« 大原麗子さんと海外の空港で | トップページ | 私、叱っているの? 怒っているの?  »

『絶望ノート』を読む

『葉桜の季節に君を想うということ』の評価が高かった、歌野昌午さんの作品。『葉桜…』に小気味よく“やられた!”を味合わされた私なので、『絶望ノート』も楽しく読みました。

絶望ノート 絶望ノート

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

中学2年の主人公、太刀川照音。タチション。そのショオンという名前は、ジョン・レノンに心酔する父が名づけた名前です。

照音の日記を読むカタチで綴られているのですが、日記のよると彼は学校でいじめにあっているらしい。かなり陰湿ではあるが、先生も周囲も気がつかない。

そのうち、耐えられなくなった照音は、自らがみつけた石を神とみたてて、「オイネムギプト様」とあがめ、そしてその神に祈るのだった、「アイツを殺してください!」と。その願いどおりに、友人たちが死んでいき…。

ううむ、一瞬、『デスノート』? と思ってしまいますが、なんかもっと、暗く、ジメッとした感じがあります。

先日ご紹介した『贖罪』もそうですが、同じ事象でも、見る立場や描く立場で、180度変わって見えることがいっぱいです。

歌野さんらしいラストシーン、先に読まないように(笑)。ちなみに今回は私は、ラストの想像はなんとなく予想した感じでした。

|

« 大原麗子さんと海外の空港で | トップページ | 私、叱っているの? 怒っているの?  »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大原麗子さんと海外の空港で | トップページ | 私、叱っているの? 怒っているの?  »