« 行ってきました サッポロビール園 | トップページ | 大河ドラマ 風林火山 »

正月に読書

今回の帰省では、あらかじめ実家に何冊か本を送っておきました。友人から勧められた本で、ある程度「一気読み」したいものです。

数学的にありえない〈上〉 Book 数学的にありえない〈上〉

著者:アダム ファウアー
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

タイトルがいいですね、「数学的にありえない」。英語タイトルは「IMPROBABLE」。キングの「デッド・ゾーン」と映画「マトリックス」「フィフスエレメンツ」を足して、ほんのちょっとだけ「ダビンチ・コード」風味を加えるとこうなるかな(笑)。あ、あと「博士の愛した数式」もちょっとだけスパイスとして加えたいですね。これはハリウッド映画化してほしい作品。キャラクターがそれぞれ魅力的で、よく書き分けられています。女性のCIA工作員の存在もなかなかいい感じ。映画だったらせひ、ミラ・ジョボヴィッチに演じてほしいです。上下巻あります。

次に、ノンフィクションもの。

下山事件―最後の証言 Book 下山事件―最後の証言

著者:柴田 哲孝
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「祖父は下山事件の実行犯なのか?」の疑問に迫る作品。下山事件とは、1949年、GFQ占領下、当時の国鉄総裁だった下山定則が、轢死体で発見された事件。自殺説と他殺説があるけれど、自殺にしては不審な点だらけ。他殺としてもあまりに謎が多く、かつて松本清張が「日本の黒い霧」という作品でこの事件をとりあげています。祖父が関係者であった可能性がある筆者は、ほかのジャーナリストよりも事件への糸口が近く、けっこう信憑性が高いです。GHQの陰謀かCIAの工作か、共産思考者による犯行か、当時の政府の要人による策略か。そこにからむ中国や韓国の殺し屋。「替え玉」まで用意しての綿密な犯行に、捜査一課は自殺の結論。でもその検死や証言にも多々残る疑問…。これを読むと、白洲次郎もどうやら思っていたような人ではなさそう。男性はとくに、こういったノンフィクションは楽しめると思います。

今年の正月はなんだか面白いテレビもないので読書がすすみます。あ、でも本日17時からNHK教育で放映の「白くまピース」は楽しみ!

|

« 行ってきました サッポロビール園 | トップページ | 大河ドラマ 風林火山 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

マリコさんお久しぶりです&明けましておめでとうございます。

「数学的にありえない」は書店の店頭で見て、すごく面白そうだけどかなり厚い単行本なうえに上下巻。これはよほど評判良くないと手が出ないな、と思ってました。そんなに面白いなら読んでみる価値はありそうですね。感想お聞きできて良かったです。

下山事件の方は、白洲に触れたところ、最近個人的に白洲次郎関係を読みまくっていたので気になります。ま、絵に描いたようなヒーローのイメージを抱いても意味ないのでむしろ興味深いですが、逆にそろそろ彼の話題にも食傷気味だったので、この本までは手が出ないかも・・・・。

また面白い本の紹介、よろしくお願いします!

投稿: tomorin | 2007年1月 2日 (火) 20:57

tomorinさん、あけましておめでとうございます! 今年もよろしくお願いします。 
コメントありがとうございます。上記の2冊とも、書籍編集をしている友人から借りたものです。「数学的に…」は、最初の数章をがんばれば、あとは簡単に読めると思います。ちなみに今はやはり友人から借りている「安徳天皇漂海記」に手をつけ始めました。

投稿: マリコ | 2007年1月 3日 (水) 09:32

年末年始ひたすら働く赤星です。
本年もよろしくです。

白州次郎にアンドロギュヌスとこられては書かないわけにはいきません。いやはやぜひぜひ感想の続編をお聞かせください。安徳天皇はまだ手をつけていないので、興味津々。地球の裏までぶっ飛んでいると思いますが。

で追加。先日Iwo-Jimaを観に行きましたが、なんと満員。あれだけ日本語だらけの字幕映画をアメリカ人に見せ付けるのは爽快極まりなく、後ろのご婦人達がワンワン泣かれていたのが印象的ですが・・・。赤星の感想は、御姐さんと同じく「軽い」。
もっと重々しく描いて欲しかったです。あれじゃラストサムライ路線じゃないですか。
もっとも、クリスマスプレゼントに夫から白州次郎の本をもらったかみさんは映画に大感激。
アメリカ人化が私以上に進んでいるようで。


投稿: 赤星 | 2007年1月 4日 (木) 00:31

あけまして、おめでとうございます。
お元気そうで何よりです。
前回、お会いしたときに飲んだ席とはいえ、次郎に似ているといわれ、ちょビットうれしそうな顔してしまいましたが、ヤツはもっと小顔で、私みたいに、「にやにや」してないような印象だし、人に紳士と思われているみたいです。(多分、短気で我儘なヤツだったんでしょう)

私も今後、人に不快感を与えない生き方を目指し、高い目標を立てることにしました。

1、顔の油を拭いた手をズボンにこすり付けない。
2、人前で鼻をほじったりしない。
3、口にものが入っている時はしゃべらい。
4、食事のテーブルでつばを飛ばしてしゃべらない。

目標の経過をご確認頂く為に、今度こそ!夜食にお誘いいたします。(さっちゃんも誘って私の両手に華でどう?)

追加目標、リンダから「いいわね!あんたは欲しいものが全部お金で買えるもので」と言われないようにすること。

hisao

投稿: hisao | 2007年1月 5日 (金) 16:49

赤星さま
HAPPY NEW YEAR! 今年、1月23日~27日、そちらに出張に行くことになりました。またもや某化粧品メーカーのプレスツアーなので、今回は自由時間がなさそうです。厳寒のNYですなあ。例の件(笑)しかと心得ました。ちょっと調べてみますね。

HISAOさま
ご無沙汰です! これからは白洲三郎としてご活躍ください(笑)。あの、おでんやさん、行きたいなあ。hisaoさんの目標がどんな進行状況か、さちと一緒に確認したいです。お誘いくだされ!

投稿: マリコ | 2007年1月 6日 (土) 02:05

おーいらっしゃいです。今度は一杯できるといいのですが。
でもって、当地、超暖かいです。今日など20℃! 昨年の今頃は確かマイナス18℃だったのに。なんか変です。115年ぶりに観測記録を更新してるとのこと。
例の件、ムチョオブリガード。

投稿: 赤星 | 2007年1月 6日 (土) 22:47

赤星さま
コメントありがとう。暖冬ですか~、びっくり! 東京も暖冬ですが、さすがにそこまでではないです。このコメントをいただいたので、ホントは今日、行くつもりだった冬物バーゲンは控えることにしました。
でも、以前に、NY出張を視野に入れてわざわざ買った長ロングなダウンコートや、ラビットのファーつき帽子は役立たずになりそうです(笑)。

投稿: マリコ | 2007年1月 7日 (日) 22:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105589/4765928

この記事へのトラックバック一覧です: 正月に読書:

« 行ってきました サッポロビール園 | トップページ | 大河ドラマ 風林火山 »