« 「臼杵ふぐ 山田屋」で、ふぐ | トップページ | 「入船」で鮪を食す »

京極堂シリーズはお好き?

人気作家、京極夏彦の妖怪シリーズ(って言っていいのかな?)、読んだことはありますか? 私は大ファンです。映画化もされた「姑獲鳥の夏 」、もうすぐ映画も公開となる「魍魎の匣」…などなど、たくさんあります。もっと書こうと思ったのだけれど、漢字の変換や表記がメンドウすぎて、ここには書きませんが(笑)。

文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫) Book 文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)

著者:京極 夏彦
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

魍魎の匣―文庫版 (講談社文庫) Book 魍魎の匣―文庫版 (講談社文庫)

著者:京極 夏彦
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

本としての分厚さもすごいのですが、あっという間に読んじゃいます。シリーズの中でも、私は「ハコ」(「魍魎の匣」…モウリョウのハコ、の略称とさせていただきます)が、一番おもしろいなあ。シリーズでどんどん読んでいくと、登場キャラクターの性格や人間関係がとても面白いです。映画では阿部寛が演じている探偵・榎木津は、本当に愛すべきキャラですね!

京極先生のファンというのはかなりいるようで、私の友人の妹さんは、京極堂シリーズの同人誌を作っているらしいです。

と、思っていたら。版元のK談社さん、オフィシャルで同人誌(?)作っちゃったよ!「京極堂トリビュート」。各界のすばらしい方々が、京極堂シバリで作品を提供。京極堂シリーズの世界観を保ちながら、独自のクリエイティビティで表現しています。 ショートストーリーだけでなく、マンガがあったりもして。トビラをあけてすぐのページに掲載されている、デスノート作画の小畑健の描く榎木津は、なかなかカッコよいですよ。諸星大二郎の作品も、オチが最高でした(笑)。まだ全部読んでいませんが、オムニバス調なので、気になるところから読んでいきたいと思います。

妖怪変化 京極堂トリビュート Book 妖怪変化 京極堂トリビュート

著者:西尾 維新,あさの あつこ,諸星 大二郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 「臼杵ふぐ 山田屋」で、ふぐ | トップページ | 「入船」で鮪を食す »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105589/9377687

この記事へのトラックバック一覧です: 京極堂シリーズはお好き?:

« 「臼杵ふぐ 山田屋」で、ふぐ | トップページ | 「入船」で鮪を食す »