« 自分を信じて | トップページ | 本田△ »

「土の中の子供」を読む

いや~、タイトルからして暗いもん。

土の中の子供 (新潮文庫)Book土の中の子供 (新潮文庫)

著者:中村 文則
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


中村文則の、芥川賞受賞作品です。いつものKに借りて、なんとなく読んでみました。Kからは「ほんと~に暗いよ…」と前情報をきいていて。

でも、私はフランス文学科出身。まかせてよ、暗い話! と張り切って読んでみたら…。


暗い。

激しく、暗い。

いや、激しいいう前向きな言葉すら似合わない。

ただね、カフカの変身と、カミュの異邦人を足して2で割りながら、そこに無国籍テイストを足したカンジです。

日本の話ですが、もしかしたら別のしらない国が舞台でもいいかもしれません。

「生きてて、いいですか?」という問いに、死のギリギリでしか答えを得られないと直感的に感じている主人公。自分の価値をもたない女性。「土の中の子供」だった、幼少時の自分。

うわ~~~。くっら~~~~。

でも芥川賞ってわかるな。

気が向いた人だけ、読んでみてください。そして一緒にわかちあいましょう、予想をはるかにこえる暗さを。

|

« 自分を信じて | トップページ | 本田△ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自分を信じて | トップページ | 本田△ »