« たまにはブログも書かないとね | トップページ | iPadを予約しました »

『テルマエ・ロマエ』を読む

マンガ大賞2010を受賞した話題のマンガ、『テルマエ・ロマエ』。

ひとことでいうと「お風呂づくり情熱マンガ」です。

テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)Bookテルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)

著者:ヤマザキマリ
販売元:エンターブレイン
Amazon.co.jpで詳細を確認する


主人公はローマ時代のお風呂建築家ルシウス。

古代ローマ人って、お風呂が大好きで、カラカラに代表されるような大衆のための大浴場があったわけですね。

現状の大浴場には満足できず、「なにか」を探しているルシウスが、あるときお風呂の底でおぼれかかったことによってタイムスリップ。

着いたところは「平たい顔族」の大浴場だった。
…つまり、現代の日本の銭湯だったわけです…。

ルシウスは最初、状況を理解できず、「おぼれた風呂の底は、奴隷たちの風呂につながっていたんだな」と小ばかにしているのですが、壁のタイル絵や、脱衣所のシステム、風呂上りのフルーツ牛乳などにショックを受け、気を失います。そして本来彼がいるべきローマ時代へともどって…。

ストーリーは章ごとにこのパターン。ルシウスが風呂づくりに難題をかかえているときに、タイムスリップし、現代の日本で風呂づくりのヒントを得て、またもとの時代にもどり、それをローマの風呂づくりにいかす…。
銭湯や、個人宅のお風呂、温泉、湯治場…。ルシウスはさまざまなカルチャーショックをうけ、それを吸収し、ローマの浴場づくりに情熱をかたむけるのでした。


ルシウスが深刻に悩めば悩むほど、笑えるストーリーに。
ルシウスの「平たい顔族」(じつは現代の日本人)に対する侮蔑と、その高い文明に対する驚愕の板ばさみの様子が超笑えます!


こうして現代の日本にいると、お風呂の素晴らしさは、あって当たり前ですが、ルシウスの視点でみつめなおすと、「私たちのお風呂って素晴らしい!  そしてお風呂、LOVE! お風呂バンザイ!」という気持ちになります。

作者のヤマザキマリさんは現在はリスボンにお住まいのようですが、イタリアの暮らしが長かったみたい。実際、湯船がないことに苦労し、大きめの桶にお湯を入れて、体を丸くして、そのお湯に浸かっていたりするようで。


ご本人のブログも見ていて楽しいですよ。リンクはこちら。

|

« たまにはブログも書かないとね | トップページ | iPadを予約しました »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

あのね、色んなサイトを観たけど、どのブログや書評よりも的確に面白さを伝えているわ。やっぱりエディター魂ね。

投稿: ぽんちゃん | 2010年5月15日 (土) 13:14

ぽんちゃん、ありがとう。
最近、ほめられる機会があんまりないから、とてもうれしいです。てへへ。

投稿: マリコ | 2010年5月15日 (土) 22:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たまにはブログも書かないとね | トップページ | iPadを予約しました »