« YouTubeの『クリスチャン ザ ライオン』と、愛犬の想い出 | トップページ | クリスマスイブは…… »

ポトフにこっています

めっきり寒くなりましたね。そんなに寒がりではない私も、あたたかいものや、カラダを温めるものを食べたくなります。

最近、休日はポトフをつくることが多いです。「pot au feu」(火にかけた鍋)は、フランスの家庭料理。

お肉(だしにもなる)とゴロンと大きめに切った根菜を香辛料をいれたスープでじっくり煮て、具材に塩や粒マスタードなどをつけていただくものです。

圧力鍋だとすぐに火がとおりますが、それだと情緒がない(笑)ので、ル・クルーゼの鍋の出番です。

先日は和風でつくってみました。牛スネ肉と、大根(下ゆでしておく)。昆布で出汁をとったスープ。塩と粒こしょう。できたものには、ゆずこしょうをつけていただきました。ウマ~~。

スープは飲みきらず、次回にはにんじん、レンコン、長ネギ、じゃがいも、ようじでとめて崩れないようにしたタマネギを投入。まあ、余っている野菜、すべて投入ぐらいの勢いです。ローリエの葉などもいいれて、ちょっと風味をプラス。牛スネのうまみを吸った根菜がうまい!!

たっぷりの野菜もペロリです。塩やゆずこしょうのほか、フランスで買ってきたいろんな風味のマスタード、モロッコ料理の辛子であるアリッサ、和風ねりからしなど、いろいろ好みでつけながらいただいています。

一人暮らしの私にとって、根菜は日持ちするので、まとめて買ってもうれしい食材。ですが、こうやってポトフとつくると、あっという間に食べきってしまいます。

|

« YouTubeの『クリスチャン ザ ライオン』と、愛犬の想い出 | トップページ | クリスマスイブは…… »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« YouTubeの『クリスチャン ザ ライオン』と、愛犬の想い出 | トップページ | クリスマスイブは…… »