« 情熱大陸で、中田浩二 | トップページ | プラチナナノコロイド »

自己チューのすすめ

今、このトシになって、私、「自己チュー」になる訓練中です。(今までもそうじゃん! というツッコミは禁止!)。仕事や社会生活の中で、「他人に迷惑をかけない」という親からの教えをできるだけ守ってきたつもりですが、それって、ヘタすると、「自分という核」がない人になってしまう場合も。何をしたいのか言わないで遠慮する(そのくせ不満をもつ)、何を食べたいのか相手に合わせる、周囲の評価を気にする……。

他人に迷惑をかけないということと、他人にすべて合わせることはイコールではないのですが、そのほうがラクということもあって、自我を抑えがちなことも。(引き続きツッコミ禁止)。

いまさらながら、自分が何が好きで、本当は何がキライなのか、どうしたいのか、ガマンする必要があるのか、など、「本来の自分」というものをもう一度、みつめてみよう、と。

その一歩が「自己チュー」です。ここで言う「自己チュー」はわがまま放題という意味ではありません。「本来の自己の中心にあるもの」をしっかり理解してあげよう、そういうのが、大人の自己チュー。自分の中心づくりです。

ちょっとばかり、今までよりわがままになってみる。慣れていないと、そういうことにも訓練が必要に思います。他人に迷惑をかけたっていい。自己中心的でもいい。そうやって自分を肯定できるようになれば、強いですよね~。

ちなみに、今売れている渡辺淳一先生の「鈍感力」。読んでないけど、きっと自己チューのススメのような気がするな。

|

« 情熱大陸で、中田浩二 | トップページ | プラチナナノコロイド »

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105589/5682391

この記事へのトラックバック一覧です: 自己チューのすすめ:

« 情熱大陸で、中田浩二 | トップページ | プラチナナノコロイド »