« 朝までポカポカの入浴剤 | トップページ | 驚異! 姉のうちの亀が鳴くんです! »

初春花形歌舞伎 海老蔵はプリンスだ

新橋演舞場で上演中の「初春花形歌舞伎」の夜の部にいってきました。(ちなみに夜といっても、16時半スタート。21時終了です)

今、歌舞伎座で上演されている初春歌舞伎がベテランぞろいの本流だとしたら、こちら新橋演舞場は、フレッシュなスターによる華やかな歌舞伎(主役がはっきりしていて、あからさまに若いファンや歌舞伎初心者向けです)。市川海老蔵、中村獅童を中心に、市川右近や春猿など、オモダカヤの面々も。

もちろん私は、プリンス・市川海老蔵を見たいという気持ちで、チケットをとりました。

演目などはこちらをチェック。 

今回の席は花道のすぐ横、前から4列目。(残念ながら役者が客席側にむかって見得を切る場合には、裏側になっちゃうんですけどね)

衣装や化粧、役者の息遣いまでよくわかる席で、とてもいい経験でした。海老さまの足の裏や、獅童のスネ毛まで、よく見えました(笑)。

さて、出し物です。まずは「七つ面」。海老さまが、恵比寿様や猿やら般若やら、7つの面を使い分けながら、踊り分けて演じます。

海老さまって、身体がしっかりしているし、歌舞伎役者らしく顔も大きめなので、踊りはそんなに期待していなかったのですが、これがなかなか、優雅でした。ほかの役者の踊りよりも、重心がひくく、女性の面のときはしなやか、猿の面のときには滑稽な振りを丁寧に踊っていて。ううむ、天才はちがうなあ! 演目そのものは初春らしい、縁起のよい感じです。

続いて「恋飛脚大和往来」。こちらは獅童が主役。獅童にぴったりの「ちょっとお調子モノの、若旦那(ただし養子)」。獅童は、「いい加減な性格の役」と「男っぽい役」の両方ができる役者ですが、前者のほうが、天然ぽくて、より上手い(笑)。

獅童は決して悪くないのですが、舞台か映画かといえば、やはりテレビや映画向きのような気がするなあ。歌舞伎役者としては「軽い」感じ。声も含め。まあ、逆に海老さまがテレビにでてると「重い」感じだと思いますが(笑)。

そして、最後の演目が「弁天娘女男白波(白波五人男)」。一度見てみたかった演目です! 「知らざあ、いってきかせやしょう……」のセリフや、5人が傘を持って見得をきるのは知っていましたが、それ以外、よくわかっていなかったので。

海老さまが弁天小僧で、その弁天小僧がゆすりのため武家の娘に扮している、というシーンがあります。これが、予想外に女性として美しかった! 本当に武家のお嬢様に見えるんです。なんともまあ、品のよい、凛とした感じ。
女の扮装から男へと正体をばらしながら居直るシーン、これがカッコいい。娘の演技から、突然、ちょっとヤサグレた男・弁天小僧へ変身。「ちょいワル男」のしぐさやセリフまわしも色気があってステキです(笑)。次幕での屋根のセットの上での長い殺陣のシーンも見所ですね。

ほかにも見所いっぱいで、もっといろいろ書きたいけど、長くなってしまったので、このへんで。

まあ、何を言いたかったかというと。海老蔵は歌舞伎界の至宝、日本の至宝ということです。生まれ持ったあのお顔立ち、家柄も含めて、歴代の歌舞伎役者の中で伝説のひとりとなることでしょう。彼のファンでなくても、一度彼の歌舞伎を観れば、納得できると思います。歌舞伎のために生まれてきた、天賦の才を感じずにはいられないはず。

皆様にも一度、見ていただきたい。そして、あの目に、睨まられてほしい。一瞬で心を持っていかれるはずですから。

|

« 朝までポカポカの入浴剤 | トップページ | 驚異! 姉のうちの亀が鳴くんです! »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105589/27245898

この記事へのトラックバック一覧です: 初春花形歌舞伎 海老蔵はプリンスだ:

« 朝までポカポカの入浴剤 | トップページ | 驚異! 姉のうちの亀が鳴くんです! »