« アカデミー賞の行方 「クィーン」 | トップページ | 映画 ALL THE KING'S MEN »

アカデミー賞の行方その2 ラスト キング オブ スコットランド

昨日の話題の続きです。もう1本、今度は主演男優賞ノミネートです。「THE LAST KING OF SCOTLAND」。といっても、舞台はウガンダ。スコットランド出身の若い医師が、ウガンダへ救援活動でやってきます。そのころ、ウガンダは、軍によるクーデターが起きて、参謀であった、アミンが政権を握ります。そのアミン大統領役の俳優がノミネートされています。でも、狂言回し的な主人公は、ニコラスという白人の医師。

アミン大統領は絶大的な権力を持つものゆえ、常に孤独です。ヒットラーもそうだったように。ニコラスはアミンの信頼を得て、アミンの侍医であり特別顧問にもなります。しかし、アミンの独裁ぶりや、国際舞台における非常識ぶりなど、さまざまな問題が起きます。アフリカの生まれたての独立国家と、文明を経てやってきた若き医師。やがてそこに、キレツが…。あとはネタバレになるのでやめておきますね。

確かにアミンを演じた俳優さんは、上手。もう、「あなた、ウガンダで生まれ育ったでしょ?」としか思えません。アフリカなまりの、素朴な英語も、味です(今回は英語で見たのだ! といっても字幕はついてました。ははは)。

この映画も、ドキュメンタリー部分とフィクション部分が一緒に編集されています。タイトルがひねってますよね。ウガンダではなく、あえてスコットランド。機内モニターで映画が始まってすぐに、「あれ? スコットランドの話じゃないの?」と思ってしまいました。

若き医師、ニコラスもいいですよ。なんかね、どこかで見たことのあるような顔しているんだけど、思い出せない…。ちなみに日本人なら、ぜひ、堺雅人に演じてもらいたいです!

ラストキング オブ スコットランド の公式ホームページはこちら

昨日の「クィーン」よりも話自体、重たいけれど、国の独立とか独裁がよく描かれていて、私としてはとても勉強になりました。面白かったです。おすすめ。

|

« アカデミー賞の行方 「クィーン」 | トップページ | 映画 ALL THE KING'S MEN »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105589/5144242

この記事へのトラックバック一覧です: アカデミー賞の行方その2 ラスト キング オブ スコットランド:

» 「ヒミツの花園」で活躍の堺雅人と富田靖子が破局 [「ヒミツの花園」で活躍の堺雅人と富田靖子が破局]
ドラマ「ヒミツの花園」で活躍中の人気俳優・堺雅人と女優の富田靖子が破局していたことが分かった。 [続きを読む]

受信: 2007年1月31日 (水) 14:07

» ラストキング・オブ・スコットランド [象のロケット]
凄まじい迫力でフォレスト・ウィテカーが演じるアミン大統領の狂気と全編にみなぎる緊迫感、見応え十分です。 [続きを読む]

受信: 2007年3月19日 (月) 23:49

« アカデミー賞の行方 「クィーン」 | トップページ | 映画 ALL THE KING'S MEN »