« SATCをプレミアスクリーンで見る | トップページ | 街乗りMTB ビアンキのコリーナを買いました! »

秀山祭九月大歌舞伎を観る

先日、久しぶりに歌舞伎座に行きました。関係者から招待券をいただいていたので、平日の16時半(夜の部です)の回です。

出し物は「近江源氏先陣館」「鳥羽絵」「天衣紛上野初花 河内山」。正直、話の内容を知っているものがなかったので、迷わずイヤホンガイドをレンタル。幕の内弁当を予約して、2階席へ。

久しぶりの歌舞伎座です。舞台ってこんなにワイドだったんだな~。2階の前の方の席だったので、全体が見えてなかなかGOOD。

し、しかし! 平日の16時半ということもあってか、周囲の年齢層の高いこと高いこと! 最近は若い女性の歌舞伎ファンも多くなったと聞いていたのですが、まあ、まず見かけません。周囲は上品な感じの老夫婦ばかり。

いよいよ開演。「近江源氏……」は、鎌倉時代の戦によって家族が敵対するなどのつらい話なのですが、ここで小四郎という子役がでてきます。これがまた、健気な役。戦いのために自ら犠牲をいとわない、悲しい役どころ。祖母も、泣く泣く孫に自害を勧める役なので、これもまたせつない。

そうです、周囲の老夫婦は、「まるで孫!」を観るようなまなざしで、歌舞伎をみています。ううむ、おそるべし、歌舞伎のマーケティング!

2幕の「鳥羽絵」も親子の共演。ねずみの役を、ぬいぐるみをきた子供が演じます。おお、これもやはり「孫力」で客を引き込む引き込む! まるで自分の孫の学芸会に来たようなまなざしだぞ、私の席のトナリのおじいさん!

そんな「孫力」によって、観客をひきつけてはいますが、それを差し引いて、なかなか楽しいです。オペラもそうだけれど、ストーリーや演技はもちろんだけれど、役者の所作のほか、舞台装置や衣装、義太夫、歴史など、歌舞伎はみどころがいっぱい。

イヤホンガイドもなかなかよかった。幕間にも声が流れていて、当時の時代背景や、江戸の文化や風習などの説明も詳しかったです。「近江……」には、敵方の武将の首が本人かどうかを検分する、いわゆる「首実検」のシーンがでてくるのですが、そのルールなどを解説してもらいました。切腹の作法などはテレビを通じて知っていましたが、首実検にもちょっとした作法があるのは知りませんでした。勉強になっちゃった。

これを機会に、たまには歌舞伎にいってみようって思いました!

|

« SATCをプレミアスクリーンで見る | トップページ | 街乗りMTB ビアンキのコリーナを買いました! »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105589/23705790

この記事へのトラックバック一覧です: 秀山祭九月大歌舞伎を観る:

« SATCをプレミアスクリーンで見る | トップページ | 街乗りMTB ビアンキのコリーナを買いました! »