« 今年のサッカー納め | トップページ | 掃除機ロボット ルンバ »

バレエ「くるみ割り人形」を観ました

先日、舞台監督をしている大学時代の友人とバッタリ。そのとき、彼はバレエダンサーである奥様と一緒で。そんな彼からお誘いをいただき、Mバレエ団の「くるみ割り人形」を観てきました。

クリスマスといえば、くるみ割り、といったようなこの時期のお約束の演目。「なんとなくストーリーは知っているけれど」とか「曲はなんとなく知っている」という人は多いと思います。チャイコフスキーのバレエ組曲で、私たちにはかなり親しみのある曲のオンパレード。「こんぺいとうの踊り」はなんだか「ハリーポッターの曲」に似ているし、「花のワルツ」や「ロシアの踊り」は、CFソングなどにもよく使われています。

友人の奥様は、プリマ! ベテランの余裕の感じられる、とても美しい踊りでした。このMバレエ団、かなりの「老舗」なので、演出も非常にこなれていて、「客目線」をよくわかっている感じでした。また、音が「生オーケストラ」だったので、心地よかったです。本格的なバレエファンには物足りないでしょうけれど、家族そろって楽しめる、ミュージカルのような仕立てのファンタジーエンタテインメント。クリスマス気分です。

しかし。終演後、私は一緒に観た友人と一緒に焼肉やさんへ。そこでは、BGMとして懐メロやら演歌が流れていて、クリスマス気分はどこへやら(笑)。

とりあえず、メリークリスマス!

|

« 今年のサッカー納め | トップページ | 掃除機ロボット ルンバ »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105589/4665743

この記事へのトラックバック一覧です: バレエ「くるみ割り人形」を観ました:

« 今年のサッカー納め | トップページ | 掃除機ロボット ルンバ »