« サッカー日本代表 ウズベキスタン戦 いってきました | トップページ | 「私の源氏物語」を読む »

「魔王」を読む

伊坂幸太郎の「魔王」です。嵐の大野くんのじゃないですよ、先にいっておきます。

特殊な能力をもった兄弟。強い言葉で民衆の心をつかみ、支持を得ていく政治家・犬養。

「ナゾ解きマインド」で読むと、ちょっとスッキリしないかもしれません。でもそれが伊坂節なのかもね。

「ファシズム」がキーワードになっているのですが、ちょっとなかなか、考えちゃいますよ、今なら。「魔王」の中の一般の人たちと同じように、私も「あ~、勇気あって、若くて、断言的なリーダーシップをとってくれる政治家がいたらなあ」なんて思っちゃってますもん。「アメリカや中国にいいようにやられている日本って、情けないよなあ」とも思ってますもん。ううむ。

私が読んだのは文庫本です。登場人物も限られていますし、難しい表現もないので、通勤時間をつかって断片的に読み進めるのにとても適しています。

続編となる「モダンタイムス」も読む予定。こちらは単行本なので、休日や寝る前にギュ~ッと読みたいですね。

ちなみに。「魔王」というタイトル。シューベルトの「魔王」からきていますが、私も本の中で描かれているように、確か小学生のときの音楽の時間に聴いた記憶が。こわいんですよね~。しかも、日本語吹き替え歌で聴いたので、「おとうさん、お~とうさん~、魔王がやってくるよ~」みたいな部分が怖かった。

魔王 (講談社文庫 い 111-2) Book 魔王 (講談社文庫 い 111-2)

著者:伊坂 幸太郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

野ばら~魔王/シューベルト:歌曲集 Music 野ばら~魔王/シューベルト:歌曲集

アーティスト:オムニバス(クラシック),バトル(キャスリーン),ターフェル(ブリン),オッター(アンネ・ソフィー・フォン),ブロッホヴィッツ(ハンス・ペーター),シュミット(アンドレアス)
販売元:ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日:2007/09/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« サッカー日本代表 ウズベキスタン戦 いってきました | トップページ | 「私の源氏物語」を読む »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105589/24590895

この記事へのトラックバック一覧です: 「魔王」を読む:

« サッカー日本代表 ウズベキスタン戦 いってきました | トップページ | 「私の源氏物語」を読む »