« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

よいお年を!

札幌に帰省しています。今日は晴れていて、明るいです。

09年、みなさんにはどんな年でしたか? あまり明るい話題のない日本ではありましたが、こういうときだからこそ、近い人との関係が強くなったように思います。

「不況は悪いことばかりではない。不況のときにこそ、本物だけが残り、そうでないものは淘汰される」と、佐藤可士和さんがおっしゃっていました。

ホンモノでいきましょう!

| | コメント (0)

ミキモト真珠島

ミキモト真珠島
ミキモト真珠島
海女さんの実演、見ました!
真珠のあれこれ、とても勉強になりました。とくに高価なものを見極める力がついたようです。
目がこえて困ります(笑)。

| | コメント (0)

伊勢

伊勢
昨日はお伊勢参りしてきました。とても気がよく、気分爽快でした。写真はまたいずれ。
夜は志摩観光ホテルでアワビのステーキをいただきました。それも後日アップしますね。
今朝のホテルからの眺めをご覧くださいませ。

| | コメント (0)

矢場とん

矢場とん
矢場とん
名古屋のみそかつ。たまにはいいかも。ロースにしました。

| | コメント (0)

クリスマスイブは……

昨日は校了だったので、デートや友人とのアポイントはいれずに、コツコツ仕事をするつもりで、なにも予定していませんでした。

打合せで別ビルにいったときに、同期Yもどうやら今夜は仕事で遅いことがわかりまして。

お互いに遅い時間ではあるが、仕事が終わったあと、食事をすることになりました。同期Yは、私の雑誌の担当をしている、仕事パートナーでもあります。

家も近所なので、私のうちの近くのワインバーで、一緒に過ごしました。

……仕事や会社の話ばっかりしながら……(笑)。

ちっとも色っぽくないですが(Yは既婚者だしな)、仕事の絆は深まったと思います。

| | コメント (0)

ポトフにこっています

めっきり寒くなりましたね。そんなに寒がりではない私も、あたたかいものや、カラダを温めるものを食べたくなります。

最近、休日はポトフをつくることが多いです。「pot au feu」(火にかけた鍋)は、フランスの家庭料理。

お肉(だしにもなる)とゴロンと大きめに切った根菜を香辛料をいれたスープでじっくり煮て、具材に塩や粒マスタードなどをつけていただくものです。

圧力鍋だとすぐに火がとおりますが、それだと情緒がない(笑)ので、ル・クルーゼの鍋の出番です。

先日は和風でつくってみました。牛スネ肉と、大根(下ゆでしておく)。昆布で出汁をとったスープ。塩と粒こしょう。できたものには、ゆずこしょうをつけていただきました。ウマ~~。

スープは飲みきらず、次回にはにんじん、レンコン、長ネギ、じゃがいも、ようじでとめて崩れないようにしたタマネギを投入。まあ、余っている野菜、すべて投入ぐらいの勢いです。ローリエの葉などもいいれて、ちょっと風味をプラス。牛スネのうまみを吸った根菜がうまい!!

たっぷりの野菜もペロリです。塩やゆずこしょうのほか、フランスで買ってきたいろんな風味のマスタード、モロッコ料理の辛子であるアリッサ、和風ねりからしなど、いろいろ好みでつけながらいただいています。

一人暮らしの私にとって、根菜は日持ちするので、まとめて買ってもうれしい食材。ですが、こうやってポトフとつくると、あっという間に食べきってしまいます。

| | コメント (0)

YouTubeの『クリスチャン ザ ライオン』と、愛犬の想い出

ときどきチェックする、さとなおさんのブログで紹介されていてきになったので、早速、YouTubeへとんでみました。

二人の青年とライオンのストーリーです。日本語のテロップが入っているので、わかりやすいです。

人と動物の再会モノって、なけますよね。(盲導犬とモト・パートナーだった人とか、盲導犬とパピーウォーカーの話とかね)。

大きなライオンが人に甘える姿のなんとかわいらしいこと!

YouTubeのリンクはこちら。BGMがベタです(笑)。 音がありますので、会社からアクセスの方は気をつけてね。

動物との再会といえば。こんな思い出があります。

私が小学生のころに、「自分でメンドウを見る」ことを条件に飼うことを許されたメスのシェパード、ローラ。私設の警察犬訓練所に買いにいったのですが、明るくてかわいい、無邪気な仔犬でした。シェパードですから仔犬といっても大きいのですけどね。

8ヶ月(だったか1年だったかな)たったところで、3ヶ月ほど、訓練所へ。ちょっとさびしいけれど、大型犬だからこそ、しつけが大事。せっかくシェパードという、賢い犬種なのだから、よりよい教育をうけさせなければ。(けっこう教育ママな私です)。

無事、訓練期間を終えて、訓練所に迎えにいったときのこと。久しぶりに見るローラは、頭の中の印象よりも大きく見えて、ちょっとびっくり。シェパードってこんなに大きかったっけ? と思いつつ。
そんなローラは私たち家族をみつけると、再会をよろこんで、思いっきり耳をペタンと後ろに倒して愛情を表現しつつ、ゼーハーゼーハーと興奮して息を荒くしながら、こちらへやってきました。

黒と茶の毛で覆われた、小熊のような大きさでありながら、オットセイのような愛くるしい表情のローラ。本当にかわいかった!!(笑)。

もうひとつ、ローラの話。そんなローラは仔犬のころは、うれしいとよく失禁していて。屋外で買っていたのですが、私たちが家から外へ、彼女のところに遊びにいくと、喜んで、よく、ジョジョ~~ッともよおしていました(笑)。
さすがに大きくなってきて、もう、「喜びの尿意」がなくなって数ヶ月たったころのこと。家族旅行のため、ローラを近所の祖父母のうちで、一晩、預かってもらいました。
楽しい家族温泉旅行を終えて、ローラを迎えにいったとき。大人になっていたはずの彼女、たったひと晩離れただけだってのに、もう、やらなくなって久しくなっていたはずの「喜びの尿意」で私たちを歓迎してくれました(笑)。よほど不安で、「捨てられたかも」と思っていたのでしょうね。成犬になってからのおもらしでの、愛情表現。うれしいやら、おかしいやら。

愛しのローラ。私が高校生のころに病気で亡くなってしまったのですが、今でも最愛のコです。

誰しも死ぬことはこわいけれど、もし、天国というものがあって、そこで待っているローラに会えるのだとしたら…それだけは楽しみと思える私です。

| | コメント (1)

当たった!

mixiアプリの「当たれ!HONDAマイミくじ」。

そんなに期待もしていないけど、毎日、コツコツと銀はがししていました。

当選者が表示されているのをみながら「どうせ、そうそう当たるもんじゃないし」と何気なく、今日の1枚目のくじを削ってみたら…。

Yahoo!ポントが3つそろいました!

うれしい!と思って、手続きの画面へ移りました。ちょっとメンドウな手続きだなあと思いつつ。

で、いったい100ポイントってどんな価値があるのか、調べてみたら。

1ポイント=1円。というわけで、100円ですね。あはは。

Yahooでショッピングすることはあまりないし、無理に買い物してもしょうがないし。有効期限もあることだし。どう使えばいいかしら??

まあ、当選ポイントそのものよりも、「当たった」という事実のほうがうれしいですね。先日、年末ジャンボをバラで3000円分買ってみました。

この勢いで、当ててみたいものです!

| | コメント (0)

クリスマスツリー

クリスマスツリー
うちのマンション、派手に飾るのが好きで、ロビーに入ると大きなツリーがあります。
エントランスもハデハデなんだけどそれはまたいずれ。
とにかく、少しもエコじゃないです。いや、むしろバブル(笑)。

| | コメント (0)

お掃除やさんにきてもらいました

大掃除の季節です。

自分でいうのもなんですが、私はふだんから「日々是、捨てる」を心がけているせいか、部屋はスッキリしているほうだと思います。

ここに住む前から、間取りや部屋の収納力にはこだわりがあったので、シングルで住むのには広く、「しまうスペース」が豊富だからかもしれません。

でも、いつも悩んでいることが。それがバスルームです。カビとかじゃないんです。バスルームのミラーのカルキ汚れです。ウロコ状の白い水滴の跡。市販・通販、効きそうな強めの洗剤をつかってがんばってきましたが、どうしてもとれないのです。白くにごったミラーや、白い水の跡が残る床面を見るたび、「バスルームごと買い換えたい」くらいの気持ちになっていました。

こうなったら、プロの手をかりるしかない。

年末はいい機会なので、プロ探しをしました。いろんな会社を比較したいので、いくつかの業者に一度で見積もりをとれるサイトから探して、いくつかの業者とメールや電話で交渉して、ある業者さんにお願いすることにしました。そこは「浴室のミラーをきれいにできる!」と自信をもっていたのが決めてになりました。もちろん、金額は交渉して下げてもらいましたけど。

私のリクエストは、浴室掃除、レンジフード掃除、窓2面の掃除。話がまとまり、その来訪日が昨日だったわけです。

うちのマンションの来客用駐車場は私が予約。男性と女性の組み合わせできてくれました。女性が窓拭き、男性が換気扇の分解掃除(あまり汚れていなかったそうです)と、浴室の掃除。基本は手作業でしたが、浴室のミラーのカルキ汚れ落としは、電動マシンでカルキを削り落としたようです。

約4.5時間。丁寧にやってもらうと時間がかかるものですね。当初は、「そんなに時間かからないはず」と思っていたのですが、これが、みっちり、かかりました。一度これを経験すると、「よくある掃除サービスの2~3時間パックなんかじゃ、きっと物足りないのだろうな」と思いました。

ホントは私も同時進行でほかのところの片付けや掃除をしようと思っていたのですが、その前日、朝4時までバーボン飲んでしまったので、二日酔いでダウン(笑)。寝不足もあってちょっと頭痛もあったので、掃除の間は書斎にこもり、マッサージチェアで体をほぐしながら、手に入れたコミック「仁」をよみふけるという、なまけものぶり(笑)。お酒が抜けてちょっと体がラクになってからは、いちおう、本棚の整理なんかをしましたけどね。

すべて終わってみると…。ああ、きれいって気持ちいい!! 窓がきれいってこんなに明るいのね~。一点のくもりもないクリアな美しさは自分の掃除ではかなえられませんでした。網戸も明るくきれいで、存在が見えないほどに。

浴室もスミズミまですっきり。そしてミラーがツルツル、クリア~~!! 新築のマンションに入居しなおしたような気持ちになりました。

汚くして暮らしているつもりはなかったけれど、よりきれいになったマイハウス、ますます大好きに。

ちょっとお金はかかるけれど、時間の節約とか、自分がラクしたいというだけでなく、「プロの手、プロの技、そして他人の目線できれいにしてもらう」というのは、結果的にとても納得できて、トクだなあと思ったわけです。

| | コメント (0)

錯視

んん~、どうしてこの動画、右回りになったり左回りになったりするんでしょ??

http://www.procreo.jp/labo/labo13.html

| | コメント (0)

来年も、ステディ。

来年度のマリノスの年間シートの継続申し込み、しました。

いつものメンバーで、7席です。

じつは今年は数試合しか行っていませんから、一試合あたりの単価はかなり高いです(笑)。来年ももしかしたらあまりスタジアムへ行かないかもしれないけれど、来年も私とマリノスはステディheart02でいきます。

愛を表現したく、珍しく絵文字を使ってみました(笑)。

7人分をとりまとめて、申し込みをして、カード引き落としをする係をつとめることが、私のマリノス仲間に対する恩返し。

7人分のデータを申込書に書くわけですが、今年は実は、「忙しいから、今度の週末に書類つくろうっと」と気楽に考えて、いたのですよ。それが先週土曜、12月5日でした。

さて、実際、書類を作って申し込もうと思ったら、あれれ、書類に

「12月2日消印有効 締め切りはいかなる場合も受け付けません」

だって!!

うわ~、もう過ぎてるよ!! 

しかし、2日消印ならば、3日とか4日に届くところもあって、きっと土日をはさむことを考えると、「たぶん、7日が実質の締め切りのはず」。

とりあえず、大口のサポーターであることをアピールするために、封書には「7席分です」と書き添えてみました。

月曜日、無事に申し込みが終了したメールが届きました。ほっ。

というわけで、来年もよろしくね!

| | コメント (3)

フロリレージュと、レストランI

人気で予約がとれないフレンチレストラン「カンテサンス」。そのスーシェフが独立したという、外苑前のフロリレージュ。HPはこちら。

以前から気になっていたので、11月の初めにディナー予約の電話を入れてみたところ、「今のところ、とれるのは11月24日です」みたいな状態だったので、その日に予約して、楽しみにしていました。親友Kと、プライベートディナーです。

フードジャーナリストのブログや、食べログなどで「場所がわかりにくい」という情報があったのですが、事前に行き方を調べておけば、なんてことないです。

私たち以外はカップルだらけ。ディナーは1コースのみだったので、隣の席を見ると、これからサーブされる料理がわかっちゃいます。「●●に見立てた△△」とか、ソースが泡になっているとか、ちょっとエルブジ的な演出もあります。(今はそういうの、あんまりはやっていない気がするが)。

おいしかったですよ、ふつうに。でも、特筆するほどとか、めちゃめちゃ感動するほどではなかったなあ。

小さな店なので、カップルの記念日などによいのではないでしょうか? また行ってもいいとは思うのですが、窓がない店なので…。ディナーならよいかな。ランチはやっぱり光がいっぱい入る眺めのよい店がよいです。

あと一軒ご紹介。こちらはビジネスランチで訪れました。レストランI。HPはこちらです。

東郷神社の隣の敷地にあるフレンチ。東京の野菜やジャパニーズスタイルにこだわったフレンチです。仕事の会食でしたが、フランス人の男性ふたりも同席。そのフランス人たちが「おいしい」と言っていたので、合格かと思います。

とてもシンプルな料理でした。松嶋シェフも気軽にやってきて、フランス語で挨拶していきましたよ。

「地元の野菜をつかうことにこだわっている」ことは、正直、どうでもよかったです。だって、北海道や長野の野菜がおいしいのであれば、私はそっちのほうがいいんだもん。

フレンチにしてはさっぱりとしたシンプルな味と、やわらかい食感を大事にした火入れはよかったと思います。

ランチは、おばさまたちいえ、マダムたちでいっぱい。大人気のようでした。

| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »