« 水道橋博士おすすめのアサイー | トップページ | 花火大会!? »

勝者と敗者

マリノス、やっと、勝利。単純にうれしいです! とにかく「勝ち」が欲しかった。ここしばらくの敗戦や引き分けで、「勝つ」ことを忘れていたので。

「勝者としての記憶」って、スポーツにおいては大事。勝ち方を忘れると、いざというときにポジティブになれないものです。

五輪の谷亮子。私は彼女の練習を見たことがあります。会見などでのニコニコした顔とはちがう、厳しい表情。谷は対戦相手に勝つということを「相手をしとめる」と表現していました。彼女流の表現なのか、柔道的にはよくそう表現するのか、わからないけれど、彼女の体型や顔立ちとは違って、試合中の敏捷なうごきは、まさに、肉食獣。すばやく、するどく、しつこく。柔道って、こんなに機敏な競技なんだ。

単純に谷はすばらしいと思います。男子の柔道を見てわかるとおり、頂点を極めた選手の長くは続かないところをみよ。谷が頂点を極め続けたことは本当にすばらしい。5大会連続の五輪出場、メダル獲得なんて、ほかの人にはできないでしょう。

|

« 水道橋博士おすすめのアサイー | トップページ | 花火大会!? »

「サッカー」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

「マリノス」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105589/22893001

この記事へのトラックバック一覧です: 勝者と敗者:

« 水道橋博士おすすめのアサイー | トップページ | 花火大会!? »