« 「拝啓、父上様」面白いと思う | トップページ | サポーターの「木の芽どき」 »

ピエール・ガニエール

東京で今、レストランといえばどこでしょう? ここしばらく、新しいビルも建っていないということもあり、私はフレンチの「ピエール・ガニエール ア トウキョウ」かな、と。イタリアンがイマイチで(リストランテ濱崎以上のところは、ないんですよね…)ということもあり、今、行くべきはフレンチです。ピエール・ガニエールもしくは、白金のカンテサンスかな。

臨床心理士をしている姉が、名古屋からやってくることになり、どこかレストランを予約しようと思って、結局、表参道のピエール・ガニエールにしました。ここ、私は某化粧品会社のパーティでランチにはきたことがあったのですが、ディナー(自腹)は初めて。でも、せっかく姉がやってくるし、「最高のトウキョウ」を味わってみるかと。(クラシックな意味での最高はロオジェかな)。

予約をとって、いざ、表参道! シャンパンのあと、コースを頼んで、お水は「水のドンペリ」といわれるシャテルドンをオーダー。(シャテルドン、おいしいんですよ! ホント。ペリエよりもぜんぜんおいしい! でも毎日飲むのには高いです、はい)。
アミューズのフィンガーフードは多め。パンもおいしいし、ウコンのチップスなんかも楽しい。最初はフォアグラ。う~~~~ん、焼き加減が微妙で美味。紫芋のソースや貝とあわせていただきました。ワインは女性の作り手(たぶんシングルマザー)のブルゴーニュをいただきました。二皿目はイセエビを中心とするスープ仕立て。おろし大根などとあわせて、さっぱりといただきました。3皿目は子牛。あれれ、あんまりおぼえてない(笑)。次にチーズの一品。シンプルなままでもおいしいのですが、ちょっとひと工夫入っていました。ここまででワインを飲み終わりました。

ちょうどいいなあ~と思っていたら、ここからデザートが5皿!!! 普通の女性には「むちゃっ、うれしい!」なのかもしれませんが、私にとっては「うぎゃ、多すぎ」。いや、自慢のチョコレートやらなんやら、確かにおいしいんですよ。でも、ヘンにスパイスをつかったもの(サフランのアイスなど)とかって、これ、おいしいのか??? しかも2皿食べたところで、お腹いっぱいになった私たちに「まだ、あるんで…早く…」といいくさったギャルソン。もっと感じよく「こちらもぜひ、お味見ください」とか言えよ。

もちろん高価ですが、コストパフォーマンスもよいと思われるピエール・ガルニエール。私たち以外は、おそらく医者家族などの「華麗なる一族」が多かった週末。姉妹でン万だったのに、家族8人とかで食べてるし!!なかなか面白かったです。

たしかに二皿目はほんと、おいしかった。でももし次に姉がきたときには、老舗の「ロオジェ」の味も知って欲しいな。

これだけ書くと「贅沢しやがって」と思う人もいるかもしれませんが。私は限られた人生、食べ物にお金をかけることが惜しくはないです。そういう友達、募集。一緒においしい食事&おいしいお酒で、人生を豊かにしましょうよ。

|

« 「拝啓、父上様」面白いと思う | トップページ | サポーターの「木の芽どき」 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105589/4945109

この記事へのトラックバック一覧です: ピエール・ガニエール:

« 「拝啓、父上様」面白いと思う | トップページ | サポーターの「木の芽どき」 »