« 鮨一 | トップページ | 男の品格 »

豆を炊く

「炊く」って言葉が好き。「煮る」よりも、なんだかホッコリ、ふっくらとしていて。
関東では、お米は「炊く」、豆は「煮る」ですよね。関西だと、煮物のことを「炊いたん」とかいいうようで。それもなんか、いいなあ。薄味でほっこり煮えた感じがする。

今日は、黒豆を炊いてみました。昨日から一晩、水につけまして。得意のフィスラーの圧力鍋ミニロイヤル2.5リットルの出番です! 落し蓋をして圧力でほっこりと炊く。

でもその後、私が作ったのはフェイジョン。ベーコンとみじん切りタマネギ、スパイスなどを炒めたあと、先ほどの「黒豆の炊いたん」とあわせて、スープを加えて、ふたたび圧力鍋で少し炊く。塩こしょうで味をみて、フタをとって煮詰めて、最後はちょっとだけ、タバスコを入れる。黒豆のフェイジョン、できあがり~~。

私の「炊く」は、なぜか和風にならないのでした。…南米かっ!?

|

« 鮨一 | トップページ | 男の品格 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105589/11579015

この記事へのトラックバック一覧です: 豆を炊く:

« 鮨一 | トップページ | 男の品格 »