« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

チャンピオンズ・リーグでスイッチ入った!

昨日(今朝方?)のチャンピオンズリーグ、セルティックVSミラン、見ました???

私はね、別にセルティックを応援しているわけではないのですが、つい、なんとな~~く見てしまいました。んで、途中で、自分にスイッチが入っていることに気がつきました。
いや~、ひとりごと、連発ですよ。「今のはないだろ~」「そこで取られるなよ~」「あ~~~ん、ミスキック!!!」などなど。セルティックには思い入れはまったくないですが、ひさしぶりに俊輔を見ているうちに、つつい判官びいき、俊輔びいきに。
相手がミランということもあり、(マルディーニ、かっこいい38歳がいいね)、軽くエキサイトしました。

もうすぐJ開幕。少し気分も上向きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松田直樹、ボランチなの??

「松田直樹、ボランチで復帰」という恐ろしい記事を見つけてしまいました。日刊スポーツより。

確かに、そのテはあるけど。本人も言っているように、ヘタですよ、ボール持つと(笑)。あとね、後ろから相手を追いかけるのもヘタです(笑)。最終ラインにおいては、「後ろから追いかける」ときは、もはやファウル覚悟のときですからね…。

でも、がんばって!! 松田には、最初から最後まで、マリノスでサッカー人生を送ってほしいです。 どんなポジションであっても。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとウツな季節?

どうも毎年、2月は気鬱です。だいたい、サッカーがない次期だしね。ここのところ、仕事が忙しく(といっても夜中までかかることはあんまりなかったけど)、自分の時間ってものがあまりなかったからかな~。
でも仕事が早く終わっても、なぜかまっすぐ家に帰れなくて(笑)。つい、メシ友を探してのみにいってしまいます。さびしがりやだからかも、私…なんてね。
あんまり体にはよくないと思うんだけど。
しかも、飲んだ次の日、なんとなくイヤな気持ちになるんですよね。酔ってしゃべった内容について反省してみたり。はしゃいでいた自分をイヤになって落ち込んだり。
そんなわけで、ちっともブログも更新する気になれませんでした。

本当に毎年、見事に2月は、わけもなく落ち込む季節。人間って繊細にできているんだろうな。花粉症も加わって、ますますウツですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

中澤の代表復帰

中澤選手ががんばっています。マリノスがふがいないものだから(涙)、DJオズマのモノマネもします。キャプテンにもなります。そして代表にももどりました。ありがとう、ユウジ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花粉症

暖冬のせいもあって、1月から花粉を感知していたのですが、ここ数日、さらにひどくなっています。
まずはモーニングアタック。朝、起きて、体温が上がってくると、クシャミ連発です。いや、2~3回じゃないんです。15回ぐらい。クシャミに鼻の粘膜が刺激され、次のクシャミを呼んでしまうんです。
目もかゆい。ほんと、取り出して、キレイに水洗いしたくなります。

今年はまだクスリを飲んでいないのですが、来週は病院へ行ってこよう。

今年は花粉が少ないといわれていましたが、どうやらそれは違うようですね。なにかいい方法があったら教えてください。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

本当に欲しいものって

3ヶ月に1度くらい(というか、予約がとれない)、自由が丘のスピリチュアル系のエステサロンに行っています。二人がかりで施術してくれる、いわゆる4ハンズのボディエステが最高です。なので私はスピリチュアル目的でそこに行っているわけではありません。

「スピリチュアル」というのは、そこは「私の体からのメッセージ」を言葉にしてくれるというものなんです。正直、「?」って気もするし、占いのようなもののような気もするし。私はあんまりスピリチュアルにはまるタイプではないし、むしろあまり好きではないのですが、物事を考えるきっかけにはなります。

例えば。前回は、「マリコさんの体からのメッセージは、“本当に欲しいものにむかって、ひとつひとつ、努力をしていってください”」でした。ふうむ。このメッセージ、神様からの言葉とか、守護霊様からのメッセージって言われると、なんだかなあ~と思いますが、出所は、私の体(ということになっています)。自分発の自分へのメッセージなので、文句もつけにくいです(笑)。

そのメッセージ、私にとってはフォーチュンクッキーみたいなものです。メッセージの意味はあんまり具体的ではないし、よくわからないけれど、考えるきっかけをくれます。

そういえば、私が本当に欲しいものってなんだろう? 例えば夫とか家庭とか子供? でもそれって、本当に欲しいのか、私?  今もっていないから欲しいだけなのか? そういう意味では、「いい仕事をして、腕をあげたい」っていうのが、今の欲しいものかもしれないな~。……などと、つらつらと考えています。

本当に欲しいものは何なのか…。考えると難しいね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

麻布十番のふぐ武

会食があり、麻布十番の「ふぐ武」というお店に行きました。ここは創業40年という、かなりの老舗。長嶋茂雄の愛した店としても有名です。(ふぐ好きの長嶋さんが、みなにふぐ刺しをすすめつつ、自分は皿に並んだ薄作りを箸で、ガガガ~ッと何枚もとったので、誰もほかに手を出せなかった、という逸話が有名)。

天然モノにこだわっているだけあって、グルマンな私に言わせていただければ(笑)、ふぐに対する評価が変わります! 「ふぐは、食感の食べ物」的な気持ちでいたのですが、ここのは、しっかり「味」があります。白子はほんとにクリーミィでクセがないし、ふぐ刺しは皮まで味わい深いし、から揚げもギュッと身がしまっていておいしい。最後の鍋と雑炊で、大満足です!

ただし、少し、不便な点があります。

当日、私は遅れそうだったので、先着のセンパイに電話を入れたところ、ケータイが通じませんでした。また、店の方に伝言をしていただこうとしたのですが、お店で電話に出られた方も年配なので、どうも話が通じなかったです(笑)。電話の取次ぎができなかったです。店にいってみると、その人が給仕をしていたのですが、やはり話が通じにくい(笑)。

終わるのも早く終わりたいらしく、最後のほうはかなりせかされました。雑炊を作ってくださったので、「ああ、手間をかけてくれているなあ」と思ったのですが、そういう意味だけでなく、「早く食べ終わって欲しい」みたいでした(笑)。

店内には、外国人含め、スポーツ選手を中心としたさまざまな人のサインが飾ってありました。

食には旬が大切。暖冬とはいえ、ふぐ(小上がりの席についたのですが、私たちの食事の最中、向かいにある水槽から、こっちをにらんでました)は、やはりおいしい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Nintendo DS Lite

弟にすすめられた、DS Lite、品薄で手に入りにくいと聞いていたのですが、Amazonのマーケットで新品を手に入れました!なかなか忙しくて手をつけていなかったのですが、昨日は二日酔いで調子が悪く(笑)、家にずっといることにしたので、遊んでみました!

まずはこれ。

東北大学未来科学技術共同研究センター 川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング 特典 ニンテンドーDSLite専用 保護フィルム(下画面用1枚入)付き 東北大学未来科学技術共同研究センター 川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング 特典 ニンテンドーDSLite専用 保護フィルム(下画面用1枚入)付き

販売元:任天堂
発売日:2006/12/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

脳年齢テストから開始。画面に出てくる文字の色を声を出して読んだり、簡単な計算をしたり、単語の記憶力を試したり。私、ゲームとかテストとかアタマの体操系って好きなので、興味がありました。テスト結果は、実年齢よりも若くて、あ~よかった! 二日酔いのわりにはよくできたよ~。でも、正直、飽きるかもな。

そしてそして、本当に遊んでみたかったのは「どうぶつの森」!

おいでよ どうぶつの森 特典 ニンテンドーDSLite専用 保護フィルム(下画面用1枚入)付き おいでよ どうぶつの森 特典 ニンテンドーDSLite専用 保護フィルム(下画面用1枚入)付き

販売元:任天堂
発売日:2006/12/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

自分がキャラクターとなって、森へ引越し。新人住人としてコツコツとお金をためながら、少しずつ暮らしを充実させていくんです。森の住人である動物たちとのコミュニケーションも楽しいし、季節感もあります。でもね、ふふふ。
「木を揺さぶって実を落として、それを売ってかせぐ」「魚をつって、それを売ってかせぐ」「友だちからもらった家具や家電、それを売ってかせぐ」。
ファンシーでありながらも、生活という現実を思い知らされるゲームです(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

近況、とりあえず

けっこうハードな日々です。色校の時期だし、編集部のイベントの準備があるし、新たな試みもしなくちゃいけなくて。あと、そうそう、伝票決算みたいな仕事もあるんだな、これが。でもって、ストレスがたまるから、夜にあいている日には、次々と人と会う予定を入れてしまい、家にほとんどいません。まあ、体力あってこそ、できることなんでしょうけどね。

個人的には、年明けからひとつ、すご~~~く悩んでいることがあり、これが心の真ん中にずっしりと居座っています。でも、自分の力では解決できないことなんで、それをごまかしたいから、めちゃくちゃ仕事がんばったり、次々と人に会って紛らわしたりしているですよ。くすん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

柳沢伯夫厚生労働相の発言

どうでもいいんですけどね、「女は子供を産む機械」とか「二人以上、子供を欲しいを思う、健全な…」とか。人はね、思っていもいないことはクチから出てこないんです。失言というものがあるとしたら、「思っているけど言っちゃいけないことを口にする」ことが失言。つまり。柳沢さん、やっぱり、心底、思っているんですよ。それはもう、こんなジイサン、考えが変わるとは思えない。
「世の中の、政治家という立場で、失言を許されない人でさえ、そう思っているのだな」と、よくわかりましたです。柳沢さん、反省したとしても、もうなおらないです、ぜったい。

「負け犬の遠吠え」の著者である酒井順子さんが「少子化対策委員」らしいのですが、彼女も言っています。「産みたいと思える要素がない、育てるという意欲がもてない、そういう環境がない」と。

言いたいことがありすぎるので、いっそ、全部割愛しします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うまうま! 自宅で鍋、外食で火鍋

寒い季節はやっぱり鍋♪ 私は季節を問わず、ひとりごはんのときにも、よく鍋をつくります。私のマンションの1Fにはピーコックというスーパーがあり、ここは土曜日はポイント5倍。土曜日にまとめてお買い物することが多いです。昨日もいっぱい野菜を買いまして。この週末は、ず~~っと鍋です。(ダイエット目的もあります、ははは)

野菜をいっぱい食べられるし、準備も簡単! チゲ鍋も豆乳鍋、水炊きもおいしい。どんどん、ありあわせのものを入れますが、白菜だけでなく、レタスを入れるのも好きです(今の時期はちょっと高価だよね)。キノコ類はたくさん! 鶏肉はバーミックスで自分でミンチしてニンニクと混ぜて肉団子にして入れると、すっごくおいしいです。

薬味も大事。ポンズなどのタレには柚子こしょうや、黒七味を入れるとさらにうまいっす。

ちなみに、今、外食でも鍋にハマッていて。香港などに旅行にいったことのある人はよく知っていると思いますが「火鍋」。鍋の中央に仕切りがあって、2色の出汁に好みの具を入れていただきます。おすすめがこの店。西麻布にある中華料理店です。

真不同という店です。某フードコーディネーターのおすすめです。ちょっと、お値段的にも気取っていますが(笑)、味はおいしいし、量もたっぷり。スープはトマト湯・豆乳湯・上湯・麻辣湯・沙茶湯・薬膳湯の中から、ふたつを選びます。私は2回この店に行きましたが、2回とも、トマト湯と麻辣湯を選んじゃいました。トマト湯のほうは、ベースは鶏だしでトマトの酸味がほんのり効いて、さわやか~。麻辣湯は、辛いんですけど、その辛さがじんわりと体をあたためます。具も多いので、いつも最後の麺は食べ切れません…。店でいちばんの人気のスープはトマト湯だそうで。うちでもマネしてみようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザ・ロック様が主演の映画「Gridiron Gang」

これも機内で見た映画。「なんか見たことある人が主演だな~」と思ったら、WWFのロック様! 「スコーピオンキング」ではCGで、わけわからんサソリの化け物になっていたけど、今回は少年院の保護官の役。

ちょっとしたことで道をはずして少年院へやってきた少年たちに、フットボール(アメフットね)を通して、責任を自信を与えるというストーリー。日本未公開です。

まあ、言ってみれば、アメリカ版「スクール・ウォーズ」といったところでしょうか。

ロック様、ただの肉体派ではなく、すごくちゃんと演技してます。とてもわかりやすい、アメリカらしい映画です。

公式HPはこちら。ザ・ロックの眉間のシワは、あいかわらずです(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画 ALL THE KING'S MEN

引き続き、映画ネタです。今回はアカデミーは関係なし。主演がショーン・ペン、ほかジュウド・ロウ、ケイト・ウィンスレット、アンソニー・ホプキンスなどが出演。どうやらすでにDVD化しているみたいです。

実在したルイジアナ州知事と、その周辺の人物にスポットをあてた映画です。正直、2流映画です。これも日本語吹き替えで見ました(白状)。

「田舎モノにしか、田舎の政治はできない! ヤツらを見返してやるんだ!」と息巻く知事候補のショーン・ペン。実在の人物を演じているようです。彼を取材する新聞記者(のちに彼のスタッフとなる人物)をジュウド・ロウが演じます。この物語の作者でもある元新聞記者は、この原作本によって、ピューリッツァ賞を受賞したみたいです。ウソだったらゴメン。

ケイトは、キレイどころ役。あんまり素敵じゃないです(笑)。

いい役者をそろえながら、2流感が否めないのはなんでだろうなあ。私はショーン・ペンはすごく好きです(デッドマン ウォーキングも、ミスティック リバーもよかったなあ)。いつも愛に溢れながらも社会不適合な人物を演じていますよね。今回も、情熱はありつつも危ない橋を渡るアグレッシブな政治家を演じています。アンソニー・ホプキンスは、彼自身とは感じさせないほど太っています。いつの間に…。まあ、名俳優だけどね。この映画のプロデューサーは「シンドラーのリスト」の人みたい。

まあ、そのまんま東こと、東国原知事が誕生したばかりの今、ある意味、トレンディと言えましょう(笑)。地方政治におけるウィナーとは、こういう人かもしれないですね。

とにかく。低予算だったのかなんだかわかりませんが、「これぞ見所」というのに欠けます。いや、ホント、悪くないんですけどね。ん~、でも、DVDでレンタルする程度でよいかと。それなりに豪華なキャストが見所です。あ、ほめてない?(笑)。

ALL THE KING’s MEN

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »