« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

「浦和に失礼だろ!!」

新横浜に行ってきました。日産スタジアムです。大宮戦です。0-2で負けました。ひどい内容でした。うちらの自滅だな。

試合後、年間シート席の、私たちの前の席の女性がいいました。「浦和に失礼だろ!」。

そうですね。先週、現在首位のACLでお疲れの浦和さんには0-1で負けました。今週、がけっぷちの大宮さんには2点差で負けてます。ホント、浦和さんには失礼してます。

あ、でも、大宮さん、浦和さんに勝っていましたね…。3チームだけでいうと、大宮の優勝です。んなわけ、ないだろ!

余談ですが。今日スタジアムのスタメン発表で早野監督の紹介のとき、ヴィジョンで「はやの~~~、ひろし~~~!」という声が聞こえた瞬間。私は、「あれ? 名前間違ってる。ボンペイじゃん」と一瞬マジで思ってしまいました。そうか、ヒロシっていうんだ。ボンペイと呼び続けていて、そっちのほうがピンとくるよ。

ああ、ナオキ! ナビスコで復帰たのむ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お弁当を「詰める」という意味

姉の上京WEEK最終日。一緒にDVDみたり、のんびり午前をすごし、午後に姉は名古屋へ、私は新横浜へ。

今週は、姉のためにも朝のフルーツジュースを2杯分つくり、お弁当も二人分、作りました。でね、ちょっとわかった、家族っていうものを。

今まで私は「お弁当をつくった」という書き方をしていましたが、自分のためだけだったら、「つくった」なのね。でも姉の分のお弁当を用意しながら、「ああ、ここのスキマにもうひとつ、おかずが入るな」とか「野菜が足りないから、もっといれなくちゃ」とか「昨日と同じおかずじゃ悪いから、あと1品足そう」と思ったわけで。
その結果、お弁当箱はツメツメになるわけです。いつもより、おかずがギュ~~ッと入る。

ああ、これか。家族のためにお弁当をつくるということは。相手のことを考えると、お弁当はつくるだけでなく、「いかにたくさん、栄養のあるものを、おいしいものを相手に食べさせるか」を求めたくなるものなのです。だから結果的に「つくる」ではなく「詰める」になるんだ。

子供とかいない私が、ちょっと勉強になっちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

姉week

今週は水曜日から、姉が学会のため上京。

なんてったって、親子よりも濃いDNAなんで、一緒に遊んだりゴハン食べたり。ついでに昼のお弁当ももたせたりして。仲良し双子姉妹です。

というわけで、更新はマメにはできません。が、元気でがんばっています。仕事はボチボチ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョコのほうから私に寄って来た!?

秋冬のショッピングへ行ったときのこと。今年はやっぱりブーティでしょ! と思ったのですがなかなか品切れとかサイズ切れ状態。

そういえば、セリーヌブティックから、ショーの招待の電話があったのに、返事もしないままだったなあ、カタログに載っていたブーテイ、かわいかったなあ、ちょっと店によってみようかな~、なんて、散財覚悟で、セリーヌへ。

女性らしい、品のよいデザインが好きで、ときどき服を買っています。

でね、ブティックで、ほぼ希望通りのブーティをみつけて購入。担当してくれた店員さんは、私に何度もショーのお誘いをしてくれた人でした。すみません、留守電のまま、返事しないままショーが終わっちゃって。

と思ったら。「マリコ様、ショーにはおいでいただけませんでしたが、これ、ショーのお土産だったんです。どうぞ!」といって、お土産だけ、くれました!

それが、コレ! そう、ピエール・エルメのチョコレートじゃん!!

070924_185212

070924_185255

しかもセリーヌマーク入り! わーい!! 記念写真をとったあとは、すぐに全部、ひとりで食べちゃいました! おいしかった!
なんだかね~、縁があったんでしょうか? 日記に書いたらすぐに手に入ってしまいました。

ちょっと、調子にのってみようかな。魔法日記(笑)。

やっぱりダイヤは、ハリー・ウィンストンよね!…って書いたら、誰か私にくれるかしら??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤケになってもんじゃ

昨日、日産スタジアムへお越しの皆様、お疲れ様でした。マリサポ的には悔しい内容で、残念な結果。

試合後はサポ仲間と飲んで帰るのがお決まりのコースなのですが、みんなと相談して「あまり赤組がいないところにしようよ~」ということに。いつもの居酒屋ビルを避けて、ちょっと先のお好み&もんじゃの店に行きました。

ビルの暗い入り口を入るニコニコ商店というところへ行ってみました。よくあるレトロ昭和風の店内。ビルの入り口の暗さにくらべてみると、けっこう人が入っていました。テーブル席を選んで座って、お化粧室へいってもどってきたら、トナリのテーブルには赤い人たちが座っていました(笑)。

まあ、試合後は私は「すべてを忘れる、すべてを!」ということにしたので(じゃないと、連休がつまらなくなる!)、赤い人たちを気にせずに、もんじゃ作りへ。

仇のようにキャベツを叩き切るヘラさばき、つゆを一滴でも逃すまいというカンペキなまでの土手のディフェンス、土手ともんじゃタレを混ぜる瞬間の手早い混ぜっぷり。そんなところに、私の本当の心が隠されていたのではと思います。

ここのもんじゃ、私は結構おいしかった。どの店でも私がよく頼むような「明太もちチーズもんじゃ」とか「カレーもんじゃ」もおいしかったけれど、ここの「塩ラーメン入りもんじゃ」(とかいう名前だったな)は、ナイスでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョコレート中毒!

お酒が好きな私で、甘いものはほとんどいただかないのですが、今日は編集企画会議で、脳(脳内メーカーによると、秘密と恋とHでできています)を使ったせいか、会議中から、もう、どうしてもチョコレートが食べたくて! いただきもののリンツのチョコレートをもって会議室へ。自分だけ食べるのもなんなので、みんなに回して、罪悪感を軽く薄めてみました。

いつもよりもカロリーオーバーだけど、昨日から企画練りまくりだったし、あんまり寝てないし、まあ、いいでしょう。。。。。と、自分を甘やかしていたら、夕方になって、モデルのコが編集部にやってきて「パステルのプリン」のさしいれ。そりゃ、いただきますよ(涙)。今日はホントに疲れたんだもん。自分からあまり手に取らないものですが、今日はおいしい。そしてまたカロリーオーバーだなあ。

チョコレートの話にもどりますが、いわゆる「甘いもの」のジャンルでも、チョコレートだけは別腹です。辛党の私でもチョコレートは好き! 好き! 女性なら経験があるかもしれないですが、体調によっても、ものすご~~~~くチョコレートを食べたい日なんてのがあります。

ふだんは、おやつが欲しいからといってわざわざコンビニに足を運ぶなんてことのない私も、たま~~~に、禁断症状がでて、チョコレートだけ買うために、夜中にコンビニにいくことがあります。

メゾン・ド・ショコラや、ジャン・ポール・エヴァン、ピエール・エルメが好き。フランスのショコラティエが口に合います。前世、パリジェンヌだから(笑)。安いチョコは酸味が強すぎることがあって。まあ、それでももちろん、好きですけどね! ちなみにチョコレートケーキというものにはあまり興味はないです。これもジャン・ポール・エヴァンとピエール・エルメは別だけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VIP割引という誘惑

某ファッションブランドの青山店がリニューアルオープンしました。以前、銀座の店で、フォーマルドレスやらクラッチバッグやらをまとめ買いして以来、いろいろご案内をいただいていて。この青山店のオープニングにもプレスではなく、顧客招待だったみたい。

でね、まあ、ちょっとは買い物する気はあったのですよ。こういうニューオープンのときって、店舗限定製品とか記念製品ができるので。プレミアものですし。というわけで、まず、青山店限定のお財布を購入。ちょうど、別ブランドの銀座店オープンのときに買ったお財布がちょっと壊れかけていたことですしね。

ところがそこで、魔のひとことをショップ店員が。「マリコさまは、VIP割引ですので、30%ほどオフさせていただきますので…」。ああ、うれしい。私、ここのブランドのえらい人と仕事したことがあって、それもあって、VIP割引してくれるみたい。プレス割引(10%くらいオフ)ってのは今までも多少ありましたが、ブランドもののVIP割引って、すごいなあ。

でね。言い訳が長くなりましたが。3割引ということもあり。ちょっと気が大きくなって。

ファーのハーフコート、買っちゃった。

高い買い物ほどプロパーで買うよりも3割引は大きいし。いや、それでも高いんですけどね。いや、でも似合うし。いや、ハデだと思うけど。いや、仕事上、迫力でてもいいんでないの? いや、迫力ありすぎるかもしれないし。いや、アンタほかにもお財布やブーツも買ってるやん。いや、自分にお金をかけてこそ女だと思うし。いや、ゼイタクすぎだよ。

というわけで、がんばって働きます。

ハデなファーのコートを着た私を見たい方、ぜひ、素敵なレストランなどにお誘いくださいませ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

有閑倶楽部のドラマ化

10月期から、一条ゆかり先生(←やはり、このお方には「先生」とつけずにはいられない)のマンガ「有閑倶楽部」がドラマ化されます。

私は連載時に読んだり、コミックスで読んだりしていますが、キャラクターが個性的で、とても楽しいアクション・コメディ。ときにはミステリー仕立てになっていたりして。

で、そのキャラクターの中で主人公なのは、超お金持ち(成金)のケンカに強い女の子、悠理。ほか、ここのところ、ドラマでブームの「金持ち高校生のマンガのドラマ化」(「花より男子」とか「山田太郎物語」)の流れはここにもあります。

なんですけどね。ドラマ化では、なんと、「主人公が別人」らしい。マンガでは、生徒会の6人が主な登場人物で、その中でも悠理を中心に話が展開します。今回のドラマでは、生徒会のほかの人物、警視総監の息子・魅録が主人公になるらしい。ううむ。主演、赤西仁。なるほどね。ネットのウワサでは、ほかにも関ジャニの横山くんや、KAT-TUNの田口くんも出演とのこと。

彼らのことは好きだけれど、原作の面白さを知る私としては、ちょっとフクザツです。まだ読んだことのない人は、ドラマを見る前に、ぜひ、まっさらの状態で原作を読んでほしいな。

ちなみにドラマのオフィシャルサイトはこちら。ぜんぜん情報がありません(笑)。

そしてコミックのオフィシャルサイトはこちら。 

有閑倶楽部 (1) (集英社文庫―コミック版) Book 有閑倶楽部 (1) (集英社文庫―コミック版)

著者:一条 ゆかり
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (7)

バーベキューが好きっ!

mixiでお友だちになった人に誘っていただいて、バーベキュー、いってきました! 場所は都内の光が丘公園。知らなかった、ここでBBQできるんだ~。お肉もヤキソバもタイカレーも、おいしかった!! お肉の味付けなどなど、ほんとに最高! 天気もよくて、シアワセ。誘ってくださった方も初対面。知っている人がいない中での参加だったので、ちょっと不安だったけれど、行ってみてよかったです。主催された方々と、集まったみなさんと、さそってくれた方と、私に誘われてつきあってくれたえっちゃん、楽しかったです。ありがとう!

今年2回目のBBQだったのですが、どうやら私、とてもBBQが好きみたい。オトナになると遠足もないし、私は子供がいないので(笑)、なかなかアウトドアな機会がないんです。BBQみたいな「イベント感」って、非日常だから、ワクワク。

サポ仲間の皆様も含めて、BBQをするときには、私を忘れずに呼んでくださいね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜中にブンブン

先日。ベッドランプをつけたまま寝てしまったところ、なんだか近くで夜中にブンブンという音が…。OH,NO!! 音というより、羽音!! こわい~~~! 虫、キライ!!

メガネをしていなかったので、いったい、何が飛んでいるのかわからず、ドキドキ。メガネをとりたくても、羽音のちかくにメガネがあるので、取れません(涙)。

これはゴキ?? いやうちの新築マンションにゴキがいるとは思えないし、そもそも、ゴキなら光に向かってブンブン、なんてことはないはず。

そのうち、その虫は、どこかへ隠れてしまいました。はぁ~。隠れたのはいいけれど、いることはいるんですよね、寝室に…。こわい。でも寝ないと明日も仕事…。それに虫を退治したとしても、それをどう片付けるんだよ、私? だいたい、ここに住んでからは、虫なんて想定外だから、殺虫剤もないし。もちろんスリッパとかでたたくなんて恐ろしいこと、できないし。万が一、洗剤かなんかでやっつけても、その後の「死体遺棄」ができないわよ。

なんてことを考えながら、とりあえずフトンをかぶって寝てしまいました。翌朝も、虫を探す気にはなれなくて。でも見つからないのもこわいし。会社へ向かう前に、ベッドサイドの床になにやらうごめくものが! こ、これは!!  カナブン!

いったいどこから進入したのかわかりませんが、カナブンです。ゴキじゃないです。しかも瀕死のカナブン。これならなんとかできそう…。勇気をふりしぼって、ほうきとチリトリを用意。フラフラのカナブンを早業で確保しました。このころには、私、カナブンに対しては恐怖よりも同情の気持ち。たぶん、命の炎はもうすぐ途絶えるのでしょう。そんなカナブンを窓からベランダへ出しちゃいました。しばらくしてベランダをみると、いなくなっていたようなので、フラフラながらもどこかへ飛んで行ってくれたのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DVDで「フラガール」見ました

仕事の関係で、資料として「フラガール」を見ることに。映画公開時に見たいなあと思っていたので、結構ウレシイ。ちなみに、映画は、うちの母と姉が一緒に見に行って号泣したそう。

フラガールスタンダード・エディション DVD フラガールスタンダード・エディション

販売元:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:2007/03/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

見た方も多いと思います。今にもつぶれそうな炭鉱の町が、反対の声もある中、ハワイアンセンター設立へ向けて動き出します。目玉はフラダンス。でも炭鉱の娘たちは、もちろん、超ド素人。東京からダンスの先生を迎え、必死に練習するわけですが…。という内容です。

見ながら、泣きました、私も。ストーリーの中で、女の子たちが健気だったりするんです。

でも。いやね、ストーリーだけじゃないんですよ、泣けるポイント。ダンスがすばらしいの。踊っているのは、蒼井優ちゃんとか、しずちゃんとか、そして先生役の松雪なんだけど、これが、ほんとうにキレイ。ストーリーの登場人物もダンスがんばったわけですが、リアルに、役者さんたちも、ダンスがんばったんだなあ~と。「蒼井優がこんなにダンスが踊れるなんて、相当、練習したんだろうなあ」と、感動しちゃうんです。

「ウォーターボーイズ」に出演した役者さんたちも、そうでしたよね。撮影中にシンクロができるようになっていたわけですもの。

というわけで、見ていると体を動かしたくなりますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やばいほど、口内のヨゴレがとれる!

今、編集部ではやっているアイテムのひとつがコレ。「SOSORO」(ソーソーロ)といいます。口内洗浄剤でして、これをちょっと口に含んで、ブクブクとうがい。ペッとはく。するとですね、口の中のヘンな膜のようなものが取れるんです! 吐き出したものを見るのが、なぜか楽しみになる。なんじゃ、こりゃ! リステリンなどに比べると高価かもしれませんが、一度試す価値あり!

入っている成分が、ちょっと不思議ですわよ。だって、「茶葉抽出液、精製水、スイカズラエキス、メントール、レモンエキス、ステビアエキス、クテイチャ液、キシリトール、エタノール…」。

スイカズラエキス…。美容成分としても、あまり聞かないな…。でも茶葉抽出液というのはわかる。口に入れたときに、ややシブイです。抗菌作用もありそう。

まあ、とにかく。食後にこれでブクブク、ペッ。口内のキモいものを吐き出すべし!

SOSORO SOSORO

Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

私の「脳内メーカー」(大笑)

テレビ番組などでも取り上げられていて、有名なサイト脳内メーカー
私も以前、チャレンジしました。…あまりの結果なので、さらしてみます。

本名で、姓と名をツメて入力すると、こうなります。

C4b9c6e2b0e9bbd2_2

わははは! Hと愛に囲まれた、秘密、秘密、秘密。。。たとえるなら「不倫脳」ですかね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログの「アニキ」中澤佑二選手

芸能人やスポーツ選手など、たくさんのブロガーがいますが、なんといっても尊敬できるのは、ブログのアニキ(いちおう、ブログの女王という異名をとったタレントに対抗してみました)、中澤選手。ご存知、マリノスのボンバーです!

マリサポはもちろん、そうでない人に面白いコネタがいっぱい。必ず写真もあるしね。自分のことを「俺っち」というあたりも、好感もてます。

テレビで見る試合や、新聞のインタビューではわからないような裏話が読めるし、なにより、雰囲気がよいのです。ブログとしてのたたずまいが美しい。読者へのサービス精神もあるし、奇をてらうようなこともなく。

毎日1回、場合によっては2回も更新しています。ホントにいいやつだな、中澤。マリノスのキャプテンであり、代表DFであり。多忙な毎日を、「俺っち」は楽しく綴っています。

ひとりよがりになったり、ただの宣伝になったり、自慢になったり。ブログって、基本的には「オレサマ」なメディアですが、そこで「俺っち」になりきっている中澤佑二選手を、リスペクト!

中澤佑二選手のオフィシャルサイトはここ。最近のオススメは9月5日。ほかの媒体では見れないね、この画像、この笑顔、この素直な文。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都内、大雨で水没するのは

みなさま、台風の影響は大丈夫でしたか? さて、タクシーの運転手さんから聞いた、台風や大雨で「水没する」道路のことです。まあ、ひとりの運転手さんのコメントなんで、真剣にとられても困るのですが、念のため。「大雨のときは、そこを通らないほうが無難」くらいに考えていただければ。

運転手さんいわく、まず「溜池」。ああ、名前の通りですね。中沢新一の『アースダイバー』という本でも、「もともと水の溜まっていた場所」と書いてあったように記憶しています。

次に江戸川橋。私はあまり、そのあたりに行くことはないので、よくわかりません。

最後に代々木公園の「代々木深町の交差点」から坂になっているあたりだそうです。今は「深町」っていう名前は信号についていなかったような。でもやっぱり地名がそんな感じですね。

この3箇所は、運転手さんは避けて通るらしいです。まあ、雑談ですが。

アースダイバー Book アースダイバー

著者:中沢 新一
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

参考までに、こんな本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の夏休み課題図書は「冷血」

金曜日と月曜日に休みをとって、4泊5日で札幌に帰っていました。まあ、先日までの日記をご覧いただければおわかりのように、ほとんど「食べて」ました。ビバ! 北海道食!

で、食べていない間はなにをしていたかといえば、読書。夏休みといえば読書でしょう。夏は各出版社も名作を押す時期。旅行には常に本を持っていく私ですが、今回は新作ではなく、旧作の、名作といわれるもので、まだ読んだことのないものにしようと決心しました。

で、選んだのが、トルーマン・カポーティの「冷血」。

冷血 (新潮文庫)

買ったきっかけ:
三省堂で並んでいた名作たちをウロウロと見ているうちに、どうしても気になって。カポーティといえば、「ティファニーで朝食を」が有名。本人がゲイであることもよく知られています。

感想:
面白かった! 登場人物を把握するまでがちょっとメンドウでしたが、それさえクリアすれば、非常によくできています。とある一家惨殺をめぐる、ノンフィクション風な書き方ですが、まるで、今はやりのアメリカ群像ドラマを見ているよう。登場の場面がすくない人物であっても、その人のバックグラウンドが必ず描かれています。
犯人があらかじめわかっているのですが、その犯人がなぜ犯行にいたったのか、そしてどんな処罰をうけるのか…。その事件をめぐる村の人々のくらしや人間関係など、かなり詳細です。後半は寝る間も惜しんで読んでしまいました。

おすすめポイント:
これで人物の名前の表とかがついてたら、もっと読みやすいのになあ。名で書かれていたり、姓で書かれていたりで、途中「あれれ、これダレだっけ?」ってこともあります。
というわけで、登場人物を、外国人俳優を思い浮かべて、勝手にキャスティングするととても面白いと思いますよ。

そうそう、パトリシア・コーンウェルとか、T.Hクックとかが好きな人なら、ぜったいオススメ。というか、そういう作家が好きなら、きっととっくに読んでいるんだろうな(笑)。

とある田舎でおきた一家惨殺という事件をとりあげているので、ある意味、出版された当時よりも、今、この時代のほうが、ピッタリとくる小説だと思います。

冷血 (新潮文庫)

著者:トルーマン カポーティ

冷血 (新潮文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昼は「鮨一」でした

以前もご紹介しましたが、札幌へ帰省するときのひとつの楽しみは、「鮨一」へ行くこと! すすきのの名店「すし善」で修行をされた大将が、北区に開店したおすし屋さんです。

ネタは北海道のものを中心に、築地からも空輸しています。くじらのベーコンなどは、自家製。これがまた、おいしいのよ!

札幌の中心地からはやや離れた場所ですが、近所の人はもちろん、市内、道内からはもちろん、全国からお客様がきています。

今回も予約を入れようとしたところ、夜は満席。昼にかえて、いってみました。昼は築地からの空輸が間に合わないため、ネタに限りがあり、お値段もややおさえめらしいです。そういう評判をネットで調べて知ってはいましたが、実際に行ってみると、そんな、ネタの少なさなんて、問題にならないです。十分、そろっているし、つまみも充実しています。

今日は最初に、出回り始めたばかりのタチをいただき、自家製くじらベーコン、時期として最後という道産のウニなどをつまんだあと、おまかせで握りをいただきました。キンキやエンガワ、いくら、アンキモ、あわびなど、ああ、今思い出してもおいしかった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旭山動物園

旭山動物園
旭山動物園
旭山動物園
旭山動物園
暑かったー。でも楽しかった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »