« 実家から鮭、ほや、ウニ、カニ! | トップページ | 「光の海」を読む »

スポーツ雑誌の今

そうえいば。かつてあんなに発売日を楽しみにしていたスポーツ雑誌を、今はぜんぜん買っていない。かつて…それは、あの「黄金世代」のユースや五輪のころです。

スポーツ報道やスポーツメディアにとって大事なのは、ズバリ即時性。まずは「はやく結果を伝える」です。その役割は、テレビのスポーツニュースであり、スポーツ紙でした。だからそのころから、即時性でいうと雑誌はかなり不利でした。

でも今。即時性でいうなら、もう、インターネットのひとり勝ち。

となると。即時性においてもっとも劣る雑誌は「企画性」を売りにしなければなりませんね。

今日、スポルティーバを手にとる機会がありました。

Sportiva (スポルティーバ) 2008年 08月号 [雑誌] Sportiva (スポルティーバ) 2008年 08月号 [雑誌]

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

いいですねえ、即時性がまったくないです。タイトルは「黄金世代」。なんだか、CDの「R35」などの企画モノと同じニオイがします。新しくない、けど、当時の自分がもっとも夢中になっていたもの…。ああ、つまりは青春です(笑)。

スポーツ雑誌なんだから、サッカーの特集を今やるならば、本来なら、W杯予選の結果を検証したり、ユーロを分析したりしていなくちゃならないはずです。でも、ここでタイムラグが。だいたい雑誌の締め切りは1ヶ月前だから、予選やユーロのことを書くと、どうにもこうにも、おかしな記事になってしまう。

てなわけで、思いっきり、「企画モノ」。小野をはじめとして、榎本達也や南雄太、石川竜也など、「代表だった選手」のインタビューなどが入っています。もちろん、トルシエも好きなこと言っちゃってます。これぞ、企画モノ!(笑)。

書き手も、かつて雑誌「N」とかで書いていた人だなあ。「N」、どうなっちゃってるんだろう、ぜんっぜん、読んでいないけど。今でも、ゴンちゃんの表紙の号と、ヨシカツの表紙の号は大事にしてるけどね。

|

« 実家から鮭、ほや、ウニ、カニ! | トップページ | 「光の海」を読む »

「サッカー」カテゴリの記事

「マリノス」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105589/21868689

この記事へのトラックバック一覧です: スポーツ雑誌の今:

« 実家から鮭、ほや、ウニ、カニ! | トップページ | 「光の海」を読む »