« 味噌煮込みうどん | トップページ | やまだ紫さん »

丸に剣花菱

私の家紋は「丸に剣花菱」というものです。こんな感じの図柄。

Kamon

文字通り、丸の中に4つの花びらをもつ花菱があって、花弁の間に剣があるんです。父方に由来するわけですが、武士しかつけられない紋という説があります。

同じ家紋を持つ有名人は、勝海舟。

私の名字と家紋を合わせて検索すると、どうやら清和源氏系→甲斐源氏系とでてきます。

まあ、あてにならないですけどね。

単純にデザインとして好き! 花も剣もあって、丸でまとめてあるなんぞ、私っぽい気がします(笑)。

|

« 味噌煮込みうどん | トップページ | やまだ紫さん »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ウチの家紋もこれです。
もう家も変りおじい様も亡くなったので、詳しくは判りませんが、おじい様はかなりお金持ちで、その前はもっとお金持ちでかなりの権力者だったそうです。
おじい様の家には代々のご先祖様の写真や肖像画が飾ってありましたが、写真は明らかに将軍みたいな人でした。
それよりずっと前のは、豊臣秀吉みたいな格好をした、将軍か殿様みたいな絵でした。
格好からすると安土桃山かそれより少し前くらいだと思いますが、その時代に肖像画を書かせるくらいの人物ですから、それなりに偉い人だったのだと思います。
ちなみに家の形は武家屋敷の一部が、明治大正期の洋館に改築されていました。
家の端から端まで80m位あって、使用人(めいど)用の寮が隣にありました。
庭は日本庭園で池があり、そこには橋がかかっていました。
料亭でも何でも無く、普通の民家です。

山本屋総本家の煮込みうどんは、名古屋人は殆ど食べません。
店に来るのは他県からの出張や観光客や名古屋に来た芸能人がよく行きます。
本当かどうか判りませんが、名古屋出身の芸能人は決まって山本屋によく行くと言います。
味付けは良いのですが、あの硬い麺と高い価格は名古屋人にも不評です。
本来の味噌煮込みうどんを知るには良いと思います。

投稿: 名古屋人 | 2010年1月17日 (日) 21:48

名古屋人さん、初めまして。コメントありがとうございます。
もしかしたら、家紋をたどっていくと、とてつもない遠い親戚(?)かもしれないですね!
大変ご立派なご先祖様のようですね。うちも父方の先祖は、貴族院の議員だったらしいので、当時は立派だったんじゃないでしょうか??(笑)。こんな子孫ですみません。

山本屋総本家、初めてでしたので、わかりやすく観光客として味わいました。おっしゃるとおり、麺…というより、練った小麦のヒモは、おいしいとは思えませんでした。もし、名古屋の方からみても「これぞ、おいしい味噌煮込みうどん!」というのがあったら、ぜひ教えてくださいね!

投稿: マリコ | 2010年1月18日 (月) 01:16

ヒモ・・・(笑)
どうも名古屋出身の芸能人の言う事はあてになりませんね。
他県の方から感想を聞くと、美味しいという意見は聞いたことがありません。

名古屋で人気なのは、もっと普通の硬さの麺で、具入りで価格も800円程度の物です。
でも香川県のように頻繁に食べるわけでも無く、食べる時はやっぱり味噌と言う感じです。
名古屋は味付けがやたら赤味噌が多く、味噌汁、トンカツ、おでん、さばの味噌煮なども普通は赤味噌です。
味噌カツでは「矢場トン」というところが有名でこれも値段が高く、他県者向けという感じですが、これは美味しいです。
名古屋は都市部の割りに、結婚しても親といっしょに住む家庭が多いので、味噌料理は家庭で食べることが多いです。


家紋ですが、色々調べたら少し判りました。
この家紋は、平家の一族らしいです。
福岡県のうきは市というところから、ちらばった子孫がこの家紋を多く使用しているそうです。
日本中の同じ家紋の人がそうかは判りませんが、確かに私のおじい様のおじい様はその近くの出身です。
ちゃんと合ってたのでビックリです!

先祖は物凄い豪族だったというのはよく聞いていましたが、平家までさかのぼると調べることが出来ませんので、そこまでの間が知りたいです。

勝海舟との関係も知りたいですね。

投稿: 名古屋人 | 2010年1月21日 (木) 00:21

うちも、丸に剣花菱です。士族出身ですから、武士の家紋であるというのは本当かもしれません。平氏出身です。確かです。中世のころは、岐阜の飛騨地方の国人領主、一族崩壊後の関ヶ原以降は主家の佐竹氏に従い秋田へ行っております。とくに目立つこともなく、平穏に続いております。ブレイクしたいものです。

投稿: 東京人 | 2012年2月18日 (土) 14:34

私の家紋も丸に剣花菱です。
大阪在住ですが、曾祖父は愛知県出身です。
武士か町人かはたまた農民か
分かりませんが、古い風呂敷のようなものに
染めてあります。
鈴木姓は、愛知、静岡そして東日本に多い姓
のようで多くの遠い、見ず知らずの親戚が
いると思われます。
もしかしたら、あなたとも血縁関係かもしれませんね。
来年この紋付き袴でブラジルへW杯観戦を予定!
人生は旅とサッカーだあー!
只今、共に旅する方、募集中!

投稿: すずきBaggio | 2013年4月21日 (日) 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105589/29473864

この記事へのトラックバック一覧です: 丸に剣花菱:

« 味噌煮込みうどん | トップページ | やまだ紫さん »