« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

アド街「神田猿楽町」

あまり見ない番組なのですが、「猿楽町」と知って、思わず録画。

ちょっと前に私の会社は移転してしまったのですが。

とある時期には、私は自宅にいる時間よりも、ここの街にいる時間のほうが長かったわけで。

はなれてみると、やはり、好きな街だな~。昭和っぽさと、B級グルメ。

アド街ック天国の神田猿楽町の回のリンクはこちらです

順位をみていると、あまり納得できないな…。古さばかりを問うていて。もっといろいろおすすめがあるんですけどね~。

| | コメント (2)

俊輔、復帰!

うれしいです。待ち望んだ、横浜への復帰。

「うちのぼっちゃん」のお帰りです。

もう、ぼっちゃんとか、言えない存在ですが。

代表としての中村俊輔ももちろん、応援していますが、

「うちのコ」の俊輔は、また格別です!!

買い続けた年間シート、少しは移籍金や契約金の助けになったかしら?

私のサポーターとしての魂に、カツが入りました。

日本の子供たちに、素晴らしいプレーをたくさんみてもらいたい。

他チームのサポの皆様も、ぜひ、横浜へお運びくださいませ!

| | コメント (0)

当たってる? 俺占い

知り合いのブログを読んでいて見つけた占い、『俺占い』。

よくわかりませんが、「銀座の俺」が占うそうです。うそくさいです(笑)。

私の結果は、

占い師「銀座の俺」による「俺占い」の結果。

marikoには、こういう傾向がある。

・寂しがりやさん
・祭りが大好き
・新しいものに興味をもつ
・ちょっとした笑いのセンスがある
・妙に運がいい
・人の前では明るく振る舞う努力をしている
・こっそり行動することが多い

最後のひとつ以外は、結構あたっているような??

特にmarikoには、こういう傾向がある。

・異性と話すと緊張しやすい
・ロマンチスト
・笑顔が嘘くさい
・常にお金が足りないと感じている
・妙なところで博識

ロマンチストで妙に博識なところは確かにありそうな気がしますが、「常にお金が足りないと感じてる」はショック。まあ、いくらあっても困ることはないとはいえ(笑)。

俺からmarikoへのアドバイス。

・意味不明なことを言わないようにしておけ

言ってませんてば~~(笑)

俺占い
http://oreuranai.com/

| | コメント (0)

好きな人とごはん

一昨日みた『南極料理人』の影響が、かなり自分にあったらしく。見た直後よりも、今になってから、「人と人のつながりと、料理について」みたいなことを考えて。

『クヒオ大佐』と『南極料理人』、2本で1100円で、観たくせに、『南極料理人』のDVD(メイキングも面白そうなので、初回限定のほう)を買うことに。4618円。。。。結果、高くついたな(笑)。

[枚数限定][限定版]南極料理人 豪華版/堺雅人[DVD]【返品種別A】 [枚数限定][限定版]南極料理人 豪華版/堺雅人[DVD]【返品種別A】

販売元:Joshin web CD/DVD楽天市場店
楽天市場で詳細を確認する

南極料理人 [DVD] DVD 南極料理人 [DVD]

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2010/02/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

フードコーディネーターの飯島さんのレシピ本もありますが、こちらは手をださずにいます。

今日、昼に親しい人がくることになっていたので、ごはんを作って待つことに。いつもに比べて準備する時間があったので、メニューを迷いました。いつもはワインに合いそうなものをササッとつくるのですが、「南極…」をみたせいか、なんだか、ビールに合いそうな「しっかり系」を作りたくなりまして。

餃子、作ってみました。さすがに代休からあわせて3連休最終日、時間も体力もありますし(笑)。あ、皮はつくっていません!

フライパンが古かったせいか、焼きあがった餃子がバリッときれいにはがれてくれず、ちょっと残念ではありましたが、相手は「めちゃくちゃ、うまい!」と言って食べてくれまして。

自分の作った料理を、美味しそうに食べてくれると、本当にうれしいです。好きな人が食べている姿には、なにか本能的な喜びや、母性的な(?)満足感を感じます。

「食べる」=「健康な体をつくる」。動物ですから、人間も。相手が健康であることは、本能的にうれしいのですよね。

デートも、大事な仕事相手との会合も、「食」ははずせません。一緒に食事をする…という行為って、古今東西、相手と自分を近づけることであり、相手をよく知ることにもなり、親密な気持ちの表現であり、仲間であることの確認であり。

ますます「食」の奥の深さを感じる、今日このごろでした。

そうそう、ほぼ日刊イトイ新聞の糸井さんと堺さんの食べながらの対談も、面白いですよ。主に糸井さんがしゃべっているんですけどね。

最近、「食堂かたつむり」「恋するベーカリー」など、やはり「料理と人のつながり」を考えさせる作品が多いですね。時代の気分だな~。

おまけ!

これもおすすめです! ドラマは見てなかったけど。「その人にとっては、特別に意味のある一品」って、あるんですよね。面白いですよ!

深夜食堂 1 (ビッグコミックススペシャル) Book 深夜食堂 1 (ビッグコミックススペシャル)

著者:安倍 夜郎
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

年間シート

届きました、マリノスの年チケ!
今年は個別に封筒に入っています。
かもめ仲間のみなさん、開幕戦でお渡ししますね!

| | コメント (0)

ルパン三世!(音あり、注意!)

ちょっとびっくりした?? ルパンに盗まれちゃいました!

音がでるので、会社ネッターの方、申し訳ないです。

とりあえず、3日ぐらい、このブログパーツ残しますので。

| | コメント (0)

堺雅人DAY?

この前の日曜日に出社したので、今日は代休をとってみました。週末旅行などを入れたわけではなく、単に、「平日に休む、贅沢」を味わいたくて。

まずは予約を入れてあった表参道のヘアサロンへ。ケイタイのワンセグでフィギュアスケートをみながら、ヘアカラー(ちょうど織田選手と高橋選手のときにシャンプーだったので、洗髪されながら、ケイタイを片手にみていました)。

14時半くらいに終わったので、ISETANにでもショッピングに行くか、映画でもみるか…。とにかく「ほかの人が働いているのに、私は自由!」みたいな気分を楽しむ方法を考えてみました。

しかしながら、イマイチ、観たい映画はないし、こう寒くては春物を買う気分でもなく。

おなかもすいたし、しょうがなく、帰路へ。でも、なんとなく気持ちがおさまらず、帰路を少しだけ遠回りしたところ…。三軒茶屋の映画館が目の前に。

本当に古くて、ボロいところなのですが、現在上映中なのが、「クヒオ大佐」と「南極料理人」の2本立て。そうです、主演・堺雅人、2本立てなのです!しかもそのポスターには「本日まで」と書いてある!

時間があわなければ、帰ろうと思っていたのですが、これまた、時間ぴったり。あと5分で始まるところです。

迷わず映画館へ。おなかはすいているし(朝からお味噌汁とクッキー2枚だった)、劇場はボロくて売店もないし椅子も古いけれど、1100円で、スクリーンで見られるなら、いいかな~。この「場末」な感じも、まあ、味があるよね。

『クヒオ大佐』は正直つまらなかったですが(実際に犯人が逮捕されたときのほうが、映画よりもインパクトがあったからな~)、『南極料理人』は、密室設定のお芝居みたいで、楽しかったです。

空腹なのに、料理の映画を観るのはつらかったですが(笑)。

| | コメント (0)

よろにく

ウワサの焼肉やさん「よろにく」。

名前がこびているし、青山だし。ちょっと接待系だし。

かくいう私も、会食だったのですが…、これがよかった!! 

「肉は好きだけど、安くて油っぽい肉はもたれる」私にとって、コクがあるのにキレがある焼肉は、なかなかよかったです!

4人で個室でしたが、店の人が焼いてくれるので、クライアントさんと一緒でも気遣いなし。ワインやシャンパンはありませんでしたが、焼酎はそこそこの品揃えでした。

いい感じで消化できそう~!

| | コメント (0)

歴女のバレンタイン

歴女のバレンタイン
歴女のバレンタイン
今日、撮影をお願いしたのは、歴女としても有名な美女。
スタッフみんなに、チョコレートをもってきてくれました。
これがまあ、武将チョコ。したたかものという、秀吉をイメージしたものだそう。
この美女、可愛いだけでなくがんばり屋さんで性格も素直でピュア。
ますます応援したくなりました!

| | コメント (0)

マッチさん

とある縁で、近藤真彦30th Anniversary コンサート@武道館に行ってきました。

30年、立派だと思いますよ、ホント。

渋い大人の歌も歌う近藤真彦ではありますが、途中で「これからも、マッチします!」宣言とともに、ヒットパレードを歌ってくれました。

45歳にして、あのスタイル、あのパワー。ちゃんとアイドルできる彼は、すばらしい。

特別にマッチのファンだったわけではないですが、感動しました…。

なにより、楽しかったです!

客席には、ハッピを着てペンライトやポンポンを振る、いわゆる当時の「親衛隊スタイル」の大人の女性たちが何組かいて、それぞれに「青春」していたようです(笑)。楽しそうでしたよ、彼女たちも少女の顔のように輝いていました。

| | コメント (0)

アバター 3D みてきたよ

やっといってきました、映画『AVATER』。せっかくなので3Dで。

姉から「3Dで観るなら、いっそ、吹き替えのほうが目がラクだよ」とは聞いていたのですが、時間が合わず、字幕で。

面白かった! 言ってしまえば、

(「インディペンデスデイ」+「ナウシカ」)×スターウォーズ(おまけでシュワルツェネッガー)。

といった感じなのですが。

最初のころは「3D酔い」します。でも、獣たちに追いかけられるシーンでは、体がビクッと動いてしまうような迫力。

あの不思議な顔のナヴィも、Dから「キモ可愛くみえるようになるよ」と聞いていたとおりでした。

ナヴィの動きが敏捷で、観ているうちに、「私もこんなふうに動けるんじゃないか?」っていう気になる(笑)。映画を観終わったあと、走りたくなったもん。とりあえず、贅肉を落としたくなりました。

スピード感、臨場感。ジェームス・キャメロンってば、お金をかけさせたらいいもの撮るねえ~。

でも、ふと思いました。これだけ画像が「作れる」ようになれば、もう「撮る」ものの実態は必要なくなってくるんじゃないかな…。

アバターにでてくる役者さん、有名俳優である必要はないんです。とりあえず、なんらかの「顔」さえ貸してくれればよいわけで。俳優さんは俳優ではなくて、コマ。もっというなら、監督が操縦する「アバター」でいいのかもしれないな。なんてね。

予告編で観た映画『アリス・イン・ワンダーランド』、これもぜひぜひ3Dで観たい! ティム・バートン×ジョニー・デップ、大好き!

| | コメント (0)

ショック! みんなも食べていると思ってた!

休日なので、いつもは見ていないテレビ「ヒミツのケンミンSHOW」を見ているのですが、かなりショックなことが。

え? みんな、白子の味噌汁って食べないの??

番組中で、ネタとして、「北海道民が味噌汁の具に、白子を入れる」ことをあつかっていたのですよ。

もう一度いいます。 え? 白子の味噌汁って普通、食べていないの??

札幌出身の私は、小さいころから、タチ(タラの白子)の味噌汁はよくいただいていました。家族み~んな、大好きです。ネギとの相性が最高ですし、ボリューム感もあって、クリーミィ。

そういわれてみれば…、たしかに、東京で食べたこと、なかった…。一度、スーパーで白子を買ってきて、自分でも作ったけど、なんだか生臭くて、それ以来、作っていなかったっけ。

でも、でも、「白子の味噌汁」は全国区だとばかり思っていました。ちがうんだ。。ああ、びっくり。ショック。今日まで知らなかった。

テレビでは山形や宮城でも、白子の味噌汁は食べている、ということでした。

本当に美味しいのでおすすめなのですが、新鮮なものでないと、本来の美味しさがわかってもらえない気もするなあ。

暖かくなる前に、実家に一度帰省して、白子の味噌汁、いただこうっと!

| | コメント (0)

湯たんぽ、すばらしい!

休日前の昨夜は、年上の女友達とふたりでワイン。しこたま、ワイン…。カキフライ、ラムチョップ、ワイン。チーズ、ワイン…。体調がよいせいか、どんどん、すすみます。本当に楽しかった!

そして…。夜中にものすご~~~く、気分が悪くなって目が覚めました。ヤバい。ものすごく胃がヘン。頭も痛い。そして寒くて寒くて死にそう。

夜中に何度もトイレへ行く羽目になってしまいました。とほほ~~。

どんどん体温が下がっていき、足が冷たくなって、暖房のきいた部屋のベッドにいても、寒くて震えるくらいに。湯船にお湯をはって、足湯したけど…座っているのもつらいので、やはり寝たい。

ふと思い出したのが、某化粧品会社からいただいた、「湯たんぽ」。熱湯を入れてだきしめると、ほわ~~~っと体が温まりました。

お布団の中での保温率も高く、長時間、暖か。足にあてたり、おなかにあてたり、抱きしめたり。体の芯から温まった!

こんなにすばらしいものとは、●年間、知らなかったです。

今日も、これから、湯たんぽでおなかをあたためながら、マッサージソファに座って、読書の予定です。極楽~。

| | コメント (0)

葛飾北斎の娘 お栄

今日、テレビで「日本歴史ミステリー おんな北斎 天才の影に隠された娘の感動記」という番組がありました。

浮世絵師 葛飾北斎の三女 お栄(号は葛飾應為)の絵と人生について取材してきた番組です。

お栄の作品とされるものはとても少ないのですが(北斎の名で世に出た可能性がある)、その画風には独特の上手さがあります。センスは父の北斎にはかなわない(?)という気がしますが、タッチや技法、陰影のつけ方は西洋画のようで、繊細です。

お栄のことは、杉浦日向子の漫画にとても面白く描かれています。

もし今回のテレビで興味をもたれた方は、ぜひ、こちらもおすすめです! 江戸の情緒と日常を身近に感じて、面白いですよ!

百日紅 (上) (ちくま文庫) Book 百日紅 (上) (ちくま文庫)

著者:杉浦 日向子
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

百日紅 (下) (ちくま文庫) Book 百日紅 (下) (ちくま文庫)

著者:杉浦 日向子
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

通販、それはないでしょ!

うちの雑誌で一度紹介したことのある製品について、「通販番組内で、その掲載ページを紹介させてほしい!」という問い合わせが、しょっちゅうあります。

正直、こちらにはさほどメリットはないです。「宣伝になる」といってもさほど効果はないでしょう。通販番組を見る世代に向けた雑誌ではないですし、イメージアップになるわけでもないですから。好意として、許可してあげているという状態です。

基本的にある条件を満たしていれば、承諾をしているのですが、いくつか「それって理不尽じゃないの??」なところは、お断りしています。

まず、QVC関係。向こうが頼んでいるわけで、こちらが「許可してあげている」という立場なのですが……なぜかあちらから「著作権使用許諾書」が送られてきて、いろいろと私が書かされるのですよ。印も必要。なんじゃそりゃ? というわけで、その「態度」に納得できないので、お断りすることが多いです。

そしてここ数日、一度紹介したことのある美容器具の通販で、「ぜひ、誌面をテレビに映したい」という要望がきています。うちのほうとしては、条件を満たしてくれさえすれば、OKしてあげるということで、何度かやりとりしているのですが、この会社、なかなか商魂がたくましく、その条件を越えた、ずうずうしいお願いばかりがきます。

今日来た企画書には、「掲載されたページを何冊か重ねる」という絵柄を撮影したいという内容が。

え?? 1回しか掲載していないよね? 何冊もってことは、「何度も紹介されています!」っていう演出ですか??

もちろん、許可しませんでしたよ! もうっ。

| | コメント (0)

パナソニックの加湿空気清浄機 その後

例のナノイーの加湿空気清浄機、ブログに書いてすぐに届きました。

箱を開けてみると…。

デカイ

思ったよりも厚みがあって、存在感が。なにかに似ている…。そう、

シュレッダーみたいだ

早速タンクに水を入れて、寝室にセット。ハウスダストを感知して、空気清浄してくれました。夜は加湿空気清浄モードで運転してみたところ、朝おきたときにも、なんだか爽やかな感じ。のどと鼻の調子もよいし、肌の調子もいい…ような…気がする。

でも、ちょっと音が気になりますね。ずっと音がしているなら、だんだん気にならなくなるかもですが。加湿機能をオンにしているとき、「ジジッ。……。ジジッ」と間を空けて、音がします。ちょっと耳障り。

なんだか虫に襲われる夢を見そうです…。

効果とあわせて、総合評価としては、「買ってよかった!」ではありますが。

| | コメント (0)

上司力

こういう時代に責任者やリーダーになった人って、本当に大変です。

なにせ、ここまで世界的に景気の悪かったときの経験やノウハウがないんですもの。日本の経済も、発展中は「成功例」がたくさんあったけど、停滞中に成功例を見つけるのはなかなか難しい。前者と同じことをやっていても上司として成り立っていた時代は終わり。

そんな今こそ、リーダー力を考えなければ。

人間だもの、物事を決めるときには当然、迷いはするけれど、迷いや戸惑いをモロ見せしていては、部下だって、迷える子羊。その部署は、波間に揺れる船頭なき小船。

決断力と責任感のない上司には、(情という意味で)ついていってあげたくても、本当に、ついていきようがない……。

「いろいろ意見を聞いてくれる上司が理想」だったのは、上司というものが一般的にワンマンだった時代のこと。今、もう、それは過去。

いろいろ意見を聞いてくれる……のではなく、「ひとりでは決められない」だけかもしれない。

もう、仕事も、リスクとリターンをセットで考えなければ。日本人の最も苦手なことですけどね。

ちょっとエラそうなことを書きましたが、私自身は中間管理職なので(笑)、まだそこまでのリーダーの権限はありません。

ただ、クリエイターでありマネージャーである立場としては、「思いつきを仕事にする」(私のスローガンです・笑)ための行動力は、示したいと思っています。

| | コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »