« 金沢 最終日は回転寿司 | トップページ | フロリレージュと、レストランI »

『チャイルド44』を読む

チャイルド・フォーティーフォー、と読みます。

チャイルド44 上巻 (新潮文庫) Book チャイルド44 上巻 (新潮文庫)

著者:トム・ロブ スミス
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

チャイルド44 下巻 (新潮文庫) Book チャイルド44 下巻 (新潮文庫)

著者:トム・ロブ スミス
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

トム・ロブ スミスは若手新人。この作品は2008年「このミス」の海外部門1位だったようです。

舞台はスターリン体制のロシア。最初は誰が主人公かわからないし、エピソードなのか本筋なのかわからない展開です。ここはガマンして読みましょう。

そのうち、「この人が主人公かな」という、カンジの悪い人がでてきます。ネタバレしちゃいますが、「レオ」という名前です。

でも、まだ子供の殺人事件らしいものはしばらくでてこない…。

とにかく、上巻の半分くらいまで、ちょっと我慢強く読みすすめないとなりません。しかし、それを過ぎると、急にいろんなナゾが津波のように押し寄せてきます。

誰がよい人で、誰が悪い人か? 体制と反体制。どちらが「正しい」のか? 混乱すると同時にワクワク感が! ひどい悪役もでてくるし、はらはらする逃亡シーンもあります。 

これ、映画化するのにピッタリだな~と思って読んでいたら、すでにリドリー・スコット監督で映画化が決まっているようですね。

私の頭の中では、主人公のレオはハンサムなはずです。実際、そういう記述もでてきます。(レオって名前でだけで、ハンサムっぽい感じがしますよね~)。

妻の役には美しくて従順に見えつつタフな人がよいですね。

…通勤時間を利用してコツコツ読み続けましたが、読後はスッキリ、よい気持ち。面白かったです。なにかと「都合いいじゃん!」みたいなこともありますが、それは大して気にならないです。

続編がすでにでています。私も早速、上巻を読み始めました。

グラーグ57〈上〉 (新潮文庫) Book グラーグ57〈上〉 (新潮文庫)

著者:トム・ロブ スミス
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 金沢 最終日は回転寿司 | トップページ | フロリレージュと、レストランI »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金沢 最終日は回転寿司 | トップページ | フロリレージュと、レストランI »