« 金沢、最後の寿司は | トップページ | 『蒸発父さん』を読む »

幻魚(げんげ)を知っているか

金沢旅行中、地元料理居酒屋に行ってきました。「五郎八」というお店です。

http://www.mdm-web.com/gr8/

でね、もちろん、地元の名物をいろいろいただくわけですよ。海老や以下のお刺身に始まって、治部煮はもちろん、金時草のおひたしとか。

そして食べたことのない「げんげ」の干物の炭火焼を頼んでみることに。

げんげ……。幻魚と書きます。美しいですね。

名前はきれいですけどね……。深海魚らしいです。

テーブルに届いた顔を見てビックリです。。。。

Genge だって、こんなに人相悪いんですよ!! 干物となってほっそりした身体に対して、不恰好な顔。

口を醜く大きくひらいたさま。

にらみつけるようなまなざし。

「なに見とるんじゃ、ゴルァ!」と言っているようにしか見えません。干物にされた憎しみや恨みをたたえた表情です。

でも、七輪で焼いて、あたまから食べてみました。おいしいです。

う~、でも、夜、夢に見そうです、このコワイ顔。

|

« 金沢、最後の寿司は | トップページ | 『蒸発父さん』を読む »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

魚をよく食べるようになって思うのは、顔が変な魚ほどおいしい気がする、ということです(笑)。
気のせいかもしれないけれど!
幻魚は見たことないなぁ。
淡白なお味でしたか?

投稿: ちは | 2008年12月 2日 (火) 09:34

げんげ、というより、「ぐぇんげ」と呼びたくなるほどグロテスクですが、ちはの掟の通り、実際、おいしいです。
味の薄い「氷魚(こまい)」(北海道でよく食べる魚の干物)もしくは、肉の薄いししゃものような味わいでした。

確かに、醜い魚のほうがおいしかったりしますよねえ~。

投稿: マリコ | 2008年12月 3日 (水) 00:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105589/25822445

この記事へのトラックバック一覧です: 幻魚(げんげ)を知っているか:

« 金沢、最後の寿司は | トップページ | 『蒸発父さん』を読む »