« 気になるMATT DUSK | トップページ | 双子カラオケ »

レ・クレアシヨン・ド・ナリサワ

先週は接待の食事会が目白押し。いくつか有名どころに行きました。

その第一弾。

今日ご紹介するのは「レ・クレアシヨン・ド・ナリサワ 南青山」。フレンチの有名店です。小田原から東京へ進出して以来、予約がとりにくいことで有名です。私も何度かトライしたのですが、すっかりあきらめていまして。なのでうれしかったですね。へへへ。

席はちょっと空席がありましたが、あまりカップルでいらしているお客様はいなくて。むしろ男性ばかりの商談って感じの客層でした。店内はスッキリ、モダンです。インテリアが料理の方向性と合っている感じですね。

今回はクライアントさまからの招待で、ここでディナーをいただきました。先方が外資系の会社の社長様でフランスの方だったので、シャンパンやワインのチョイスは、その方が。なので、銘柄はイマイチ覚えていません(笑)。社長さんはいわゆる貴族の出身で、名字に「ド」がついた名前です。祖父の代はシャンパンのワイナリーを持っていたようでした。今回の食事会では、ワインはヴォーヌ・ロマネを選ばれていました。ありがとう、社長サマ!

料理はコースで。パンはもちろんおいしいのですが、バターが「海藻入りバター」っていうのがでてきまして、これをパンにつけていただきました。おいしかったです~。

野菜もこだわりがあって、野菜そのものの素材の味が濃かったです。

ほか前菜、魚、肉、ともにフレンチでありながら、わりとさっぱりといただけます。そこがいわゆるクラシックフレンチとは違うところですね。品数はそこそこ多いですが、一皿の量は多くないので、いつの間にかペロリと食べてしまいます。盛り付けは、華美ではありません。そこもモダンでいいかな。フレンチのわりにはシンプル。でもキレイですよ。重厚なフレンチがすきな人には、物足りないでしょう。

シンプルであるがゆえに、印象に残る一品というのがないのが、ちょっと残念。どれも合格なんですけどね。

ふだんはデザートに対して執着はない私ですが、ここのデザートはおいしかった! ナシのタルトとチョコレートムースなどを盛り合わせていただきました。これも、いわゆる「デザートマニア」からは物足りないはずです。私にはちょうどいいです。

ただし、料理と次の料理がでてくるまでの時間がちょっと長いかな~。入店から帰るまで、3.5~4時間(笑)。仕事の食事会だからしょうがないか。帰りにはシェフが挨拶にきてくださいましたが、感じのいい人です。

有名店のわりには、居丈高でなく、シンプルで若い感性と思います。

一度プライベートでも行ってみたいです。下記もご参考に。

オフィシャルHP

来栖けいによる紹介ページ

|

« 気になるMATT DUSK | トップページ | 双子カラオケ »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105589/8542895

この記事へのトラックバック一覧です: レ・クレアシヨン・ド・ナリサワ:

« 気になるMATT DUSK | トップページ | 双子カラオケ »