« ホワイトグラデーションのネイル | トップページ | 俊輔のエスパニョール移籍 »

『NINAGAWA 十二夜』 を観る

先日、新橋演舞場で公演中の歌舞伎『NINAGAWA 十二夜』を観てきました。

もともとは友人が行く予定だったのですが、彼女のご親戚に不幸があり、私がピンチヒッターで行くことに。

演舞場では何度か歌舞伎を観ていますが、今回は、作/ウィリアム・シェイクスピア、演出/蜷川幸雄という、異色作。いちおうイヤホンガイドを借りたけれど、言葉やシチュエーションがふつうの歌舞伎に比べてわかりやすく、華やかでした。

尾上菊之助が主役なので、男女の双子のそれぞれを演じます。しかも、そのうちの女性のほうは、ストーリー上、男装しているという設定。なかなか複雑ですね。

この双子が入れ替わり登場する「早変わり」もひとつの見せ場ですが、それはそれはすばやくイメージをガラリと変えます。もし、一人二役ということを知らないでみている人がいるとしたら、絶対に一人二役と気づかないでしょう。

私は菊之助さんファンではなかったけれど、彼の努力と才能には拍手を送りたいです。声も所作も美しく、観る人を引き込むオーラをもっていますね。

特筆すべき役者は、市川亀治郎。今回はちょっとちゃめっけのある、憎めない悪女の役なのですが、まあ、これがもう、女性にしか見えません。いわゆる「美しい女形」というのではなく、「いるよなあ、こういうやり手のおばさん」という感じなんですよ。とても大河ドラマの「風林火山」の武田信玄だったとは思えない(笑)。

蜷川演出がよかったのかどうかはよくわからないけれど、シリアスなシーンとコミカルなシーンのバランスや、魅力的なキャラクター、男女の一方通行恋愛大会みたいな部分をよく描けていたと思います。

歌舞伎、そして蜷川という名前ではありますが、私の最終的な感想は「シェイクスピア演劇って、面白いなあ」です。

最後はすがすがしい気持ちで終わる舞台、ふだんの歌舞伎とはちがって、カーテンコールが華やかでした。

公式HP(http://www.kabuki-bito.jp/juniya/)もきれいですよ。ぜひご覧ください。

|

« ホワイトグラデーションのネイル | トップページ | 俊輔のエスパニョール移籍 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホワイトグラデーションのネイル | トップページ | 俊輔のエスパニョール移籍 »