« 『夕凪の街 桜の国』をみる | トップページ | 大切な男友だち »

立川談春

昨日、初めて生の落語というものにいってきました。大事な友人のKの誕生日で、一緒に行ってきました。彼女は談春さんの落語が大好きなようで。

そもそもは、三遊亭白鳥さんの白鳥ジャパン大独演会 白鳥版「札所の霊験」大絵巻~談春兄貴を迎えて~ 東京芸術劇場(中ホール)ってやつなんですけどね。

そのゲスト出演が談春さん。

しかし。私はゲストである談春さんのトリコになってしまいました。

うまいんです、とにかく。私は落語のことなんてほとんど知らないけれど、いっぺんでファンになってしまいました。落語用語でなんていうのか知らないけれど、身振りや声つき、リズム、そういったものに本当に魅せられます。ぐっとその世界に引き込まれる。

もちろん落語だから、笑わせてもらうんだけど、その笑いが、「高い」。ダジャレとか、皮肉で笑わせるのではなく、聴いてるこちらが思わず「うまいっ!」と膝を打ちながら、気がつくと笑わされてるんです。力技ではないんですよね、その感じが。

これは「芸」ですよ。「芸術」ですよ。

比べたら悪いなあ、白鳥さん。がんばってるとは思うよ……。

談春さんのHPはこちらです

|

« 『夕凪の街 桜の国』をみる | トップページ | 大切な男友だち »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

落語はいいでしょ~
そして笑いだけでなく、感動もあるし。
小道具もセットも無く、座布団の上に着物を着たおじさんが一人いるだけなのに、お客さんにお金を払ってもらった上に想像力を働かさせて、一人一人の頭の中に絵が思い浮かぶように努力させている不思議で素敵な空間です。

と、いうような事を志の輔師匠がよく言っています(笑)
はまるんだよね~

投稿: おかちゃん | 2008年11月 9日 (日) 23:24

おかちゃん、こんにちは!
おかちゃんが落語好きなのはmixiみてて知っていました。

ほんと、ハマっちゃいそうです。ポッドキャストやCDでも少しは聞いていたのですが、やっぱり直接見ると、また、さらにいいですね。

投稿: マリコ | 2008年11月10日 (月) 08:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105589/25070676

この記事へのトラックバック一覧です: 立川談春:

« 『夕凪の街 桜の国』をみる | トップページ | 大切な男友だち »