« 時代って、気分 | トップページ | カレに別れを告げて »

『光媒の花』を読む

道尾秀介さんの作品。そういえば以前、『球体の蛇』についても。ここで書きましたよね。

光媒の花Book光媒の花

著者:道尾 秀介
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


やっぱり面白かったです。

今回の構成は、連作群像劇。一匹の蝶がバトンのように話をつなぐ、ショートストーリー集です。

全部で六章からなるのですが、ほとんどが少年または少女が主人公。だから、ちょっと「せつない」のです。

『球体の蛇』のときもそうでしたが…とある出来事と、それをめぐるちょっとの嫉妬や誤解、そしてすれ違い。短いストーリーなのに、はっとさせられたり、キュンとさせられます。

道尾さんって、ヘンな頑張り感がないんですよ。「小説家としての気負い」みたいのがない。(本当はあるのかもしれないけれど)。「小説を書くために、○○についてすごく取材して綿密に書いた」とか「プロットを巧妙に組み立てた」っていう感じはない。むしろ、舞台はいつも、「きっとどこかにある、ありふれた日常」。

日常の中のせつなさ。今思い出しても心がチクッてするような少年少女時代の出来事。

強くおすすめしたい作品です。

|

« 時代って、気分 | トップページ | カレに別れを告げて »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時代って、気分 | トップページ | カレに別れを告げて »