« コンパクトな台風 | トップページ | おひとりさま »

カツマとカヤマ

今発売中のAERAに、勝間和代さんVS香山リカさんの対談が掲載されています。

昨日、親友Kから、「読んだ、読んだ? あの対談!」と聞かれたのですが、広告は見たけどまだ読んでいませんでした。

すると「あれね~、完全に香山さんのほうがうまいね」。なるほど。

今日、先ほどまでスタジオで撮影に立ち会っていたのですが、待ち時間中に、アエラを持っている人がいたので、読ませてもらいました。(その人のその対談見たさに買ったそう)。

読んでみて、ホントだった。勝間、劣勢。香山さんのほうが話しの運び方がうまい。

それぞれ主張する内容は、まあ、別の生き方をしているんだから、優劣の問題ではありません。でも、対談となったときに、うまいのは香山さん。

やはり、一般の人や心を病んだ人にたくさん会い、たくさんの話を冷静に(ここ大事よ!)聞き、そして多くの人の心に「腑に落ちる」ことを語る職業…そんな香山さんの経験が見事に生かされています。

一方の勝間さん、ご自身のことを語るほどにドツボにはまっています。というか、勝間さん、素直な人なんだなあ。こういったらこう切り返されるとか、あまり考えず、やや感情的に語っています。

香山さんはご自身のことはあまり語っていないんですね。いろんな、今どきの人たちの例を分析しているんです。

しかし、勝間さんは最初から分が悪かったともいいえます。同じ号のAERAに、対談ではなく、やはり記事としての「カツマー」の話が掲載されていて。それの論調が、どう考えても香山さん寄り。…それはちょっと、なあ。

この対談、どうして受けちゃったのかな、勝間さん。だって、対談するもなにも、結果は見えていたはずです。

「誰もが勝間さんになれるわけではない」。

こんな「当たり前」のことを香山さんに攻められたら、そこはどうしようもないですよね。

本人としてのカツマを語るしかない勝間さん。カツマさんになれない一般の例を大量に持ち込む香山さん。ねっ? 

でも今調べてみたら、勝間さんの近著「まねる力」は朝日新聞出版からでていました。まあ、朝日にとっては、勝間さんがたたかれようが、それも宣伝なわけですね。

香山さんの「しがみつかない生き方」は幻冬舎か~。ヒット中の勝間さんをいじって、ヒットにつなげるというやり方、いかにも、ですね。

私? 勝間さんにはなれないし、そうなる気もないけれど、キライじゃないですよ、がんばる人って。

AERA MOOK 勝間和代「まねる力」 Book AERA MOOK 勝間和代「まねる力」

著者:勝間 和代
販売元:朝日新聞出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

しがみつかない生き方 しがみつかない生き方

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

|

« コンパクトな台風 | トップページ | おひとりさま »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コンパクトな台風 | トップページ | おひとりさま »