« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

お金大好き天然B型

友人のmixi日記でみつけたサイトで、血液型診断してみました。

かなりたくさんのQ&Aとあわせて結果がでます。

診断のリンクはこちら。血液型ゲノム

私の診断結果です。Q&Aの結果が反映されているせいか、けっこう当たっているのですが、「あなたが他人に理解されがたい」的なところは、当たっていないです。マジで。私は自他共に認める、常識的な人間ですもん。

お金大好き天然B型(←これ、すごく当たってる)

全く行動が読めません。

真剣度:
★★☆☆☆
天然度:
★★★☆☆
適当度:
★★☆☆☆
きまぐれ度:
★★★☆☆

性格

冷静なときと熱いときの温度差が激しいです。気分次第でころころ言うことが変ります。本人にもわかりません。自分のことは自分でやるという信念を持ちます。抜群の集中力をもち、色々な困難を切り抜けて行きます。なかなか他人に理解され難い人で、あなたはさらに常軌を逸しています。人の予想の斜め45度上の結果を出します。他人に何か頼まれるとイヤとはいえない性分です。しかし他人には非常に厳しい性格をしています。また自分の考えや行動に自信を持っており、他人より自分を優先します。ちょっとずるいところがあります。

仕事

受け身の姿勢で相手に伺っていきます。気分で結構かわってしまいます。だめなときはイケてません。人助けが好きですが見返りも求めます。相手の気持ちをまるで心を読むかのように察することができ、周りの人の信頼を集めます。他者とは一線をおいて付き合い、プライベートを大事にします。それはあなたはどちらかというと変だからです。尊敬できる上司や社長を求めます。他人に対してはあまり情で判断せず、とにかく結果主義です。責任感が強く自分の信念があり、他人のペースには巻き込まれないように行動します

恋愛

どちらかというと聞き手の方が多いです。熱しやすく冷めやすいところがあります。ついつい損得勘定で相手の男性のことを見てしまいます。また、温和で無難な付き合いを望んでいます。頭の回転が非常に早く、相手の男性の信頼を得ます。毎日一緒にい過ぎるとマンネリ化します。しかし理解されがたいのはあなた自身です。相手の男性を尊重します。気が合う人は、はっきりいって稀です。相手の男性に誠意をもって接しますが、相手に合わせるのが疲れるときがあります。相手と繋がりたいという気持ちが強いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

突然の会食

今日は会社の同期と食事をする予定だったのですが、相手の仕事の都合でドタキャンに。

まあ、おかげで仕事がはかどるかな~なんて思っていたところ、急に後輩から、「じつは今日、某・世界基準の美女との食事会に呼ばれているのですが、もう1人つれてきてもいいといわれているので、いっしょにいかがでしょうか」とのお誘い。

仕事の食事会とはいえ、またもや突然、ぽっこり空いたスケジュールに、ぽっこり食事会が飛び込んできました。一体、なんなんだ、今週は?? 

でも、その美女と彼女のプロデュースを手がけている外国人女性には会いたかったし、いろんないいヒントがもらえそうなので、参加を即断。

こちらからは日本語で話すことが多いですが(スタッフが通訳してくれたりします)、聞くのは英語。やっぱいつもの食事と違って、ちょっとは集中しなくちゃならないから、疲れるっちゃあ、疲れる。テーブルでの話題は「センシュアリティとセクシャリティの違いとは」でした。

おかげであまりワインを飲めませんでした。まあ、よかったのかも(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

更新してない日々

ひさしぶりのブログです。とりあえず、元気ではあるのですよ。

ここのところ、夜に用事がいろいろあって、かつ、朝早い会議が目白押しなので、あんまり家にいないんです。

で、「今日くらいはまっすぐ家に帰ろうっと」という日に限って、突然のお誘いをいただきまして。久しぶりに会う友人だったりするので、それはうれしく、出かけちゃうわけでして。

飲み歩いていることの言い訳をしている? そうかも(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三軒茶屋de大道芸 でした

なぜか。。。庶民的な街・三軒茶屋には「大道芸の日」があり、さまざまな芸人さんが三軒茶屋のあちこちで大道芸をします。

18日、19日の週末は、その大道芸の日でして。私は小さいころからピエロとか大嫌いだったし、大道芸の日は、駅の周りが混むから、イヤなんですよ、正直。

といいつつ、会場のうちの1箇所の前を通りかかったので、パチリ。

Photo ちょっと見づらいでしょうけど、鏡獅子みたいなかっこうをした人がパフォーマンス中。

調べてみたところ、ハッピィ吉沢さんのマジックのようです。なかなか子供たちに人気のよう。

ハッピィさんのHPはこちら。

三軒茶屋de大道芸にはほかにも、バーバラ村田、サンキュー手塚などが登場のようです。そういう名前をつけないといけないのでしょうか?(笑)

ハッピィさんが早稲田大学でパントマイムのサークルを旗揚げし、そこからサンキューさんが育ったようです。バーバラさんもハッピィ一門の門下生のようです。なるほど~、奥が深い。

サンチャ大道芸についてはこちら。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「本当はちがうんだ日記」を読む

このごろは読書サイトと化してしまったマリコブログ。単なる偶然で、たまたま読み終える時季が一緒だっただけで、とくに意図はないっす、

本当はちがうんだ日記 (集英社文庫 ほ 20-1) Book 本当はちがうんだ日記 (集英社文庫 ほ 20-1)

著者:穂村 弘
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

歌人の穂村さんですが、このエッセイは基本的に「ちょっと情けなくて賢い男のつぶやき」です。ちょっと三谷幸喜っぽいところもあるかな~。

歌人というのはとても難しいイメージがあるのですが、どうもそれだけではないですね。日常を過ごしながら、じつにいろんなことを考え、見ているんですよ。

ヘンな例えをしてもいいですか? モテない中学生女子に限って、同じクラスの男子に詳しくって、よく観察してたりしますよね? あの感じです(笑)。

エッセイというと通常は、「有名人の日常生活で、その有名人のことを知っていると面白いがしらないとたいして興味がもてないもの」のはずですよね。でもこれ、穂村さんのことをよくしらなくても、面白い! 人間ウオォッチャーとしての穂村弘の実力かな。

こちらも通勤時間ですぐ読めます。お風呂にもちこんで、リラックスしながら読むにもいいかも(笑)。

あるいは難しい本を読んだあとの、「食後のコーヒー」的に読むと、脳のコリがとれますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「私の源氏物語」を読む

源氏物語……。古典でも習ったし、大和和紀の「あさきゆめみし」は大好きで、今も手元に持っています。

さて、いろんな人の解釈の源氏物語がありますが、読みやすいのはコレ。瀬戸内先生の私見が「ああ、なるほど。ほかの人はこんな楽しみ方をしているんだ」なんて思います。

これも章が区切ってあるので、通勤にピッタリです。

わたしの源氏物語 (集英社文庫 せ 1-37) Book わたしの源氏物語 (集英社文庫 せ 1-37)

著者:瀬戸内 寂聴
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

あなたはキャラでいうとどの女性がいいですか? 私は朧月夜の君が好きです。マンガのキャラのイメージの影響もあるのかな。なんだかセクシーでしょ? まあ、源氏が須磨に流されるきっかけになった女性ですからね。でも本人は自由なマインドなのに、意外にあっさり出家しちゃうあたりもいいですね。

瀬戸内先生は、玉蔓や空蝉にけっこうページをさいていて、どうも好きみたいです。ふうむ、そうなんだ。なるほど。

いずれにせよ、平安の世も、昭和も、そして平成も、きっと女の子は、主人公たちの恋愛の話に心をときめかせながら読むわけで。「はやく次の巻を読みたい!」と、ドキドキしちゃったりして。

原本読破はしていないけれど、スジだけ追っても十分、すばらしい、源氏物語。紫式部ってスゴイなあ。愛と裏切りとせつなさ、宿命。ぐっときますね!

あさきゆめみし 美麗ケース入り 全7巻文庫セット Book あさきゆめみし 美麗ケース入り 全7巻文庫セット

著者:大和 和紀
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「魔王」を読む

伊坂幸太郎の「魔王」です。嵐の大野くんのじゃないですよ、先にいっておきます。

特殊な能力をもった兄弟。強い言葉で民衆の心をつかみ、支持を得ていく政治家・犬養。

「ナゾ解きマインド」で読むと、ちょっとスッキリしないかもしれません。でもそれが伊坂節なのかもね。

「ファシズム」がキーワードになっているのですが、ちょっとなかなか、考えちゃいますよ、今なら。「魔王」の中の一般の人たちと同じように、私も「あ~、勇気あって、若くて、断言的なリーダーシップをとってくれる政治家がいたらなあ」なんて思っちゃってますもん。「アメリカや中国にいいようにやられている日本って、情けないよなあ」とも思ってますもん。ううむ。

私が読んだのは文庫本です。登場人物も限られていますし、難しい表現もないので、通勤時間をつかって断片的に読み進めるのにとても適しています。

続編となる「モダンタイムス」も読む予定。こちらは単行本なので、休日や寝る前にギュ~ッと読みたいですね。

ちなみに。「魔王」というタイトル。シューベルトの「魔王」からきていますが、私も本の中で描かれているように、確か小学生のときの音楽の時間に聴いた記憶が。こわいんですよね~。しかも、日本語吹き替え歌で聴いたので、「おとうさん、お~とうさん~、魔王がやってくるよ~」みたいな部分が怖かった。

魔王 (講談社文庫 い 111-2) Book 魔王 (講談社文庫 い 111-2)

著者:伊坂 幸太郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

野ばら~魔王/シューベルト:歌曲集 Music 野ばら~魔王/シューベルト:歌曲集

アーティスト:オムニバス(クラシック),バトル(キャスリーン),ターフェル(ブリン),オッター(アンネ・ソフィー・フォン),ブロッホヴィッツ(ハンス・ペーター),シュミット(アンドレアス)
販売元:ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日:2007/09/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サッカー日本代表 ウズベキスタン戦 いってきました

昨夜は会社からタクシーで後楽園へ、そこから地下鉄で埼玉スタジアムへいってきました。これがけっこう疲れるんですけど。

メインのロウアーで見ていたのですが、振り返ると、元レッズの福田さんや、どこぞの国の相撲取りの方がいました。

試合は……。見所なしでした。中村俊輔のプレーにはワクワク感がありましたが、チームとしてのやりたい試合運びが見えない感じ。ウズベキは足元へのチェックが早く、やや肉弾戦の様子。ううむ、日本もここは「ガッチリタイプのMF」を先にいれておいたほうがよかったんじゃないか。

攻撃もワンパターンだし、パスの出しどころが限られてしまい、パスコースはすぐに見破られるし、不満でいっぱいです。

この調子だと、来年、私、アウェーにいかなくちゃならないか?? 今回も出番がきちゃうのか? 

さて、試合内容はさておき。メインロウワーの席は、G裏にも近いわけで。若者がいっぱいです。自分たちも昔そうだったように、なんだか意味なくもりあがっている、若者たち。ピンチでもチャンスでもないシーンでもただ大きな声を出して立ち上がる。そしてそのまま立っている。……そういう応援をしたいなら、G裏へ行くべし。

カテ2は、疲れたOLや(私のことね・笑)、親子連れなど、「余計なときは立っていたくはない」人も多いのよ。というわけで、やたら自分で盛り上がって意味なく立ち尽くしていた若者に、「あの~、たってもいいけど、座ってね」と、一瞬矛盾しているが、その通りなお願い(注意?)をしました。

きっとこの若者たちにとっては、代表ユニも着ずに静かにサッカーを見ている私が、実はW杯3回の参戦や、あのジョホールバルなどに行った女には見えないだろうなあ(笑)。

そしてそんな若者たち。立ち上がって大声を出しているほどサッカーが好きなのかと思ったら、中身はおこちゃまなんだな。サッカーを忘れるほど。

試合中にヤキソバを食べ、それでもたりなくてハーフタイムに買い物にいったらしく、試合が始まっても帰ってこない。そして席にもどってカップヌードルを食べはじめ、さっきの応援の熱さはどこへいったらやらな感じで、ものを食べている間は食べるのに夢中で静か。さらに、試合中なのに長文のケータイメールを一生懸命うっていて、試合を見ていなかったり(笑)。「なにしにきたんだ、この子供」っていう、笑っちゃう感じもありました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

北海道物産展いってきました

郷土愛……っていうか、郷土「食」愛。北海道の食べものはおいしいものがいっぱいです。食べるのが楽しみで実家に帰ることも多いです。

というわけで、ちょうど渋谷でヘッドスパの帰り、東急東横店に行ってきました!詳しい内容はデジタルチラシを見てみてね。

スープカレーやさんがあればと思ったのですが、今回のイートインはラーメン。行列していたのですぐにあきらめて、お買い物。

私が買ったのは、まず「ジンギスカンの白樺」。食べたことなかったです。家でたべてみたところ、脂が少なく、サッパリめでした。L-カルニチン効果もあいまって、ダイエット中でも安心してバクバク食べられます(笑・うそ)。HPはこちら。

あと小樽の飯坂富士商店のいくらのしょう油漬け。これは試食をして買いました。小売があれば、実家に帰ったときに小樽まで行って買いたいと思ったのですが、卸専門とのことでした。さらに別のところで、お弁当のおかずにするための鮭も買いました。

そして今回のアタリは「バルナバハム」! なにげなく試食してみた「農家のベーコン」が超うまかった! 焼いていただくものですが、開封2~3日は生でも食べられるとのこと。塩分よりもうまみがきいているし、やわらかいし、深みのある味わいです。洞爺湖サミットの朝食にも使われたそう。バルナバハムHPはこちら。ビールのつまみにするソーセージも3セット買っちゃった。

ISETANの北海道物産展より規模は小さいですが、とてもにぎわっていました。期間中、もう一回ぐらい、買い物にいっちゃうかも!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サザエさん 実写版

CMでサザエさんの25年後が話題ですよね。

でも、こういうのもあるんですよ。笑えますよね、本気のバカって(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「インターセックス」を読む

朝日新聞の書評でもとりあげられていた「インターセックス」、ちょっと前に友人から借りていて、ちょうど読んでいたところでした。

インターセックス インターセックス

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

インターセックスという言葉、知っていましたか? 染色体XXもしくはXYと体の形状が、「男性もしくは女性」という2つに納まらない、そういう性別です。

性同一障害とは違うし、同性愛者でもないです。男女、という2元的な振り分けに属さない性……。半陰陽とかという表現もされています。男性の体の特徴も、女性の体の特徴も両方をもっていたりしますが、どちらも生殖的機能を果たさないからだだったり。

そういう人が生まれる割合は思っているよりも多いようで、びっくりしました。

本の主題はふたつありました。まずはインターセックスに対する説明や、主人公の考えを借りた(おそらくですが)著者の考え方。

例えば。あなたに赤ちゃんが生まれたとします。男性器にしては小さいものがついていて、女性器にしては途中でふさがってしまっているものがついている……。染色体としては男性タイプにちかい……。そういうとき、あなたはどうしますか? 私は本を読み始めたときは、「それは赤ちゃんのうちに、悩まないように女性のほうの体に合わせて手術を行うほうがよいだろう」と考えてしまいました。

でも本を読みすすめると、そのことにギモンを感じてしまうのです。子供のころから形成手術を何度も受けることが、その子にとってよいのでしょうか。思春期になり、その傷跡に苦しんだり、心と体のギャップに苦しんだりするかもしれないです……。どちらかに決めてあげたほうがいい、と考えるのは子供のためでなく、「親が、自分自身がスッキリしたいだけ」かもしれないです。考えさせられますね。

さて、もうひとつの主題。それは病院を舞台におきるナゾの死の解明。個性的なキャラクターが登場するミステリーです。

私としては……。今回は殺人事件はなくてもよかったんじゃないの?と(笑)。犯人さがしはどうでもいいんですもの。むしろ、インターセックスというものについて、もっと半ノンフィクション的に読みたかったなあ。

分厚い感じですが、あっという間に読めます。知っておいたほうがいいことや考える材料が多々ありますのでぜひ、読んでみてほしいですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

緒形拳さん

今朝、緒形拳さんの訃報を知り、とてもショックです。

眼光鋭く、どこか刃物のようなコワさを持つと同時に、少年のような瞳の輝きをもっている方でした。

「鬼畜」や「復讐するは我にあり」を見たことありますか? 本当にこわいんですよ(笑)。役どころというよりも、私にはコワかったです。

大河では、秀吉の役が当たり役でした。これまた、サルのこっけいさや明るさをもちつつ、朝鮮侵略の夢にとりつかれた狂気や、老いた姿をさらしながら秀頼を案じる悲しい姿。どの演技も表情豊かで、やはり鬼気迫るものがありました。

大石内蔵助もなかなかよかった。冷静さのなかに、燃える心を持つ、そしてどこか悲しさを感じさせる男を見事に演じていたと思います。

実は数日前からオンエアされていた、某プリンタのCMを見て、私の中で違和感があり(あまりにおじいさんくさい演技というか役どころにちょっと不満だったのです)、そんなネタをブログに書いちゃおうかな、なんて思っていたところでした。

彼はいくつになっても、カッコよかった。彼以外の誰でもない、「唯一」という魅力をもっていました。もっともっと、これからもいろんな役を演じていただきたかったです……。

大好きでした。ご冥福をお祈りします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ライド&カレー 松陰神社

休日なので、またもや自転車。今日は「ライド&読書」目的で、背中のバッグに読みかけの本を入れて、駒沢公園へGO! 

ちょっと走ってから、木陰で読書をしよう……というのが狙いだったのですが、今日はどうやら駒沢公園でランナー大会が催されているようでして。いつもよりも人口密度が高かったんですね~。それにしても、休日も早めに公園につかないと、どんどん人が増えていきます。ランナー人口、恐るべし。自転車人口も負けてられないなと思うのでした。私もまだ、文字通り、駆け出しですが。

てなわけで、ライド&読書をやめて、サイクリングコースをちょっとまわったら公園から出て、しばしポタリング(自転車でぶらぶらすることです。最近覚えた言葉のひとつ)。世田谷の弦巻通りから世田谷通りに出て、しばらく下って、大蔵ランド付近まで。

もどるついでに松陰神社に行ってみました。近所なのに行ったことなかったしね。

Shoin2 日本人お得意ですね、有名人を神様にして祭っちゃうやつです。

Shoin1 商店街を抜けると、そこは静かで落ち着いた空間でした。松下村塾を模した建物があったり、長州の志士をまつる灯篭などもありました。

ただねえ、私、心の中では徳川側なんですよね……(笑)。母方の先祖はどうやら会津藩だったらしいし。まあ、勉強になりました。

そしてライド&読書あらため、ライド&カレーへ路線変更! ちょうどお昼になったので、前から一度行ってみたいと思っていた、隠れ家的カレーやさんに行ってみました。

その店の名も「贋作カレー マシバシイネツルカモ」。なんだかとっても雰囲気があります。今週のカレー「なすとみょうがの豚ひき肉カレー」をいただきました。なんといってもこの店のゆる~~い感じがいいです。看板もないし、エアコンもないし、古い家っぽいところとかが、とても落ち着きます。そのへんのエセゆるカフェなんかより、ずっと素敵です。

味は私の好きなスパイスがっつり系ではないのですが、なんとも優しい、家でもつくりたくなるおいしいカレーでした。

また行ってみようと思います。マシバシイネツルカモについては、この辺を見るとその様子がわかりますので。

ゴージャスカレー姉妹よりリンク

食べログよりリンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バナナ、リベンジ!

今日、夏季休暇の最終の1日をいただきました。

伊勢丹にでかけていろいろ買い物をしたあと、自宅近くのスーパーでバナナを発見! 安売りのほうはあと1房だったので迷わず買い。

あとのバナナはいつもの値段より100円値上がりしてました。ううむ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

朝バナナのばか~~っ(涙)

mixiから火がついたといわれる「朝バナナダイエット」。ここ半年くらいでどんどん有名になり、最近はどうやらテレビで紹介されたらしいですね。深キョンが朝バナナダイエットでやせたとかっていうのも話題に。

そのせいで。

スーパーからバナナが消えちゃいました!! うわ~~ん。私はバナナでダイエットしたいわけではなく、冷凍アサイーにはバナナを加えてミキサーでジュースにするのが、いちばんおいしいから、バナナを買っていたんです。

冷凍アサイーには甘みがないので、なにか果物を加えるのがいちばんおいしくジュースを作れるんですよ。桃なんかもいいのですが、桃は季節が限られちゃうし。

というわけで、バナナがないと、けっこう困っちゃうんです。

そういえば、一時期、納豆が品切れになったり、にがりがバカ売れしたりしてたなあ。流行にカンタンに乗るわりには、すぐに飽きるのが日本人。きっとそのうち、「朝バナナに効果なし」なんて研究が発表されたりして(人気があるものにはアンチな意見も増えるものです)、みんなバナナにも飽きるでしょう。

バナナよ、カムバーッ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »