« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

ワルノス

ワルノス
マリノス非公認キャラ、ワルノスくんと遭遇。ワルノスの宣伝チラシを配っていたのはなぜか、露出の高い女性たちでした。写真なくてゴメンなさい(笑)。ちなみにこちらに写っている方は、私ではないです(笑)。勝手に写してしまってゴメンなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「vege dining 野菜のごはん」がいい!

ご存知ですか? izumimirunこと、庄司いずみさんの人気サイト「vege dining 野菜のごはん」。URLはこちらです

野菜をつかった料理のレシピ満載の人気サイト。扶桑社からは、単行本もでました。私もその単行本の新聞広告を見て、サイトのことを知ったのですが…。ん? 庄司いずみさん? 同姓同名のライターさんを知っているなあと思ったら、ご本人でした! あら、ビックリ! 私が以前働いていた雑誌編集部で、よくお見かけしました。当時私は料理担当エディターで(笑)、庄司さんは料理関係ではないライターとして、活躍されていました。私はお会いしたときに挨拶を交わす程度でしたけれど。

その庄司さんのレシピ、本当においしそう!! 趣味が料理を自認する私が、今までいろんなサイトでレシピをチェックしてきましたが、こんなに実用的でおいしそうなのははじめて! すぐに単行本も買うことにしました!

izumimirunの「vege dining 野菜のごはん」 Book izumimirunの「vege dining 野菜のごはん」

著者:庄司 いずみ
販売元:扶桑社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

いや~、ホントにシンプルでおいしい。すぐにいくつか作りました。ニンジンカレー、かぶらのべっ甲焼き、お豆のバーグ…。お弁当にもおすすめのものもたくさん。

なにがいいって、冷蔵庫にあまっている野菜でできちゃう、難しい調味料がいらない、一人分から作れる、はやければ2~3分でできちゃう。肉を使わない分、調理器具も油っこくないので、すぐに洗える…などなど、いいこといっぱい。
そして、そして、野菜がとっても甘くておいしいのです。

皆様よくご存知の方もいらっしゃると思いますが、私はベジタリアンならぬ、お肉が好きなミータリアン。そんな私もお腹イッパイ、満足の食べ応えなのです。見た目もいいですしね。

庄司さん、これからもおいしいレシピをぜひ、お願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

沖縄のおいしい島豚 「満味」

先日の沖縄旅行で行った、おいしいお店をご紹介します。

お店の名前は「満味」。まんみ、と読みます。ブセナテラスから、タクシーで2500円くらい。人気なので、予約しておいたほうがいいです。

イス席と座敷がありますが、家族連れの方にはお座敷が人気みたい。ここの島豚、超、超、超、おいしい!! 東京にあったら毎日行くかも。

ココはしゃぶしゃぶも、焼肉もあるのですが、ぜったい、両方食べてください! どっちの味もなんとも言えずおいしいのよ。先にしゃぶしゃぶから食べてみて。あとね、ホルモンとかもおいしいよ。
ぜんぜん、脂っこくないし、いくらでも食べられちゃうから不思議。お肉そのものの味が本当においしいのよ。……って私、「おいしい」を連発しすぎ!?

詳しくはお店のホームページを見てね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

俊輔 10億で買うとして

スポーツ新聞等で話題かと思いますが、セルティックの中村俊輔選手を我がマリノスが買いもどすためにがんばっているようです。

移籍金が派生する、契約期間中に買い戻すとして、来年1月くらいか。夕刊フジによると、10億円ぐらいかかるそう。それでも横浜開港150年という節目もあるし、かなり話題性は高くなります。なにより、マリサポとして、とてもうれしい。彼にはぜひ、いずれマリノスに復帰してもらいたいと思っています。
私がずっとファンであるということもありますが、彼のプレーは、多くの子供に見て欲しい。できるだけ目の前で、いろんな人に見て欲しい。サッカーというスポーツの、「夢」の部分をもつ選手ですから。

一般的に野球選手よりも選手生命が短く、収入面においても、有名サッカー選手であっても有名野球選手ほどの生涯賃金は得られないかもしれないです。

でも、サッカーにはファンタジーがあり、よりワールドワイドな可能性があるように思うのです。

…というわけで。俊輔が10億だとしたら…。
私、いくらぐらい用意すればいいですかね?(笑)。払う気、ありますよ。

TOTOBIG、当たりますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『赤いヤッケの男』を読む

「トイレの花子さん」みたいな都市伝説がありますよね。それの「山バージョン」。

赤いヤッケの男 山の霊異記 (幽BOOKS) Book 赤いヤッケの男 山の霊異記 (幽BOOKS)

著者:安曇潤平
販売元:メディアファクトリー
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今、リンク用の画像を見て、かなり引いた…。こんな装丁だったのか…。ぼんやりとしか見ていなかったので、「ただの赤のグラデーション」だと思っていたの…。コワッ!

さて、内容です。すべて登山関係の幽霊談。「口裂け女」なみにコワイ話もありますが、「ゴースト」なみにちょっとホロリとくるような話もあります。どの話も、「そういうこと、あるかもしれないなあ」とか「ロッジとかでこういう幽霊談を聞いたらもりあがるかな?」みたいな感じです。

今年も新聞を読んでいると、山での遭難のニュースがたくさんありますよね。エベレストでなくても、山登りには多かれ少なかれ、危険がともなうもの。サイアクの場合、不明のままで捜索活動を打ち切ることもあるでしょう。

山で不明になった人は、自分が生きているのか死んでいるのかわからないまま…。そのまま山をさまよっているのかもしれない…。

ほら、こわいでしょ??

でも、安心してください。自分が今いるのは「山」ではないので、今すぐ恐怖を味わうことはぜったいにない。(これが「トイレの怖い話」や「トンネルの怖い話」だと、その場に行くたびにいちいちコワイ思いをしなくちゃならないけどね)。私、登山なんてしそうもないし(笑)。
山にさえ行かなければ、怖い思いをしなくてすみます。

山登り好きの人にはおすすめしません…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『新世界より』を読む

分厚いハードカバー、上下巻。それだけで敬遠するのは超もったいない、とても面白い本です。きっと、なにか賞をとるような気がします。

新世界より 上 Book 新世界より 上

著者:貴志 祐介
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

新世界より 下 新世界より 下

著者:貴志 祐介
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画にもなった「黒い家」や「クリムゾンの迷宮」などの作品で人気の貴志 祐介の書き下ろし作品です。

近未来なんだけど、ちょっとだけ「地球へ…」とか「ナウシカ」っぽい感じがあり、ちょっとファンタジーやSF入っていて、ゲームでいうところのダンジョンでの戦いがあったり、超能力の新人類がいたり…。

分厚い本なんだけど、とにかく、続きが読みたくて読みたくて、通勤のときにも持ち歩きました。忙しくて下巻からは一気読みはできなかったけれど、できれば一気読みがおすすめ。

話そのものはね、ぜんぜん難しくないです。…でもねえ、ストーリーを説明するのは難しい。実在しない動物や虫や能力のオンパレードなんで、うまく解説できないんですよ~。でも面白いってば! 読んで、読んで!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

恋愛運アップ!?

友人Aが恋愛のことで悩んで、某占い師のところへ行ったそうです。その占い師のアドバイスによって、Aの友人Bさんが、なんと13歳年下の男性とあっという間に知り合って結婚したそうで。Aは期待の気持ちでいっぱいで占い師のもとへ。

占い師に恋愛運をみてもらったところ、恋愛運UPの秘訣を伝授されたそう。それは

赤い下着を身に着ける

だそうです。

どうでしょうか。男性諸君。赤い下着の女性…。ちなみにAは、「それはちょっと…」と抵抗があるようで、かわりに赤い半貴石のブレスを身に着けることにしたようです。一般的に恋愛運UPというと、ピンクのイメージなのですが、赤ね、赤。

そういえば、欧米では、クリスマスシーズンは赤い下着を買ったりプレゼントされたりするようですね。下着ブランドの展示会で、クリスマスコレクションを見ると、確かに必ず赤い下着があります。

私? ふふふ。

あ~、こういうネタを書くと、エッチ系サイトのトラバがガンガンくるんだよな。もちろん全部削除するけど。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

美ら海水族館

美ら海水族館
美ら海水族館
楽しかった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄

沖縄
ブセナテラスのオーシャンビュー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょいバカ

1日代休をいただき、ちょっとだけ、バカンスへ。

沖縄へいってきま~す! 今まで、一度出張で行ったことあるだけなのですが、とても楽しみ! オフシーズンなので、ツアーも安いです。というわけで、ちょっとだけゼイタクして、ブセナテラスに泊まることにしました。おいしいもの、いっぱい食べて、リフレッシュ! うふふ。写真など、アップしますね!

私不在でも勝ってくれ~という、ムシのいい願いを、マリノスに。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今日は何の日?

4月8日って、何の日か知ってます?

どうもお釈迦さまの誕生日らしいです。見たことないんで、わかんないけど。

そんな暴風雨の本日は、年に4~5回、あるかどうかの「縁起のよい日」だそうで。私の同期の男性Yが結婚式をしたようです。

ここんとこ、同期の独身男性2人、私とよく飲んでいた男が、結婚しまして。正直、ちょっとさびしいです。結婚している男性と飲みにいってはいけないというルールはないけれど、やはり誘いにくくなります。私は飲むのが好きなので、そうなると、男性の友だちも結構大事なんです。女性には女性同士の気楽さがあるし、基本的に女の人は好きですよ。でもね、彼氏じゃなくても、「どうしても男性と飲みたい」ってときもあるんです。甘えたいときかな。(でも、その目論見はハズレて、甘えられたり、グチられることもしょっちゅうなんですけどね)。

一緒にユーロ2000を見た、サッカー話の面白い、ワインを一緒に楽しんでくれるKくん、おめでとう。友人のモトカレであり、私の相談相手であり、仕事でも大事にしているYくん、おめでとう。

そして、いきなりですが、表題にもどります。カモメ仲間のトメちゃん。誕生日おめでとう!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

死刑は必要か2

以前、郷田マモラの「森のアサガオ」という、漫画をご紹介したと思います。

モリのアサガオ 6―新人刑務官と或る死刑囚の物語 (6) (アクションコミックス) Book モリのアサガオ 6―新人刑務官と或る死刑囚の物語 (6) (アクションコミックス)

著者:郷田 マモラ
販売元:双葉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

それとセットで読むことを親友Kにすすめられて、こちらも読んでみました。こちらはルポというか、3年間にわたる取材をまとめたものです。

死刑 人は人を殺せる。でも人は、人を救いたいとも思う Book 死刑 人は人を殺せる。でも人は、人を救いたいとも思う

著者:森達也
販売元:朝日出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

やはり、結論は難しいです。日本の文化において、「死」はタブーのひとつ。だから、私たちも実際の死刑がどのように行われているのか、ほとんど知らないでしょう(だって、その方法などは公開されていないものですから)。死刑囚がどんな日常を送っているのか、しらないですよね。

死刑の存置を自答する際に、知っておくべきことがたくさんあります。
もし、自分が冤罪で死刑を言い渡されたら…、もし自分がなにかのはずみからブチ切れて、死刑にいたるようなことがあったら…。もし、自分の大切な人が殺されてしまったときに、やはり「犯人を殺したい」と思うだろうし…。人間が、どんな罪人であろうと、その人の命を奪ってよいものなのだろうか…。犯人が死ぬことで、遺族が救われるのか? などなど。

自分の立場や状況によっても、「死刑は可か、否か」の意見はきっと変わるはず。まずはひとりひとり、じっくり考えたいものです。

私の意見? 直接、お会いした人にだけ、話します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八方だしと、ネコマンマつくりました

ついに禁断の「調味だしづくり」に手を出してしまいました。お弁当をつくるときに、「だしの効いた料理って、朝は作れないんだよなあ」というのが悩みだった私。とある料理本で「八方だし」の作り方がのっていて。冷暗所でかなり保存できるものだったので、早速チャレンジ。

厚削りかつおぶしと、だし昆布、干ししいたけを用意して、醤油、みりん、酒に一晩漬け込みます。翌日火にかけて、煮立ったらすぐとめて、ざるでこして、煮沸消毒した保存ビンへ。これで八方だしができあがり。だししょうゆ、もしくは、甘くない濃いめんつゆのモトといった感じ。うん、これなら調味料としてゆでた野菜や肉にちょっとかけてもいいし、万能しょうゆだしとして、煮物にもつかえるな。

で、こした後の、鰹節、昆布、しいたけ…。かなりの量ですが…、これは細かく刻んで、炊き込みごはんにしました。もちろん玄米。マリコ流、「だしのネコマンマ」。

Photoしょう油とだしの味がしみて、歯ざわりのよい、昆布や鰹節がうまい! ネコじゃないくてもおいしいニャ~!

そんでもって、さっそく八方だしをつかって、高野豆腐の含め煮をつくりました。これも冷蔵庫で5日もつらしい。

Photo_2 ジップロックコンテナーに煮汁ごと入れて保存します。このままいただいてもいいし、汁を切り、小さく切って、青菜といっしょに和え物なんかにしてもよいね。

Photo_3

ついでに。冷蔵庫にあまっていたひよこ豆をつぶして、ゆず胡椒と練りゴマを加えて、「大豆ハンバーグ風」に焼いてみました。作っている途中は、ずんだ餅みたいだったけど、焼けたら、それなりに。

こうやって、一度にいろんなものを作ると、洗い物が少なく(流し台に出ている器や鍋をしまうことなく使いまわすからね)、メンドウじゃないものです。

う~ん、私、本当に料理が楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モロッコの羊皮スリッパ

これです。ソフトで、履き心地もとてもいいですよ~。

Dsc00439

左の2足は女性用、右は男性用。

でもなあ。きっとモロッコで買うと、すご~~く安いんでしょうね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »