« 世田谷の奥の細道ラビリンス | トップページ | 『夕凪の街 桜の国』をみる »

考えちゃうよねー。を、2つほど

今日テレビ朝日で放映していた、長門裕之&南田洋子夫妻のドキュメンタリー、見ました?

けっこうショッキングでした。74歳の夫が75歳のアルツハイマーの妻の介護。若き日の二人の映像やなんかも挟み込まれていて、なんだかつらくなっちゃいました。

こういうのを見ると、夫婦愛について考えてみたりします。そしてシングルの私って、どうなっちゃうわけ? なんておもいます。逆にシングルだから介護する夫もいないか。添い遂げるって、こういうことなのか……。

さて、そんなシングルがグッとささるマンガがこちら。精神科医の香山リカさんも推薦です。シングルじゃない人にもささるはずです。

結婚しなくていいですか。―すーちゃんの明日 Book 結婚しなくていいですか。―すーちゃんの明日

著者:益田 ミリ
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

すーちゃん、カフェ店長、30代半ば独身。貯金はしているけどあまりない。将来どうなっちゃうのかなあなんて、ゆるく考えている……。

そんな彼女が主人公なのですが、むしろ、かつてのセンパイの、もうすぐ40歳のさわ子さんがなかなかすごいです。寝たきりのおばあちゃん、母親と自宅3人暮らし。フツウの地味めな事務OLなんだけどね。13年、彼氏がいないわけですよ。心の中で「老いていくのはしかたがないけれど、ただ、セックスはしたい」とか考えてしまうわけです。「彼氏がいなくてもうすぐ40歳。自分のことをかわいそうとは思わないけど、もったいないと思う」。ううむ、すごいですね。

シングルにだけグッとくるマンガというわけでもないのがスゴイ。妊娠中のまいちゃん。仕事をやめ、新しいシアワセを楽しみにしているのだけれど、どこかで「さよならしてきたほうのあたしの人生」というものになにか切ないものをもっています。

ここまで書くと強烈な内容に思えるかもしれないけれど、絵柄が絵柄だけに、ほんわかと読めてしまいます。

もうひとつ、考えちゃうよね、な、ネタ(最近見たDVD)があるんですが、それはまたの機会にご紹介しますね。

|

« 世田谷の奥の細道ラビリンス | トップページ | 『夕凪の街 桜の国』をみる »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

自己啓発の本を良く見ますが、益田ミリの「すーちゃん」というタイトルの本を見て目からウロコが落ちました。happy01
これもおすすめです。

自分の取る判断や行動は自分自身で責任を取る。物事の選択に迷ったときに人には相談しないという事が書いていました。

投稿: mimimimi | 2009年1月16日 (金) 14:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105589/24990393

この記事へのトラックバック一覧です: 考えちゃうよねー。を、2つほど:

« 世田谷の奥の細道ラビリンス | トップページ | 『夕凪の街 桜の国』をみる »