« クリント・イーストウッド | トップページ | エヴァンゲリヲン 新劇場版 破  »

オザケン!

これからコンサートに行く予定の人は、ネタバレもあるので読まないでね。


さて。


今日は中野サンプラザへ、小沢健二のライブに。家族の名前も駆使してとったチケットです。仕事の連絡をとりながら会場に向かわねばならず、やむをえずタクシーに乗ったら、道が結構混んでいて、開演に間に合わず。

最初の一曲だけ、ドアの外で待ちました。(演出の都合上、入れなかった)。

だけど、係の人がドアを開けるタイミングを間違ったおかげで、途中から入れた(笑)。

あまり詳しく書くと、思い出が消えちゃいそうで、もったいなくてかけないんだけど。

ひとことでいうと、彼はやはり王子でした。ちょっと心配していたんですよ、正直。なんだか思いが強すぎてヘンなことになっちゃっているんじゃないか、とか、メジャーはもうやらないんじゃないか、とか。

でも。

私の好きな「犬は吠えるがキャラバンはすすむ」(今では「DOGS」に改名されていたはず)からの曲もたくさんやってくれました。

「天使たちのシーン」、オリジナルは同じメロディのリフレインなのですが、今日のライブでは、メロディそのものを少し変えながら歌ってくれました。素敵でした。

ブギーバックでは、私たち観客がスチャダラパー、やりました。

ほかにも私たちは「オッケ~よ!」もやりました。

「ラブリー」では、彼の指導のもと、オリジナルとは違う歌詞をみんなで口ずさみました。

曲と曲の間で、ときどきエッセイ的なものを読むのだけれど、その視点がとてもよくて。日本から離れていたり、ほかの国の友人がたくさんいたりするせいか、ものの見方が広く、面白かったです。ツイッターでいうと、「リツイートしたくなるような言葉」がたくさんありました。

ウワサのあの人らしい女性が、会場で大きなカメラを持ってビデオ録画してました。

面白い曲もいくつかあって、そのうちのひとつは、ソーラン節のような民謡的な曲でした。

最後に。「これを言うと泣いてしまう…」みたいなことを言って、涙ぐみはじめました。

「今日、会場に、岡崎京子さんが来ています!」といって、また泣き顔になっていました。

とてもよかったです!

|

« クリント・イーストウッド | トップページ | エヴァンゲリヲン 新劇場版 破  »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリント・イーストウッド | トップページ | エヴァンゲリヲン 新劇場版 破  »