« リッツ・カールトン | トップページ | ビリーとシェリー »

ロミー・シュナイダー

ロミー・シュナイダーという女優が好きです。「すごい美人」とか「すごく可愛い」っていう人ではないのですが、品があって、女らしくて。若いころは、アラン・ドロンの婚約者でもありました。彼女は82年になくなっていますが、その死は服毒自殺では?といわれています。年齢を重ねてからの彼女は、日本でいうと、女優の加藤晴子のような雰囲気です。

私は、「サン・スーシの女」と「夕なぎ」という作品を見ていますが、どちらとも、彼女の魅力がうかがえます。

「夕なぎ」に出演時には、おそらく、32歳くらいなのですが、これがいい女です。二人のタイプの違う男性に愛される女性の役なのですが、それも頷ける感じ。どこか「所帯くさい」ところが、妙に女っぽいし、エレガントです。オトナの女、そんな感じなのです。日本人で今、キャスティングするとしたら、鈴木京香さんあたりかな。イヴ・モンタンの役は、佐藤浩市なんてどうでしょうね。若い男のほうは、木村拓哉かな…。イマイチ、適役がいないのですが、外国人でよければ、オーランド・ブルーム。あらら、日米合作になっちゃった(笑)。

夕なぎ DVD 夕なぎ

販売元:ビデオメーカー
発売日:2006/04/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« リッツ・カールトン | トップページ | ビリーとシェリー »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105589/6703521

この記事へのトラックバック一覧です: ロミー・シュナイダー:

« リッツ・カールトン | トップページ | ビリーとシェリー »