« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

物置部屋を書斎へ昇格させたい

私のウチ、じつはひとつ余っている部屋があります。

買うときに「誰かと一緒に住むこともあるかもしれないし」という気持ちもあって、一人で住むには広めを選択したわけです。

その部屋…、玄関から入ってすぐの部屋なんですが、入居する前にサイズを測って天井までの大きな本棚をふたつ、入れました。あとは作りつけのクローゼット(シーズンオフになった服を収納しています)、12本入るワインセラー、そして、私の商売に欠かせない製品の倉庫になっています。

最近、話題のマッサージチェアを買おうかな、と思っていて。それをこの本棚倉庫部屋においてみようかな~と。肩こりが持病というのもありますが、本棚を前に、ゆっくり静かに読書するのもいいなあ、なんて思って。マッサージチェアはベッドルームに置くというテもありますが、ベッドルームの雰囲気は、それはそれで壊したくないしね。

Panasonic マッサージソファ サンドブラウン&マロンブラウン EP-MS10-ET Kitchen Panasonic マッサージソファ サンドブラウン&マロンブラウン EP-MS10-ET

販売元:パナソニック
発売日:2009/05/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

でね、今日はこの本棚倉庫の大掃除&大整理。本棚倉庫部屋あらため、書斎にむけて、がんばっています(結局、作業は終わらなかったので、現在進行形。笑)。汗だくになって片付けたんだけどね。いかんせん、モノが多いよ。

本棚はこのまま、その部屋におきっぱなしにしているものをもう少し見直して、「マッサージチェアに座って読書できる部屋」にしたいな。

あ、もちろんですね、今後も、もし誰かがウチに転がり込んでくることがあれば、すぐにその部屋をあけられるようにはしておきたいと思っています。

…まずは、かまちに狙われる!?

| | コメント (0)

『造花の蜜』を読む

海外出張の際、機内や眠れないときに読もうと思って、もっていったのが、連城三紀彦のミステリー『造花の蜜』。

造花の蜜 Book 造花の蜜

著者:連城 三紀彦
販売元:角川春樹事務所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

神奈川新聞ほか、いくつかの地方紙に連載されていたものらしいです。

幼稚園から子供が連れ去られた香奈子、しかしその幼稚園の先生は、その香奈子こそに子供を引き渡したと証言。いったい子供を誘拐したのは誰か? 

犯人は数人のチームと思われ、お金の引渡しを渋谷のスクランブル交差点の真ん中に指定する。なぜなんだ?

元の夫や、姑にも怪しいなぞがありそうだし、読者にとっては、香奈子の秘密とその子供の出生の秘密も気になるわけで…。

本の3分の2くらいまで、ぜんぜん解決しないし、犯人もわかならいし…。

新聞に連載されていただけあって、どの章にも、謎がちりばめられています。次を読みたい気持ちで、勢いよく読み進むはず。

…でもね、読後感としては、その謎を串刺しにする、「真実」が、なんだかちょっとありえない感じがして。ちょっと残念です。

連城三紀彦の作品といえば、ドラマ化や映画化された『恋文』がよかったな。渡部篤郎が主演したドラマもありましたが、ショーケンと倍賞美津子のが印象に残っています。

恋文 (新潮文庫) Book 恋文 (新潮文庫)

著者:連城 三紀彦
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


萩原健一&倍賞美津子主演!余命いくばくもない昔の恋人のもとへ走った夫と、残された妻と子の葛藤。男の人生、女の人生、人間としての人生をみずみずしい感性で描く愛の感動作!■恋文■ 萩原健一&倍賞美津子主演!余命いくばくもない昔の恋人のもとへ走った夫と、残された妻と子の葛藤。男の人生、女の人生、人間としての人生をみずみずしい感性で描く愛の感動作!■恋文■

販売元:マンモスビデオ
楽天市場で詳細を確認する

[TBS系列2003年放送:DVD未発売] 恋文 〜私たちが愛した男〜 全5巻set◆渡部篤郎/水野美紀 [TBS系列2003年放送:DVD未発売] 恋文 〜私たちが愛した男〜 全5巻set◆渡部篤郎/水野美紀

販売元:リサイクルメディア館
楽天市場で詳細を確認する

今話題の「余命1ヶ月の花嫁」じゃないけど、私も余命がいくばくもなくなったときには、恋人と結婚してから死にたいんじゃないかな。逆の立場で。自分の夫が、自分と別れて余命の少ない昔の恋人のもとへいったなら、きっと、それは苦しいなあ。

| | コメント (0)

サングラスのせいだった!?

昨日書いた、「蹴られて怒鳴られた話」。たまたま、私の上司(女性)とヨモヤマ話をする時間があったので、話をきいてもらいました。彼女も通勤で表参道を利用していますし。

もちろん、「なんなのよ、その男!」と一緒に怒ってくれました。

しかも、その後、しばらくそのことを考えたらしく、あとになってから私に、

「ねえ、マリコ、あなたそのときサングラスかけていなかった?」と質問が。

そのときはかけていなかったけれど、外を歩くときはかけていて…。

つまりその日は、いかにもサングラスが似合いそうなファッションをしていました。デニムジャンパー、スカル模様のスワロのついた黒いTシャツ、黒いパンツ、そしてルブタン靴。シャネルのバッグ。

朝の通勤時間の地下鉄にはあまりいない、カジュアルなファッションで、しかも、後ろから見ると、私の実年齢よりかなり若く見えること、まちがいなし(笑)。若いね~ちゃんと思ってなめられたのか!?

「私も知らない人にどつかれたことがあるんだけれど、そのときはサングラスをしていたのよ! 同じ男かもしれないわね! サングラスをしているときって、そういうことがあるのよ」

話をきいていると、同じ人である可能性はあまりないと思うけれど、

「サングラスで闊歩しそうな、ナマイキそうな女に意味なくムカツク」みたいな男性って、いるのかもしれない。

まあ、ちょっと面白い分析でした。

| | コメント (0)

蹴られて怒鳴られる!?

今通勤前に加圧に行く途中で。
表参道で乗り換えようとホームを歩いていたらいきなり後から左足に誰かの足があたりいたたた!
左足の靴が飛びました。いたー、と唸りつつ右足立ちで靴を探していたら、恐らく私を蹴ったであろう中年ガッチリ体型のサラリーマン親父に、
「そんな急に前を歩くからだ」みたいなことをどやしつけられました。あまりの逆切れに、唖然。
横から優しそうなおばさんが、私を気の毒そうに見て、靴を拾ってくれました。
親父が去って、だんだんと怒りが。まだ足もやや痛い。だいたい、偶然だとしても靴が飛ぶほど後から女性を蹴って、しかも怒鳴るとは!
今かなり冷静になり、私にしては、急すぎて言い返せなかったのが悔しいが、前向きに、「もし言い返せば大変な騒ぎになったかもしれないし、私はよく堪えた」と思うことにしました。

| | コメント (0)

結婚してよかった! は、コレか

今午前4時ちょっと前。昨日起きたのが午前6時だから、もうすぐ24時間体制だな。

じつは昨日は会議だったために朝6時におきて、テーマ案などを練っていました。それで出勤してすぐ会議。その後、会合があったのだけれど、先方の都合でキャンセルされまして。

通常なら、ラッキーとばかり、ほかの人と飲みにいくのだけれど、しなくちゃいけないことがいっぱい。スーパーの開いている時間(~22時)には間に合わず、結果的に、夕食を食べないまま23時半までデスクワーク。

帰宅中のタクシーで、同じマンションの1階下に住むK女子と電話。彼女はお風呂上りとのこと。結果的に、彼女の家に夕食をごちそうになりに行くことに。

彼女のうちでがササッとつくってくれたおかずと、私が持ち込んだ自作の「なすの梅煮込み」(今、凝っていて何度か作っている)とで、私の深夜の夕食。

彼女がつくってくれた豆腐としいたけとねぎの煮物、パスタ&チーズのサラダ、おいしゅうございました。

おそらく。こうして仕事でヘトヘトになって腹ペコで帰宅したときに、「お疲れ様heart02」なんて、おいしい料理をだされたときに、男はきっと、「ああ、オレ、結婚してよかった~」なんて思うんだろうな、と、独身女子ながら、思うのでした。

| | コメント (0)

書店で見かけた

23日と28日は女性誌の発売ラッシュ。今日、ヘアサロン帰りに書店さんに寄ったら、平積みコーナーに雑誌がいっぱい。

その周りに立ち読みの女性もいっぱい!

ああ、まだ雑誌には力があるなあ、うれしいなあと思いつつ、どれどれ、ウチの雑誌はどうかしら? ふむふむ、平場におかれているな。競合雑誌もあるな。

あれ、ウチの雑誌だけ、チラ読み用の見本誌がない…と思っていたら、私のヨコで、それを手に取り読んでいる人が。

その女性はそれを積んである雑誌の上に戻し(このあたりから私はドキドキ)、その下から新品のウチの雑誌を持って(ドキドキ)、一緒に来ていて父親らしき人(カレシではなさそうだった)に「これ買う~」と報告していました。

おお、ありがとう! 目の前でウチの雑誌を選んでもらえて、光栄です! そのキャッチコピーは私がつけたんだよ、その表紙のタレントの撮影は私も立ち会ったんだよ、なんて、ココロの中でつぶやきました。

本当なら「あの~、どうしてその雑誌を買うことにしたんですか?」と聞きたいところだったけれど、さすがにそれはやめておきました。

| | コメント (0)

加圧トレーニング、その後

以前、加圧トレーニングを週1で始めたことをご報告していましたが、その後。

がんばっていますよ、続いています! 出張でいけなかったときはほかの日に振り替えてもらったり。昨日も通勤前に行ってきました。

トレーニング後は成長ホルモンがドバーッとでるらしく、かなりだるくて眠くなります。でも、トレーニングのたびに、確実に体が変わってきています。

すぐに見た目にはでないかもしれないけれど、3度おきぐらいに、ふと「あ、このトレーニングがラクになってきている」と感じる瞬間があったり、やはり3度おきぐらいに「あ、ちょっとここ、引き締まってきたな」とわかる部分があったり。

体重は減らないとは言われていますが、私は同時進行でちょいダイエットしているので、体重も1キロほど減りました。自慢するほどの数字じゃないけど。

ちょっと自慢しようと思って、相手と電話で話しをしているときに

「ねえ、私ね~、ちょっと筋肉ついてきたんだよ~(かわいく自慢)」

「へ~。 どこに?」

「えっとね~、二の腕!」

「ふ~ん。じゃあ、脂肪もとらなきゃね(明るく)」

「……。」

鋭いご指摘、ありがとうございます(笑)。

昨日はトレーニング日で成長ホルモンでてたはずで、しかも、夜はユニコーンのライブでよく動いたので、効率よく脂肪が燃えたはずです!

| | コメント (0)

クリント・イーストウッド

ご存知、俳優、監督。

今回も飛行機の中で「グラン・トリノ」を見ました。

考えてみれば、彼の作品は結構、映画館で見ています。「ミリオンダラー・ベイビー」は試写会だったけど。

 ミリオンダラー・ベイビー ミリオンダラー・ベイビー
販売元:TSUTAYA online
TSUTAYA onlineで詳細を確認する

「硫黄島からの手紙」はいちおう、映画館にいったっけ。

硫黄島からの手紙 [Blu-ray] DVD 硫黄島からの手紙 [Blu-ray]

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2008/06/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

でね、「グラン・トリノ」。ANA機内でみたのだけれど、結構よかった。作品としては同じく前回の出張のときにANAでみた(そればっかり・汗)「スラムドッグ ミリオネア」のほうがよかったんだけどね…。「グラン・トリノ」のなにがよかったって…

クリント・イーストウッドは、私のおじいちゃんに似ている!(笑)。

父方のじいちゃん。厳しい人でした。あんまり融通が利きそうもない、昔の人。

だけど私たち、孫のことは本当に大事にしてくれていた気がします。

グラン・トリノのイーストウッドの偏屈じいさんぶりはよかった! 年をとったらヘンなおばあさんになるより、ああいう偏屈じいさんになりたいものです(笑)。

イーストウッドって…、結局、「失われた家族を、別のカタチでとりもどそうとする年寄り」の話なんだよね。

「ミリオンダラー・ベイビー」もそうだけど、本当の家族とはわかりあえなかったという過去をもつ偏屈じいさんが、血のつながりはない別の誰かと、家族をとりもどそうとする、いわば、「じいさん再生ストーリー」なんだよね。

ネタバレになりますが、「グラン・トリノ」のラストちかく、私はうちのじいちゃんを見ているようで、涙がでてきてしまいました。

なにがスゴイって…。姿勢がいいんだよ、姿勢が。じいさんなのに。カッコいい。

帰りの飛行機では、仕事相手の方のオススメで、「ダーティハリー」を観ました。

ダーティハリー 特別版 [DVD] DVD ダーティハリー 特別版 [DVD]

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2008/10/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

髪がいっぱいあるよ、イーストウッド。でも声も立ち方も変わらない、今と。

むしろ今の「イケてるじいさん」としてのほうがカッコいい気がしました。若者ズキな私にはめずらしく、年取ってからのほうがステキよ、イーストウッドは。

細身で姿勢がよいこと。年齢を重ねた男子に必要な、カッコよさの条件です。

さておき。

「イーストウッドは、良くも悪くも、銃とともに歩んだ俳優だなあ」と思いました。

「許されざる者」は観ていないので、近日、DVDでも借りようかしら。「マディソン郡の橋」はぜんぜん好きじゃないけれど、もしかして、今見るといいのかしら??(そうか??)

ちなみに。

「ミスティック・リバー」は大好きよ。家族愛ゆえの愚かさとせつなさがなんともいえず。

ミスティック・リバー 特別版 〈2枚組〉 [DVD] DVD ミスティック・リバー 特別版 〈2枚組〉 [DVD]

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2004/07/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2)

「ラブソングじゃない歌」を歌える人

昔から気になることがあります。どうも私、「ラブソングじゃない曲」をきちんと世に出せる人を尊敬しているみたいよ。

先日、残念ながらもうここにはいないことになってしまった、忌野清志郎。

RCのラブソングはそれはそれは切ないものがたくさんあります。でも、「こんなんなっちゃった」とか、タイマーズの活動とか、清志郎の曲は必ずしも、好きな女にささげた曲ではなかったです。

 /Beat Pops (Pps) /Beat Pops (Pps)
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する

そんなアーティストがほかにもいます。

奥田民生。愛だって歌うけれど、そんなことよりも、毎日大変なことがあって、メンドウで、だけどきっと、いずれなんとかなる…みたいな曲は、いい感じに脱力。

イージュー★ライダー Music イージュー★ライダー

アーティスト:奥田民生
販売元:SME Records
発売日:2005/03/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

もうひとり、あるアーティスト。斉藤和義。別にすきってわけじゃないし、ファンでもないです。でも、ちょっとした思い出があります。

私が某編集部で音楽担当をしていたときに、彼はデビューしました。そしてレコード会社(古いなあ)と、所属事務所の人につれられて、私の編集部にやってきました。

そしてギター1本で、1曲歌ってくれました。箱かなにかに乗って。とりあえず、好き嫌いはさておき、われわれは聞かなければなりません。

歌うたい15 SINGLES BEST 1993~2007 Music 歌うたい15 SINGLES BEST 1993~2007

アーティスト:斉藤和義,斉藤和義と玲葉奈
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:2008/08/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

聞き終わった感想。ハンサムじゃないし、ものすごくいい声でもない。でも私は本人に言いました。「日本のアーティストで、ラブソングじゃない曲を歌える人はとても少ないから、ぜひがんばって!」。

数年して彼はブレイク。ラブソングというより応援歌が上手。彼の曲を聴いていると元気になります。

私の「読み」も当たったな(笑)。

20日、ユニコーン行ってきます。ジャストな世代じゃないけれど、彼らも取材したことがあります。地方のコンサート密着取材。そこで、打ち上げにそのままでて、一緒にちょっと飲みました。Aはいい人でした(笑)。とてもよい思い出です。

ダラダラ歌うおっさんたちを、楽しんでこようと思います。

| | コメント (2)

parisのスペシャル

本日、パリ出張からもどりました。

久しぶりのパリ。私にとっては思いいれのある場所なので、いつもの出張よりも、「ああ、帰りたくないなあ」といった気持ちが強かったです。

今回は某メーカーの取材ツアーだったわけですが、「ほかではなかなか見られないもの」を見せていただきました。

まずこの部屋。とある女性が実際に使っていた部屋です。

Paris_019 あのCとCを組み合わせたロゴの、あの人です。

Paris_027 これはその隣の部屋。ミラーやシャンデリアが美しいですね。

今でもこの部屋は、クリエイターのインスピレーションのもとになっているそうです。

一般には公開されていないところに入ることができたのはとても光栄でした。

つづきはまた。

| | コメント (0)

パリ

パリ
無事に着きました。

| | コメント (0)

夢を占う

最近、ずっと考えていることがあって(悩んでいるほどではないんだけれどね)、でも、それって結論の出ないことでして。

今の状況をなんとかしたいと思っていつつ、どうしようもできなく、でも私の中で先に進みたい…。

そんなことを考えていたら、夢を見ました。

どこか知らない、大きなイベント会場。私はそこになにか搬入しているんだけれど、警備の人に「受付をとおさなくてよいから」、といわれ、ひとりで会場の地下駐車場へ。

いかんせん、「夢」だから、とりとめもないのですが、その搬入の任務はいつのまにかどうでもよいことになっていて、私はというと、地下駐車場で、ひたすら出口を探しているんです。

その地下が数階あって、いわば、ダンジョン状態。広い地下駐車場のいくつかある階段を上り下りしていました。

途中でなぜか、女性の警備員が、タバコを吸っていて、その女性に出口を尋ねるのですが、その人もわからないと答えます。(夢とはいえ、ひどいなあ)。

おきてから、「やっぱり出口のない考え事をしていたからかしら?」なんて思いました。

というわけで、夢占いのサイトをチェック。キーワード検索してみました。

「イベント会場 階段 駐車場 女性 煙草」で検索。警備員はキーワードになかった。

結果、なんだか新しい展開を探して、前向きになろうとしているようです、私。

下記にリンク&窓をつけておきました。興味のある方、トライしてみては?

PS, 私、明日から土曜日までパリ出張です。「日本にアレを持ち込む人」にだけはなりたくないなあ。健康に気をつけます。

夢占い 夢ココロ占い (キーワードをスペース区切りで入力してください。)

| | コメント (0)

今日は満月ですね

うちの窓から見えます、満月。

Dsc00905

今日、ヘアサロンで雑誌を読んでいたら、「5月9日の満月の日には、なにかを書いたほうがよいです」との占いが。

満月って、なにかパワーがある気がしますよね。

柄にもないですが、願い事とかしちゃおうかな~。うふっ。




totoBIGがあたりますように…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やまだ紫さん

朝刊を読んでいたら、訃報の欄にやまだ紫さんの名前をみつけました。60歳。残念です。

「しんきらり」「ゆらりうす色」「性悪猫」などの名作があります。ちくま文庫や中公文庫コミックがありますので、読んだことのない方は、一度ぜひ。

なんていうのかなあ、「女が日常のなかでこっそり感じている孤独」とか「心のなかでつぶやいているひとりごと」みたいなものを見事に描いていて、それがまたゾクッとするようなリアリティがあるんですよね。

と、ここで本棚のある部屋へ行って、「ゆらりうす色」を手にとって、またPCの前に戻ってきました。

本のなかから、ちょっと抜書きしようかなと思って読み始めたら、本気で全部読んでしまいました。やっぱり面白いなあ。胸にささるなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸に剣花菱

私の家紋は「丸に剣花菱」というものです。こんな感じの図柄。

Kamon

文字通り、丸の中に4つの花びらをもつ花菱があって、花弁の間に剣があるんです。父方に由来するわけですが、武士しかつけられない紋という説があります。

同じ家紋を持つ有名人は、勝海舟。

私の名字と家紋を合わせて検索すると、どうやら清和源氏系→甲斐源氏系とでてきます。

まあ、あてにならないですけどね。

単純にデザインとして好き! 花も剣もあって、丸でまとめてあるなんぞ、私っぽい気がします(笑)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

味噌煮込みうどん

味噌煮込みうどん
並ぶこと約1時間! 名古屋の山本屋総本家で親子煮込みうどんをいただきました。
味噌味は思ったほど甘くはなく、卵とかしわはさすが名古屋コーチンのうまさ。
硬い独特の麺は私好みではないけれど、総合得点で美味しかった!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

沖縄旅行終了

沖縄旅行終了
楽しかったな。よく食べたし。天気もよく、リフレッシュできました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ショック

忌野清志郎さんのご冥福を祈ります。
彼は私たちにとって青春の大事な人でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今日から沖縄

今日から沖縄
まずはブルーシールのアイスから!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »