« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

エヴァンゲリヲン 新劇場版 破 

アマゾンで購入。劇場ではみていません。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.【初回限定版】 [Blu-ray]DVDヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.【初回限定版】 [Blu-ray]

販売元:キングレコード
発売日:2010/05/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する


やっぱりビジュアルが美しいです。ストーリーのわけわかんないところはあまり深く考えず、使徒のデザインや、第3新東京市のデザインも好き。
エヴァの動物っぽい動きもキレイだと思うし。
こうやって考えると、私ってメカニカルデザイン&都市デザインが好きなんだな。

あと私のこだわりのひとつは、「山寺宏一の顔を絶対に思い浮かべないで、加持くんを楽しむ」です(笑)。

| | コメント (0)

オザケン!

これからコンサートに行く予定の人は、ネタバレもあるので読まないでね。


さて。


今日は中野サンプラザへ、小沢健二のライブに。家族の名前も駆使してとったチケットです。仕事の連絡をとりながら会場に向かわねばならず、やむをえずタクシーに乗ったら、道が結構混んでいて、開演に間に合わず。

最初の一曲だけ、ドアの外で待ちました。(演出の都合上、入れなかった)。

だけど、係の人がドアを開けるタイミングを間違ったおかげで、途中から入れた(笑)。

あまり詳しく書くと、思い出が消えちゃいそうで、もったいなくてかけないんだけど。

ひとことでいうと、彼はやはり王子でした。ちょっと心配していたんですよ、正直。なんだか思いが強すぎてヘンなことになっちゃっているんじゃないか、とか、メジャーはもうやらないんじゃないか、とか。

でも。

私の好きな「犬は吠えるがキャラバンはすすむ」(今では「DOGS」に改名されていたはず)からの曲もたくさんやってくれました。

「天使たちのシーン」、オリジナルは同じメロディのリフレインなのですが、今日のライブでは、メロディそのものを少し変えながら歌ってくれました。素敵でした。

ブギーバックでは、私たち観客がスチャダラパー、やりました。

ほかにも私たちは「オッケ~よ!」もやりました。

「ラブリー」では、彼の指導のもと、オリジナルとは違う歌詞をみんなで口ずさみました。

曲と曲の間で、ときどきエッセイ的なものを読むのだけれど、その視点がとてもよくて。日本から離れていたり、ほかの国の友人がたくさんいたりするせいか、ものの見方が広く、面白かったです。ツイッターでいうと、「リツイートしたくなるような言葉」がたくさんありました。

ウワサのあの人らしい女性が、会場で大きなカメラを持ってビデオ録画してました。

面白い曲もいくつかあって、そのうちのひとつは、ソーラン節のような民謡的な曲でした。

最後に。「これを言うと泣いてしまう…」みたいなことを言って、涙ぐみはじめました。

「今日、会場に、岡崎京子さんが来ています!」といって、また泣き顔になっていました。

とてもよかったです!

| | コメント (0)

クリント・イーストウッド

WOWOWで最近、C・イーストウッドの特集があって、いくつか録画しておきました。

映画でもDVDでも見逃していた作品、「スペース カウボーイ」。

スペース カウボーイ 特別版 [DVD]DVDスペース カウボーイ 特別版 [DVD]

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2010/04/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する


イーストウッドは偏屈じいさんを演じたら最高ですよね~。彼の映画はいつも「再び、立ち上がる」が主題。この映画も、いい年したおじいさんたちが、宇宙へ、ですからね。

宇宙でのシーンなどのCGは、今と比べて未熟でしょうが、ぜんぜん気にならないです。

イーストウッドほか、チーム ダイタロスのおじいさんたち、かなりチャーミング。トミー・リー・ジョーンズや、ドナルド・サザーランドが、本当にいい味。

イーストウッドはカッコいい。…ちょっと父方の祖父を思い出すんだよなあ。

| | コメント (0)

Kくん、かっこよかった~

詳しいことはいえないですが、例の、お気に入りのあの、Kくん、先日取材しました。

というか、立場を大いに利用して、取材を決め、担当につきそっていってきました。

少しやせて、いい感じ♪

顎のラインがセクシー。目がきれい。

ときどき、「本物に合わなきゃよかった…」みたいな仕事もありますが、彼の取材はいつもスタッフみんなが彼のファンになります。性格もよいのよ。気をつかいすぎかとも思うけどね。

担当女子に、「あれ、この前会ったときから、髪型、変わりましたよね?」なんて撮影中にいうんだもの。すごいよなあ。


| | コメント (0)

このデジカメどう?

夏休みにサファリ体験するとして、やはりいいデジカメがほしくなるわけで。

ツイッターのネタとして「モデルやブロガーに人気のデジカメ」が話題に。

これですわ。

OLYMPUS マイクロ一眼 PEN E-PL1レンズキット ホワイト E-PL1 LKIT WHTCEOLYMPUS マイクロ一眼 PEN E-PL1レンズキット ホワイト E-PL1 LKIT WHT

販売元:オリンパス
発売日:2010/03/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

じつはとある功績で、会社にほめられまして、小額ながら臨時収入が入るらしく。
買っちゃう??


| | コメント (0)

三ッ沢なう。

三ッ沢なう。

| | コメント (0)

ボクシングの夢をみた。

先日、かなりリアルな感触の夢をみました。

なぜか私、ボクシングのリングの上にいて、誰かと試合をしているんです。

私は女性ボクサーなんですよ。

かなり動体視力がよいのか、相手の鋭いパンチがゆっくりに見える。だからうまくよけられる。

スローモーションでみえるから、「あ、右からくるな、そして、左がこうくるな。だったら、私はここを狙おう」なんて、夢の中で考えながら体を動かしているんです。

試合の途中で目が覚めました。ちょっと興奮ぎみな朝。

夢占いで調べてみたら、

「意欲、挑戦を示します。目の前にある問題や困難なことから目を背けていませんか?自分にとって安易な方、楽な方を選択しているようです。がむしゃらに突き進むことも時には必要。まさに今その時期かもしれません。また、何かにチャレンジしている時にもボクシングが夢に現れます。やり遂げようとする思いが反映しているのでしょう。いずれも、意欲を持って挑戦すべし!と夢が告げています。」

ということでした。

そうですか。がんばります。

もしかしたら、ちょっと前に読んだこの本の影響もあるのかも。「ボックス!」。映画化されてますね。配役はピッタリだと思います。


ボックス! 上Bookボックス! 上


著者:百田 尚樹

販売元:太田出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する


あと、好きな映画「ミリオンダラー・ベイビー」。ああ、思い出してちょっとつらくなった。



☆Bランク☆即日・翌営業出荷![メール便:送料140円!] ≪30% off≫■アウトレット商品■ミリオンダラー・ベイビー ☆Bランク☆即日・翌営業出荷![メール便:送料140円!] ≪30% off≫■アウトレット商品■ミリオンダラー・ベイビー


販売元:地球天 Good Goods Import

楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (0)

iPadを予約しました

ツイッターではまめに報告しているのですが、見ていない人も多いと思うので、ここのところの私の状況報告。

iPadを予約しました

私はiPhoneはもっていなくて(というのも、電話としては致命的につながりにくいから。現在私用で使っているドコモが便利、会社ケイタイはau。なので3台もつのもイヤだし)。

でもアプリを使いたいし、出版人として試しておきたい…。

最初は3Gをかなり前向きに考えていたのですが、SIMロックという不条理な状況と、「本より重そう」「バッグが大きくないと入らない」ということを考え、モバイル的な使い方は考えないことに。
海外でミニPCとしてつかればよかったのですが、WI-FIはよいとして、3Gで海外ローミングするなんて、おかしな話。(SIMフリーだったら、その国のキャリアと短期契約して使えるのに…)。

というわけで、自宅でWi-Fiという環境で納得。16GBはもし足りなくなったらくやしくなりそうで、64までは必要なさそう、という消去法から32GBへ。

今朝、お茶碗洗いをしながら、まな板を両手で持ったとき…「iPadってこんな感じかな…」と思ってしまった。

楽しみです。(私はアップルのネット予約です)

 "アイパッド【I Pad】 32GB APPLEoriginal ケース付"
販売元:BuyMa(バイマ)
BuyMa(バイマ)で詳細を確認する

| | コメント (3)

『テルマエ・ロマエ』を読む

マンガ大賞2010を受賞した話題のマンガ、『テルマエ・ロマエ』。

ひとことでいうと「お風呂づくり情熱マンガ」です。

テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)Bookテルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)

著者:ヤマザキマリ
販売元:エンターブレイン
Amazon.co.jpで詳細を確認する


主人公はローマ時代のお風呂建築家ルシウス。

古代ローマ人って、お風呂が大好きで、カラカラに代表されるような大衆のための大浴場があったわけですね。

現状の大浴場には満足できず、「なにか」を探しているルシウスが、あるときお風呂の底でおぼれかかったことによってタイムスリップ。

着いたところは「平たい顔族」の大浴場だった。
…つまり、現代の日本の銭湯だったわけです…。

ルシウスは最初、状況を理解できず、「おぼれた風呂の底は、奴隷たちの風呂につながっていたんだな」と小ばかにしているのですが、壁のタイル絵や、脱衣所のシステム、風呂上りのフルーツ牛乳などにショックを受け、気を失います。そして本来彼がいるべきローマ時代へともどって…。

ストーリーは章ごとにこのパターン。ルシウスが風呂づくりに難題をかかえているときに、タイムスリップし、現代の日本で風呂づくりのヒントを得て、またもとの時代にもどり、それをローマの風呂づくりにいかす…。
銭湯や、個人宅のお風呂、温泉、湯治場…。ルシウスはさまざまなカルチャーショックをうけ、それを吸収し、ローマの浴場づくりに情熱をかたむけるのでした。


ルシウスが深刻に悩めば悩むほど、笑えるストーリーに。
ルシウスの「平たい顔族」(じつは現代の日本人)に対する侮蔑と、その高い文明に対する驚愕の板ばさみの様子が超笑えます!


こうして現代の日本にいると、お風呂の素晴らしさは、あって当たり前ですが、ルシウスの視点でみつめなおすと、「私たちのお風呂って素晴らしい!  そしてお風呂、LOVE! お風呂バンザイ!」という気持ちになります。

作者のヤマザキマリさんは現在はリスボンにお住まいのようですが、イタリアの暮らしが長かったみたい。実際、湯船がないことに苦労し、大きめの桶にお湯を入れて、体を丸くして、そのお湯に浸かっていたりするようで。


ご本人のブログも見ていて楽しいですよ。リンクはこちら。

| | コメント (2)

たまにはブログも書かないとね

ツイッターの気軽さに比べ、ブログを更新するとなるとちょっと面倒になっています。

タイトルをつけるとか、ある程度、読ませる内容を書くとか、ある程度の文字数を書くとか。

まあ、使い分けでしょうか。読んだ本の感想などはブログのほうがよいと思います。

てなわけで、たまにはブログ。

今日、東京へもどりました。あ~、GWも終わりかあ。あと2日会社にでれば再び週末が来るというのが救いですね。

……。

すみません、あまりネタないんです。

……。

今日の晩御飯。一緒に食べる約束をした人の「おなかにやさしいもの」というリクエストに応える店をリサーチしてみたのですが、ウチの近所にはなかったため、「ウチメシ」に方向転換。

しらすおろし、くず豆腐(栗原はるみレシピ)、たらもサラダ、筑前煮。シメは、金目鯛混ぜ雑炊三つ葉のせナンプラー風味。
筑前煮以外はやわらかくて消化によいと思うのですが。雑炊が好評でした。

すみませんね、こんなネタで。

| | コメント (0)

タコ島、事件発生!

今、ニュースをみていたら、なんと昨夜この島でひき逃げが。信号は島内1ヶ所、人口2000人の島で、犯人はまだ逮捕されていないらしい。

| | コメント (0)

タコ島

タコ島
タコ島
映画「TRICK」の舞台になりそうな島にきています。

| | コメント (0)

名古屋城

名古屋城
これから武将にふんしたイケメン軍団、名古屋おもてなし武将隊によるパフォーマンスがあるようで、歴女が集結。

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »