« 『新世界より』を読む | トップページ | 俊輔 10億で買うとして »

『赤いヤッケの男』を読む

「トイレの花子さん」みたいな都市伝説がありますよね。それの「山バージョン」。

赤いヤッケの男 山の霊異記 (幽BOOKS) Book 赤いヤッケの男 山の霊異記 (幽BOOKS)

著者:安曇潤平
販売元:メディアファクトリー
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今、リンク用の画像を見て、かなり引いた…。こんな装丁だったのか…。ぼんやりとしか見ていなかったので、「ただの赤のグラデーション」だと思っていたの…。コワッ!

さて、内容です。すべて登山関係の幽霊談。「口裂け女」なみにコワイ話もありますが、「ゴースト」なみにちょっとホロリとくるような話もあります。どの話も、「そういうこと、あるかもしれないなあ」とか「ロッジとかでこういう幽霊談を聞いたらもりあがるかな?」みたいな感じです。

今年も新聞を読んでいると、山での遭難のニュースがたくさんありますよね。エベレストでなくても、山登りには多かれ少なかれ、危険がともなうもの。サイアクの場合、不明のままで捜索活動を打ち切ることもあるでしょう。

山で不明になった人は、自分が生きているのか死んでいるのかわからないまま…。そのまま山をさまよっているのかもしれない…。

ほら、こわいでしょ??

でも、安心してください。自分が今いるのは「山」ではないので、今すぐ恐怖を味わうことはぜったいにない。(これが「トイレの怖い話」や「トンネルの怖い話」だと、その場に行くたびにいちいちコワイ思いをしなくちゃならないけどね)。私、登山なんてしそうもないし(笑)。
山にさえ行かなければ、怖い思いをしなくてすみます。

山登り好きの人にはおすすめしません…。

|

« 『新世界より』を読む | トップページ | 俊輔 10億で買うとして »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105589/20346883

この記事へのトラックバック一覧です: 『赤いヤッケの男』を読む:

« 『新世界より』を読む | トップページ | 俊輔 10億で買うとして »