちら

をごらんください。

第二次世界大戦から、ユーゴ内戦など、激動のベオグラードを中心といた物語です。

ブラス主体の音楽で、楽しいのか悲しいのかわからない雰囲気から始まります。

政治、戦争、男同士の友情、家族、ナチス、裏切り、障害のある人、武器、誤解。
それらが交錯することによっておきてしまう、悲喜劇。そこに、幻想的なビジュアル。

「ユーゴに帰りたい!」「その国は、もう、ない」。
この会話に、衝撃を受けました。

ラストシーンは本当に素晴らしいです。ネタバレになっちゃうから言えないけど。


映画としての雰囲気は、ちょっと「ブリキの太鼓」を思い出させます。映画を観た後の、「面白かった」とか「よかった!」とか言えない、このボーッとしたショックは、ゴダールの「気狂いピエロ」をみたときの衝撃に似ているなあ。


この監督、「パパは出張中!」で、85年にパルム・ドールをとっているようで、これが2度目の受賞だったようです。っていってもかなり前ですね。

なんだかルネ・マグリットを彷彿とさせるような、幻想的な映像美だなあ、と思ったら、この監督、ジョニー・デップ主演の「アリゾナ・ドリーム」の監督だったのね。納得。

DVDはないようですが、なにか機会があれば、絶対に観てほしい作品です。


|

« 「悪童日記」、再び読む | トップページ | 役立つ料理本! »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「悪童日記」、再び読む | トップページ | 役立つ料理本! »