« 正月に読書 | トップページ | 宮本恒靖 ツネと呼んで »

大河ドラマ 風林火山

大河ドラマ好きの私ですが、「功名が辻」はあまり見ていませんでした。というのも、女性が主人公というのは、時代によっては、かなりムリがあると思うのですよ。「利家とまつ」もそうでしたが、当時の女性が夫の上司に意見したり、重要な発言などできるわけがないのに、ドラマのストーリーでは、そういうシーンがいっぱいありすぎて。いや~、”ドラマなんだからさあ…”と言われると、それはそうなのですが(笑)。

「功名が辻」は、総集編で見る程度でちょうどよかったです。総集編だと、歴史を追うことが先決になるので、千代ではなく、山内一豊が中心の構成になっているからです。

さて、昨日から始まった「風林火山」ですが、初回としてはがんばったなあと思いました。山本勘助という、比較的地味な存在を主人公にしているので、視聴者の興味をひきつけるのは大変だと思います。その第一回が、勘助の幼少時代だったら、たぶん、その後の興味を引かないと思います。その点、いきなり戦から入っているので、ちょっと興味が持てました。キャストのテロップを見ていると、きたろう、寺島進といった人が出ていたので、「ある程度重要な役なのかしら…」と思ってみてみたら、すぐに死んでしまいました(笑)。はっきり言って、ここまで名前のない役者でもよかったのだと思います。でもまあ、初回なんで、すこしがんばったのかしら、と。

今回、主役が内野聖陽という、実力はあるけどやはり地味な人で、共演も市川亀次郎という、上手なんだけれどテレビではなじみのない役者。女優も柴俊夫と真野響子の娘で新人の柴本幸。これもイマイチ、見所とはいえなさそう。私の個人的な感想としては、大河史上、もっとも地味なキャスティングに見えます。Gacktだけが無意味に派手(笑)。全体に渋め、通好みの大河ですが、しばらく見てみようと思います。

|

« 正月に読書 | トップページ | 宮本恒靖 ツネと呼んで »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105589/4848007

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ 風林火山:

» 風林火山〜第1話・隻眼の天才軍師登場! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
風林火山、2007年の大河ドラマもスタートしましたが、予想以上の出来で驚きました。去年の功名が辻など、近年大河ドラマは現代的風味も加えたものも多かった気がしますが、この風林火山はまさに時代劇といった感じで、見ごたえがありそうです。主役の内野聖陽が武田信玄、伝説の軍師・山本勘助を演じています。(風林火山、第1話・隻眼の男の感想、以下に続きます)... [続きを読む]

受信: 2007年1月 8日 (月) 22:51

» 1/8の風林火山関係書き込みBlog [NHK風林火山の基礎知識]
風林火山 大河ドラマ 風林火山 第一回 あなたの笑顔が見たくて 上杉キターーーー... [続きを読む]

受信: 2007年1月 9日 (火) 07:47

» 山本勘助 実在した人物なのか? [山本勘助]
「市川文書」という勘助の名が記された書状の発見により、勘助が [続きを読む]

受信: 2007年1月 9日 (火) 21:10

« 正月に読書 | トップページ | 宮本恒靖 ツネと呼んで »