« 京極堂シリーズはお好き? | トップページ | クラブW杯 »

「入船」で鮪を食す

また食べものの話でスミマセン(笑)。美食の王様こと来栖けいが絶賛しているすし屋「入船」に行ってきました。ミシュランの★がついていないだけあって、かなりすいていて、予約もスンナリ。奥沢という場所も、まあ、近い人には近いけど……ってこともあるかな。外観はほんとうに、「世田谷区のおすし屋さん」といった感じです。友人と二人でカウンターに座りました。店主の方は、川渕キャプテンにそっくりです!(笑)。

最初にビールを飲みながら、突き出しの鮪の頬肉の煮こごりや、もずく、生いくらなどをいただきました。その後、料理を決めます。私のオーダーは、「ごはんでおなかいっぱいにならないで、できるかぎり鮪のおいしいところを食べられるコースにしてください」。というわけで、鮪にいろんな部位を6貫、その他のおすすめ寿司と、しじみ(特大!)のお味噌汁がつく「店主のおすすめコース」になりました。

私はサッポロ出身ですし、ススキノで握っていたという職人のおいしい寿司も大好き。そのかわり、あんまり鮪に興味はなかったんです。東京の人って、鮪が好きですよね~。

でね、やっぱり、入船の鮪はおいしかった! 大トロ、中トロどちらも、ほんとうにとろけるよう。それでいて、脂っこい感じはしないんです。むしろ、「ふんわり」という表現ができるかも。カワギシの軍艦巻きもとろけるようですし、トロとたくわんをたたいた手巻き海苔巻きも、超うまい!

ほかのネタも悪くはないですが、次にどんな鮪が食べられるのか、コースの途中で鮪以外の寿司が目の前に出されると、ちょっとだけ残念に思っちゃうほど。

次回は鮪づくしを食べにいきます! 誰か一緒に行きましょう!

|

« 京極堂シリーズはお好き? | トップページ | クラブW杯 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105589/9396810

この記事へのトラックバック一覧です: 「入船」で鮪を食す:

« 京極堂シリーズはお好き? | トップページ | クラブW杯 »