« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

「心にナイフをしのばせて」を読む

ちょっと前に読んだ本です。少年犯罪、とくに殺人事件。そして、被害者の遺族。またまた考えさせられる内容でした。

心にナイフをしのばせて Book 心にナイフをしのばせて

著者:奥野 修司
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ちょっとショッキングな内容です。酒鬼薔薇事件と光市母子殺人事件を足したようなものを議題としてつきつけられたような気分です。

上記のアマゾンのHPにも、内容が詳しく書いてありますので、本を買わずとも、アマゾンで読んでみてください。

1969年におきた事件とその後を追ったルポです。男子学生が同じ高校1年生に殺害され、首を切断されます。被害者の家族は、その事実の真相を知りうることなく、家族そのものが喪失感によって壊れていきます。一方、(本のオビに書いてあるからネタバレしちゃいますが)犯罪者であった少年は施設でのみそぎの後、弁護士となって社会復帰しているわけです…。細かい状況はいろいろありますが、事実だけを追うと、そういうことです。

被害者の家族の崩壊っぷりは、事件が引き金となっていますが、事件のせいだけではないかもしれないし、それは誰にもわからないです。

犯罪者であった少年の更生は、よろこばしいことなのかもしれません。

以前に日記に書いた「死刑問題」もそうですけど、少年犯罪、とくに殺人事件については、ホントに難しいですね。

私はやはり、被害者の立場になって考えてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キケンなポッドキャスト!?

ラジオってなかなか聞かなくなりましたよね。このブログのジャンルにも、ラジオというカテゴリはありません。でも、静岡の家来・フジワラから、大竹まことのラジオの話を聞いて、私もポッドキャストしてみることにしました。

大竹まことのゴールデンラジオのサイト

すんなりダウンロードできて、すぐにiPodに入ったし。うん、これでよし! 通勤中にでも聞こうっと…と、出勤時にイヤホンをつけました。

あまりの面白さに、駅までの道中、笑いをこらえるのに必死。電車の中でも噴出しそうになちゃう。これって、かなりヤバい~!

周囲からは、不気味なひとり笑いの人に見えてるかも?? 通勤中に聞くのは、かなりキケンが賭けです。覚悟して聞かなくっちゃ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

女はキラキラ★が好き

どうしてキラキラしたものって、かわいいんでしょう? どうしてピンクってかわいいんでしょう? 年齢関係なく、好きだよね、女って、キラキラが。

Dsc00633_2

イタリアの「VABENE」というブランドの腕時計です。時間的に針のせいでフェイスがよく見えないかもしれないけど、スカルです。

Dsc00636_4

こちらはアビステで衝動買いしたリング。ピンクにキラキラなんて、最高です! ついでいうなら、自分ネイルも、ピンクをベースにシルバーラメをつけて、キラキラ★フレンチネイルにしてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「六雁」の話、「みず」という山菜の話

私の好きな日本料理やさん「六雁」。銀座にありまして、ミシュラン★のところです。

初めて行ったときには「まあ、見た目がキレイだし、外国人が喜びそうだなあ」くらいだったのですが、気がつけばもう3,4回は行っていますね。行くたびに、ファンになります。野菜を中心とした料理で、女性のお客様を接待するのに、とてもよいのです。

いつもは野菜とお刺身のコースにし、7階の半個室をとるのですが、昨日は接待ではなく友人と一緒だったので、6階のオープンキッチンカウンターにしてみました。

目の前で料理しているところが見られますし、ちょっとカッコいい板さんと、お話しながら食べることができます。上の階の半個室はちょっと無機的ですし、個室ということで、あまりサービスの人がきてくれないため、お酒のおかわりのタイミングが難しいのですが、オープンキッチンなら、すぐにおかわりの準備をしていただけます(笑)。

昨日の野菜のコースは、品数がかなり多く、満足、満足。むしろ刺身つきのコースよりもお腹いっぱいになりました。また、この日の最後のお客さんだったのか、料理を二つほどサービスでだしてくれました♪

そして。板さんと話をしているうちに、「山菜」についての話になりまして。板さんと、「みず」という山菜の話で盛り上がりました。

みず。知ってます?私の父が青森出身ということもあり、私は東北地方の山菜「みず」が大好きです。その名のとおり、水のおいしいところでしか生育しない山菜です。アクが強くなく、シャリシャリとした歯ざわりと、ちょっとのぬめりが、なんともおいしいのですよ。

六雁には、「みずが入荷して、メニューに加わったら、連絡ください」と伝えて、昨日は店を去りました。

家に帰ってからも、「あ~、みず、食べたい!」と思って、ただいま、お取り寄せを企画中。実家の母にも教えてあげました。父に食べさせてあげたいもんね。

というわけで六雁のリンクはこちら

あと、みずについて興味のある方はこちらをどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽しそうだなあ、土方くん

新聞サイトで見たのですが、なんだか面白そうで。

歴史上の人物でのコンテストって、「ちょっとトンデモ」ぶりがいいですね。本人たちはなりきっているのでしょうけれど。

こちらのサイトでどうぞ。新聞サイトだから、リンクが消えちゃったらごめんなさい。

http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20080517-OHT1T00169.htm

優勝者はこちらです。ブログにリンクさせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

髪は女の命ですから

ストレートロングの黒髪が自慢です。枝毛は1本もありません! でももともと、細くてコシのない、ゆるいクセ毛なので、実はいろんなメンテナンスをしています。

フツウ、1箇所で済ませるであろうヘアサロン、私は3つを使い分けしています。

行き着けサロンは、カット用サロン(予約不可なので、いつでもしてもらえる)、ヘッドスパ(前にもご紹介したサロン・ド・リジュー)、そして新しく加わったのが、クレアウゥール ウチノ

ここは髪そのものをキレイにするサロンをうたっているところで、そのトリートメント力はすごい! 髪を扱ったCM撮影の前には、女優さんたちが駆け込むとか!?

私も行ってみました。カラーかストレートリブレかを当日のカウンセリングで決めることになっていたのですが、結局、両方を一度にしていただけることになりました。

何度もトリートメント剤を髪に入れ込むし、新しく伸びてきた部分と既存の部分をわけて丁寧に施術するためとても時間がかかりますが、仕上がりには本当にオドロキ! ただツヤツヤになるのではなく、髪そのものに潤いがあり、明らかに重量がでているのです! 開いたキューティクルから抜け出てしまい、スカスカになた髪の内部組織を、トリートメントで充填させた感じです。髪そのものが丈夫になったよう。

カラーとストレートリブレで、その時間、なんと7時間半(笑)。ちょっとした外国へのフライトと同じくらい。でも、とてもリラックスできるビジネスクラス並のシートでしたし、目の前でDVDを3本ほど見ましたので、ぜんぜん苦痛じゃなかったです。

毎日の家でのヘアケアも大切ですが、サロンでぐっと美を上げるのも、大事。キレイになると、家でもがんばろうって思えます。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野菜弁当

全部、野菜!

昨日、ほんの3口だけコーヒーを飲んだら、眠れなくて。今朝は早く起きてしまったので、趣味と実益を兼ねて、弁当づくりにいつも以上に励んでみました。

玄米ごはん、黒豆のフェイジョン風、小松菜のチヂミ、ヒヨコ豆のハンバーグ、カブのべっ甲焼き、カブの葉のおろし和え、そしてちょっとから揚げ風に見える(?)のは、高野豆腐のスパイス揚げ焼きです。ぜ~~んぶ、野菜だけど、ちゃんとタンパク質もOKですよ。

一回に作る量がある程度になってしまうので、おそらく明日も同じおかず(笑)。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恥ずかしながら、大人買い

いや~、書きたくないんですけどね、ネタなんで、ネタ。

一部ご存知かとは思いますが、私が○年ぶりにハマったアイドル、KAT-○UN。とくにK梨くん。新しいアルバムが6月4日に発売になるらしいんです。そこはそれ、ほら、私もそこまでとことんジャニオタじゃないから、そういうチェックしてなかったですよ。ファンクラブとか入ってないし、いくらなんでも。

それでね、その新アルバム、最近よくある「初回限定盤にはDVD付」っていう特典があるらしいんです。ああ、そうか、せっかくだからDVDも見たいな~なんて、気楽に考えて、今さらながらアマゾンとか調べてみたら…あらら、予約終了と在庫切れとか、そんなんばっかり!! ええっ、もう買えないの?? ウソ、そう言われちゃうと、どうしても欲しくなるよ、初回限定盤!

どんなにググッても、どこにもない! ない! あんまりそういうことしたことないのでよくわかんないけど、当日、ツタヤとかに行ったら買えるもんなの? あるいは店頭なら予約できるわけ?? わかんない。今日ツタヤに行ってみたけど、予約のヨの字もなかったです。予約締め切っちゃった?? ああっ、でも、そうなると逆に火がついて。もう「欲しいってば、欲しいよ!」状態で、意地になってしまって。

そしたら、昨日までなかった楽天で「初回限定盤+通常版 セット」という、なんだかズルイ売り方のセット予約が、今調べたら、再開してました。

あの…、買ってもいいですか?

というわけで、今まで圧力鍋だのなんだのを楽天で買ったので、ポイントが2600円くらいついていまして。それを満を持して投入し、予約買いしました、初回限定+通常。

意味なく、2枚セットだよ、セット。初回盤のDVDのほか、通常盤のブックレットつきだ! って、なんだかおかしいぞ、私。

2枚もっていてもしょうがないので、1枚は姉にあげよう、うん。よろこべ、ぽんちゃん!

あははは。大人って、いいですね~(笑)。余裕ですよ、余裕。

私、間違ってます??

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「ルパン」DVDで見る

ルパン…といっても、「ふ~じこちゃ~~ん」「あ、とっつぁん!」のあのルパン三世ではなく、その祖父であり、オリジンであるアルセーヌ・ルパン。小学生のころ、子供文庫みたいな本を読み漁った記憶があります。

そのルパン(1世)の映画がこちら。

ルパン DVD ルパン

販売元:角川ヘラルド映画
発売日:2006/04/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

DVDで見ました。カリオストロ伯爵夫人や、ルパンの従姉妹のクラリス嬢も登場。

あ、でも期待しちゃあ、いけませんぜ。宮崎駿の映画のキャラとはぜ~~~んぜん

違いますから。

原作のエピソード満載…ではありますが、短い時間に詰め込んだため、懐かしい言葉でいうところの、「ジェットコースター」ドラマ。いろんな意味で裏切られます、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八方だし レシピの出典

以前、「八方だし」を作った話を書きました。その八方だし、大変活躍しております! 今わりと凝っている野菜料理の味付けや、煮物などなど、なんでもこれを使います。材料に「だし汁50cc、しょう油大さじ2、酒大さじ1、みりん大さじ1…」なんて書いてある料理のときには、ふつうにお水50cc、八方だし3〜4にしておけば、味として、同じように仕上がりますし、だしをとる手間もかからない。

昆布を水につけておく「昆布だし」も便利ですが、こちらは冷蔵庫で2〜3日しかもたないので、私のように仕事をしていて、料理の機会が少ない人には逆に不経済かも。

というわけで、日持ちもして、味付けも楽ちんな「八方だし」。じつはこのブログにも「八方だし」の検索をかけてやってくる人が多いみたいなので、ぜひレシピをご紹介したい!
のですが、レシピにも著作権があるの、ご存知ですか? 私は仕事柄、著作権にはウルサイので、ここでは直接書くことはしません。そのかわり、私が参考にした料理本をご紹介します。


サルビア給食室のおいしいおべんとう手帖 (主婦と生活生活シリーズ)Bookサルビア給食室のおいしいおべんとう手帖 (主婦と生活生活シリーズ)


著者:ワタナベ マキ

販売元:主婦と生活社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


このわっぱのお弁当箱をみているだけでも楽しいですね。
この本に紹介されているレシピは、超簡単なものもあれば、お弁当のおかずとして作るにはやや面倒なものもあり、正直、「お弁当レシピ本」としては、世の中にはもっと便利な本があると言えましょう。
でも、ビジュアルとしてなんだかうれしいメニューが紹介されているし、とにかく、この「八方だし」分のレシピを知ることができるだけで、モトがとれるような気がします。
ご参考に!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋入り

浜松の家来と一緒に新幹線にのり、私は名古屋まで。姉のところに遊びにきています。
というわけで、明日はスタジアム欠席です。
応援よろしくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シティボーイズミックス PRESENTS 『オペレッタ ロータスとピエーレ』

今や私にとって、GWの恒例となった、"浜松の家来と行く シティボーイズの公演”。今年も、シティボーイズミックス PRESENTS 『オペレッタ ロータスとピエーレ』に行って来ました!

まずは浜松からやってきた家来と待ち合わせて、品川へ。オイスターバーにて、カキを食しつつ白ワインをいただき、まずは前哨戦。その後、天王洲アイルへ移動。終演後はまた飲む…っていうのが、お約束。

今回のシティボーイズミックスの舞台の概要はこちらをみてね

毎年、不条理な脚本、演技、演出には、爆笑するのですが、今年は例年に比べて、内容的にシンプルだったように思います。客演は、もはや「もう一人のシティボーイズメンバー」となった中村有志と、初舞台となるピエール瀧。

今までは大竹がほかのメンバーの不条理な設定に翻弄される、いわば、狂言回し的な約が多かったのですが、今年は、ピエールがその立場にいる感じでした。なので、大竹のボケがいつもよりも堪能できましたです。

あの斉木さんが隠れてしまうほどのBIGでメタボ(笑)なピエーレ、もとい、ピエール瀧。がんばっていましたよ。でも、まだ、何かを捨てきれていないです(笑)。

とにかく。シティボーイズはすごい。セリフの中にもでてきますが、「初老に見える男」たちが、本気でおかしなことをしているのは、カッコいいです。カーテンコールでのトークも絶妙で、おかしいとか、面白いを超えた、「芸」を感じさせますね。

6月にはWOWOWで放映があります。あ、でも、放映できそうもないようなキケンなセリフがいっぱいありましtがけど、大丈夫なんでしょうか?(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

山瀬選手のブログに爆笑!

我がマリノスの伝統の10番を背負う男・山瀬功治選手。北海道出身ということもあり、とても応援している選手のひとりです。

彼が最近、公式HPをオープンしていて、彼のブログを私も毎日チェックしています。マリノスの選手の中では、中澤選手、田中隼磨選手のブログも読んでいます。

中澤選手のブログはフォトエッセイ風。代表の合宿の様子なんかもよくわかって、楽しく読んでいます。田中選手は最近は「パパ日記」状態ですね。「怪獣』こと、赤ちゃんの成長が楽しいです。プライベートなネタがいっぱいです。

山瀬選手のブログが、もっともサッカー選手らしい文章です。試合や戦術を振り返るような記述が多いです。

ところが! 今回の5月1日分のネタはブラジルにサッカー留学をしていたときのネタ。普段どおりの、ちょっと固めの書き口調です。ぜひ、ゆっくりスクロールしながら、文章を読んでください! そして、そのときの写真が現れたときに、あなたは爆笑でしょう!

山瀬選手のダイアリーはこちらをご覧ください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »