« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

愛される男 松田直樹

14時から日産スタジアムで開催の「横浜・大分」戦に行ってきました。この日は横浜の「黒船祭り]と重なっていたため、スタジアム付近には、祭りっぽい扮装の人がいっぱい。ハマという土地柄か、正直、「ハマっこ」というより「元ヤンキー、元暴走族」みたいな人が駅からスタジアムにかけていっぱいいて、ちょっとした緊張感をかもし出していました(笑)。

久しぶりの日産スタジアム。最後のホームゲームです。年間チケット組の私は、「フーズ&グッズ券」の交換が本日まで。1600円分あったので、ノート2冊、ホットウーロンハイ1杯、おつまみセットひとつと交換して、席へ移動。マリサポ仲間の出席者は、名物夫婦Tちゃん、Mちゃん、お嬢さまのNちゃん、リーダーOさん、マスコットEちゃん、良心Mさん、栃木から特別参加のUちゃん、と私というメンバー。

ハーフタイムには「マリコ抽選会」を実施。これは、いつもお世話になっているマリサポ仲間の女性3人に、某メーカーからいただいたかわいい化粧ポーチをプレゼントする、という私の企画。3人ともよろこんでもらえたかな?

後半からずっとやや無口になる私たち。でもナオキの2枚目のイエロー=つまりレッド退場で、あぜん。ホーム最終試合なのに、キャプテン松田は、審判への抗議で、退場となり、キャプテンマークをピッチ上にポイと捨てていきました。

マツダァ~~~~~!!

そらダメでしょう。いかんでしょ、試合を途中でなげちゃ。どんなに怒れるときであっても。

試合後、サポーターへの挨拶は、試合に出ていなかった中澤。きっと、松田に代わって、急遽行うことになったのでしょう。でもユウジ、がんばっていて、いいコメント言ってた! コメントの途中から、終始うつむく松田が登場。

その後は選手が、ピッチの円周をグルリと回って挨拶。「ユウジ~」「ハユマァ~」「サカティ~」といった声に混じって、トボトボ歩くナオキにも「マツダァ~」とか「ナオキ~」の声がかかりました。いやあ、やっぱり彼は「ミスターマリノス」の名を受け継ぐ男。あちこちから声援が飛ぶほか、ゴール裏では、ついに(なぜか?)松田コールが!? まるでこの試合のヒーローのように! ほかの選手は、若干、面白くないだろうね(笑)。

まあ、愛されているんでしょ、うちの松田。私も愛してる!

ちなみにOさん情報によると、今回の退場で、彼はJリーグ歴代退場回数1位になったはずです(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

城彰二の引退宣言に、思う

J2横浜FCのFW城彰二選手が、今期限りの引退を宣言しました。そうだよな、とか、とっくにそうかと思っていたとか、いろんな声があるかと思います。私も、「そろそろかとは思っていた」クチです。

挨拶も彰二らしい。でも、彼の引退宣言を報道するテレビ番組を見ていると、流れる映像は、あの鮮烈なデビュー。鹿児島実業時代の坊主頭から、JEFでの初出場初ゴール(城ヘッド!)のシーン、そして、フランスW杯の予選や本戦後の帰国時に水をかけらたシーン、バジャドリ移籍のこと、横浜FCのユニフォーム姿…。

そこにはマリノス時代の彼の姿は映像として映っていませんでした。

でも、マリノスにおける城は輝いていたのです。外人選手の成績の影(あ~誰だったかは忘れたなあ)で見えにくくはありましたが、彼は当時、日本人選手として得点王でした。あの、ちょっとガニ股でジャンプして、思い切り首を振りながら決めたゴールの数々は、やっぱりすばらしかったな。

スペイン帰りの彼は、トリッキーなプレイにはまってしまい、「ふつうのプレー」ができなくなっていたように思います。、いやあ、フツウが一番難しいわけよ。「もうウチではできない」。マリサポ仲間の城のファンの2名も、それは実感していました。

きっと今の城には、サッカーを離れてみるほうが勉強になるのかもしれないです。昔、城のマネージャーが、「城は新幹線の切符も自分でとれないんですよ」と言っていました。ウトかホントかは知らないけれど、サッカー以外の人生もあるのだから、楽しんでもらいたい。(25日追記:自分探しの旅はしなくていいぞ)

横浜FCのサポーターの皆様に送られて、ピッチから出て行けることが、彼にとってよかったことだと思います。お疲れさん、城くん。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

京都番外編 京風のネーミングとは!?

京都の旅ブログ、最後は番外編。今回私たちは、紅葉の時期というのもあり、なかなかよい宿がとれずに困っていたのですが、ナイスなウィークリーマンションに2泊、とまりました。二条の駅の近くのその場所、三条通商店街の途中にあります。

その商店街がちょっと、なんともレトロで。さらに言うならば、「店の名前や看板がヘン」。あまりに理不尽(?)で面白かったものをピックアップしました。

Dsc00156 意味がわかならない(笑)。ふつうにベーカリーで「バタバタ」はないでしょ、ふつう!

Dsc00157_1 100歩譲って、ヴァウは許すとしよう。でもでも、なぜ、ゴリラなん??

Dsc00158 フルーツショップで「イモマツ」と名づける意味がわからない!

Dsc00159_3 これが最高にわかならい、「ケーキとあっくん」。誰? あっくんって?? 「ケーキや あっくん」なら、まだわかる。なぜ、ケーキとあっくんなの?? 

ほかにも、自転車やさんなのに「ピュア」とか、意味のわからないネーミングが多かったですが、なんだか「昭和のにおい」がして、よかったです。また行きたいな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

大人の修学旅行 紅葉の京都 続編

さらに山の奥のほうへ。あだし野のさらに奥、愛宕念仏寺です。

Dsc00196_1 さまざまな人(現代の人です)が彫った仏像がお出迎え。個性ある顔ですね。

Dsc00203 ドライブがてら山をまわった後は、下りてきて、紫野高桐院へ。大徳寺の塔頭のひとつですが、入り口までのアプローチが大変美しく、JRのポスターになったこともあるようです。紅葉でなかったのが残念ですが、とにかく人、人、人。細川ガラシャのお墓もあります。

Dsc00210 同じく大徳寺内の芳春院。「利家とまつ」のまつのお墓があるところです。石庭が落ち着く~。

Dsc00213 京都四閣のひとつ、呑湖閣もここにあります。

Dsc00230 最後は、夜、食事の後の青蓮院のライトアップ。断続的に青い小さな光が庭にともります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大人の修学旅行 紅葉の京都

2日目は午前中からタクシーをチャーターして、紅葉の旅。まずは大原へ。またちょっと早いとはいえ、きれいでしたよ~。

Dsc00160 結構混んでいます。三千院前。

Dsc00168 三千院の中。赤一色も美しいけれど、こうしていろんな色の取り合わせがまた美しいですね。

Dsc00175 どちらかというと紅葉よりも「五葉松」で有名な宝泉院。そのお庭。見せてもらえるようになったのは最近だそうです。こぢんまりとしてます。

昼前にタクシーで移動。今度は嵯峨野へ。

大覚寺の周りの池を見て、のんびりした後、お昼は湯豆腐。

Dsc00187 豆腐があまり好きではないはずの私も、これはおいしかった!湯豆腐のほか、生湯葉の田楽、とろろごはんのついているセットです。運転手さんおすすめの「知足庵」というところで。

続きはまた、UPします~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大人の修学旅行 京都グルメ編

金曜の3時すぎに新幹線に乗り、2泊の京都の旅。女性2人、男性2人の、旅は道連れ4人旅です。男性Tくんは、フリーライターで、京都に関する分冊百科を手がけた、京の通! 彼のコーディネートで、「大人の修学旅行」の計画が進みました。

とはいえ、紅葉の時期。ホテルの予約がままなりません。怪我の功名というわけではないですが、その結果、ナイスなウィークリーマンションに2泊。新しくて、安いし、広いし。

Dsc00148_1 シンプルで清潔感があるでしょ? これにユニットバス、キッチンがついています。浴衣、歯ブラシ、ドライヤーつき。1泊5000円ちょっと。

金曜の夜は、早速、京割烹へ。建仁寺近くの哲酔へ。祇園近くでありながら、ちょっと離れているがゆえ、静かです。ほかのお客さんもこないので、ちょっと不安になったのですが、どっこい、これがおいしいんだな~。コストパフォーマンス的にも、祇園ど真ん中より、GOOD。6000円のコースで超ご満悦です。ちょっとだけメニューをお見せしましょう。

Dsc00149_1 秋の味覚の先付け。胡桃や白身魚などの衣揚げ。

Dsc00150_2

いろいろ盛りです。左上の、かぶら寿司のゴハンは巾着寿司になっていて、中にはカニの身がいっぱい!

Dsc00152_1最後はうなぎのぶぶ付けで、シメです。

食事の後は、ワインバーへ。ちょっと雰囲気のある場所でした。ワインショップが経営しているようです。ワインバー ワイングロッサリー

明日はいよいよ、大人の修学旅行 紅葉編をお送りします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

京都大原

京都大原

今年は紅葉はまだ少し早いみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いい感じの和食は

先日は暗闇坂 宮下 青山店へいってきました。私が外苑前で迷ってうろうろしていると、地図をもってうろうろしている相手と遭遇(笑)。ちょっと入り口がわかりにくい場所でした。料理は2コースのみ。量を考えて、12800円のほうにしたのですが、かなり満足です。小さな鉢にかわいく盛られた料理が次々と出てきます。店自体、個室が多いため、接待等でよくつかわれるみたい。本家の宮下よりも明るい雰囲気で、新しさを感じさせますが、もうオープンから3年になるそうです。料理は、創作しすぎない、比較的ストレートなものが多かったです。最後のシメのゴハンは、秋刀魚の炊き込みご飯でした。これが一番、印象に残ったかな。

また、わりと最近某社さんからかどわきによんでいただきました。ここは、今の場所に移転する前に、一度きたことがあるのですが、料理が本当においしいです。私は大好き。シャンパンにもよく合う和食です。かなり創作が入っていて、さまざまな洋の食材を、和食としてとてもおいしく仕上げます。最後のシメはトリュフ入りゴハンでした。なんとも滋味。業界の人が多いので、お忍びデートなどには向きませんが(笑)。

さて。週末は京都へ行ってきます。またおいしいものの報告しますね!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ブロークバック・マウンテンとエリザベスタウン

最近見たDVD、ブロークバック・マウンテンとエリザベスタウン。

ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2006/09/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

まずはブロークバック・マウンテンから。ご存知、アカデミー賞では監督賞など3部門を受賞したほか、「男性同士の愛」という話題もありました。なんとなくストーリーは知っていたのですが、この二人の愛の始まりが、正直、ナットクできないというか、しっくりこないというか。映画のかなり前半にこういうシーンがあるのですが、美青年でない分、あまり美しいシーンと感じないです(笑)。でも、この映画、それが中心のストーリーでもないんだな、ということが、見進めるうちにわかってきます。
男性同士の愛、というネタは、あくまでネタ。中心にそこはかと流れるキーワードは、「孤独感」ではないでしょうか。ふたりが一緒にいた時間よりも、それぞれが別々に家庭を持ち、離れた場所で暮らしてからのほうが、本筋の内容です。家族がいても孤独。ああ、人間はとどのつまり、独りであるのだなと、感じさせます。
それにしても、アメリカ人は「カウボーイ」が好きですねえ。「カウボーイもの」の映画、西部劇などには、独特の思い入れがあるように思います。

続いて、エリザベスタウン。これは、某有名ヘアメイクさんのおすすめでした。

エリザベスタウン スペシャル・コレクターズ・エディション エリザベスタウン スペシャル・コレクターズ・エディション

販売元:パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
発売日:2006/11/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

オーランド・ブルームとキルスティン・ダンストが共演。スーザン・サランドンが、いい風味を添えています(笑)。でも、内容的に、そんな感動作とかではありません。見所はふたつ。ひとつにはキルスティンが演じる女性の、オーリィ演じる男性への励まし方。仕事で大失敗をしたうえ、父親を亡くして、どん底のオーリィを、明るくチアアップするキルスティン。女性なら見習うべき、と、そのヘアメイクさん。キルスティンが演じる女性の、励まし方は絶妙です。押し付けがましくなく、やや能天気ともいえるような、明るさと優しさ。
今までしたことのないことに誘ってくれる異性って、素敵に見えません? ちょっと無茶なこととか、ちょっとしたいたずらを共有すると、恋に落ちやすいように思います。そのキルスティンが絶妙なんですわ。今はやり(?)の「ツレがうつ」状態の場合、このキルスティンの上手なチアアップ術が参考になります。
 もうひとつの見所。それはオーリィです。この映画を見ていると、だんだん、オーリィが「稲垣吾郎」に見えてきます(笑)。ホント。最後のほうは、もう吾郎ちゃんにしか見えませんから。だまされたと思ってみてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (8)

野洲高校の乾貴士、来年はマリノスに

昨日のアジアカップに途中出場した乾選手。まだ高校生なのですが、飛び級で、U-21に選ばれています。あのパスサッカーで名をはせた野洲高校のミッドフィルダーです。昨日のアジアカップ、私は見ていないのですが、選手です。スポーツニッポンによると、ヒデなみのキラーパスを繰り出したとか!? まあ、結果に結びついていないのでなんともいえないけれど、どうもかなり期待できそうです。そんな彼、昨日私が「イケメン」に選んだ青山選手の野洲高校の一年後輩なわけですが、2007年にわが横浜F・マリノスに入団が決定しています。わ~い、パチパチパチ! 乾選手のプロフィール等はこちら

ユースからあがってくる選手たちももちろん大切ですが、こうして、外からやってくる若手の、代表として選ばれる実力を持った選手も大事。乾選手そのものの成長が楽しみなのはもちろんのこと、チーム全体にいい影響をもたらし、活気づけてくれることと、期待しています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

U-19 イケメンは?

U-19のアジアユース決勝、見ましたか? 私はテレビに釘付けで見てました。準決勝まではのびのびプレーしていたU-19ですが、北朝鮮の運動量に比べて、すっかり固くなっていましたね。あと、ボールの出し方が甘い。予測のつきやすい足元へのパスコースばかりになっていて北朝鮮に見破られ、中盤でボールをとられることが多々ありました。残念なことに、シュートまでいく動きが、本当に少なかったです。これって、今のマリノスもそう。足元へのパスばかりで、スペースを活かしてないし、後ろからのオーバーラップも少なくて。

まあ、私的には、一番残念だったのは、松木の解説ですけどね(笑)。うるさいんだもん! 解説ってより、ただのひとりごとじゃないか!

なんてグチはさておき。

U-19でイケメンって、誰でしょうか? 私はグランパスの青山くんをチェック。でも「存在感イケメン」はやっぱり梅崎かな。

……やっぱり年下男って、女性にとって美容液です(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美容ネタ その後の経過報告

今まで書いてきた、まつ毛エクステ、ひまし油湿布、ヘッドスパの経過報告です。美と健康のための投資の結果はいかに!?

まずは最近のネタですがまつ毛エクステ。これがまた見事にとれました(笑)。もっと長持ちさせている人もいるんですけどね。個人の目の形やマブタの感じにもよるのでしょうけれど、昨日の時点で、左側はほとんどとれてしまいました。右側がまばらに残っています。今回は体験取材だったので、もっとも長いエクステをつけたのですが、その分、とれやすかったのかもしれません。また、エクステに慣れていない私、お風呂や洗顔のときに、目もとをこすりすぎたかも。仕上がりは気に入っていたのですが、アイメイクアップリムーバーが使えないなど、不便も多かったです。まあ、今後はパーティなどの前に、部分的にエクステをするのがよいかも、です。

ひまし油湿布。いちおう3週間、週末続けてみました。なにか劇的な変化があったかといえば、それはない。でも、ひまし油湿布をした翌日、ヘンな話ですが、お通じの質がちょっと違うように思います。あんまり具体的に書くのもなんですが、便に粘性があるというか。油が排出されている感じがあるのです。西洋医学てきには「ない」とされている宿便というもの、これが排出されている感があります。効果そのものはわからないかもしれないけれど、夜、じっくりとお腹をあたためながら横になっていること自体、リラックス&ヒーリング効果が高いといえましょう。

ヘッドスパ。私が行っているのは、セレブ御用達で最近オーナーが文化功労賞とか菊華勲章を受けたサロン・ド・リジューというところです。取材などでもお世話になっていますが、マスコミ割引は一切なし。私ももちろん自腹でポンッです。18回コースをプリペイドしてまして、今5回が終わりました。最初の5回は週1で通うのが目安とのこと。ほか、1万円シャンプーも買ったし、頭皮洗浄用ブラシも購入。はっきり言って、高いです。でも、効果はいいですよ! 頭皮の毛穴をスコープで毎回チェックするのですが、毛穴がとてもキレイになりました。髪もツヤツヤです。ここでは1回の施術に3回シャンプーが入るのですが、本当に気持ちがいい! 私はいつも、ウトウトとしてしまいます。力の入れ具合も絶妙。マッサージも上手! アタマのコリもとれて、血行がよくなるので、顔がイノセントな表情になります(笑)。別に薄毛というわけではありませんが、自分ではなんともできない、頭皮のエイジング対策、今からケアしようというわけです。女性のお客様が多いですが、男性もいらっしゃいます。カツラメーカーのヘアチェックより、よっぽどおしゃれで前向きな頭皮ケアだと思います。ヘアメイクの嶋田ちあきさん、真理子さん夫妻も通っているし、君島十和子さんも顧客です。そうそう、ここの「頭皮毛穴クレンジングマシーン」は笑えますよ。頭にオカマのようなものをかぶせて、ギュ~~~ッと吸引するんです。オデコがちょっとうっ血しますが、これをすることで、毛穴に詰まった皮脂がよくとれるみたい。かなり情けない姿ですけどね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

U-19 アジアユースのPK戦 林の妙な動き

昨日のアジアユース準決勝 韓国戦、見ましたか? 私は途中から見ました。文字通りの泥試合でしたね。

PK戦、先行していて、しかもこちらのほうが優勢だったので、「まあ、行ける気がする」と思っていたら、お互い2-2に。うわ~~、緊張!

でも最後はGKの林くん、止めてくれましたね! 

その林くんなんですけどね……相手がPKを蹴るとき……、林くんの動き、ちょっと妙じゃないですか?(笑) 前後左右に体を動かしながら構えるんだけど、それがどうも、小刻みで。今まで見慣れたヨシカツやセイゴウは、堂々と構えていただけに、林くんの動きが、挙動不審(笑)。

と、思っていたのは私だけじゃなかった! 日刊スポーツのサイトにも、「相手を惑わせた」と書いてありました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今度はまつ毛エクステだ

仕事で機会があって、「まつ毛カール+まつ毛エクステ+落ちないマスカラ」というのを受けてみました。まつ毛カールはいわゆる、まつ毛パーマのこと。前回は2ヶ月前にかけたのですけれど、それは結構長持ちしてました。でも新しく生えてきたまつ毛と、カールのかかったまつ毛が混じりあっちゃうと、あんまり美しくないんですよね。 なので、今回、かけなおししました。ただし、その後にエクステをするので、前回ほど、ギュイ~ンと上向きにはしませんでした。
 カールをつけたら、今度はエクステ。今ある自毛まつ毛に、人工まつ毛を付け足すわけです。うおおお、根気と集中力の要る仕事よのう。私? ええ、ただ寝ているだけですわ。ただし、まつ毛カールのときも、毛をロットに巻きつけるので、やや、引っ張られ感があります。エクステのときも、まぶたをやや引っ張られる感じで固定をしてから、作業をするので、まぶたのキワの粘膜が外気にさらされて、ちょっと痛いです。
 自分では施術中を見ることができなかったので、どうやったのかわからないのだけれど、その後、「落ちないマスカラ」というものをつけて終了。まあ、黒い液体でコーティングするわけですね。
 できあがったまつ毛、すごいですよ~。アニメの目みたいです(笑)。でも、かなり自然。周りの人にも評判がいいです。これみよがしでなく、「あれ? マリコさんって、こんなにまつ毛、長かったっけ?」と思う程のナチュラルさらしいです。ちなみに、私の両目のまつ毛のエクステは75本程度だそうです。うひゃ~。エステティシャンを尊敬。上記のコースで、2時間半くらいかかったもんね。

というわけで、私の目力、まつ毛力で悩殺されたい人、募集中(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

秋の和食のおすすめは?

食べ物がますますおいしい季節ですね。先日の中華街の東林もおいしかったけど、上海蟹もいい季節です。メゾン・ド・ウメモト 上海 そろそろいきたいな。そして、和食。来週、大切な人の誕生日で、和食にお連れしようと思っているのですが、どこかいいところはないでしょうか? 前回は、馳走 喜多おかへ連れて行ったな。で、私の誕生日には金田中 草につれていってもらったので、今度はまた、私も和食返し、したいのです。
 仕事上、接待などで行ったことがあって、なかなかいいな~と思っているのはかどわきとか、赤芳亭とか、山さき、あたりですね。あと神楽坂にある店で、おいしいところがあったのですが、どうしても名前が思い出せない。。。銀座方面には行きたくないし。どこかいいところ、ないですかね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アジアユース U-20W杯出場決定!

サウジアラビアを2-1で破って、準決勝進出を決めたU-19。マリノスの選手は残念ながらマイクしか選ばれていませんが、ほかの選手をチェックするために、見ています。
 1年半かけてのこのチームということもあり、誰といった特別なスターはいなくても(強いていうなら、A代表にも選ばれた大分の梅崎かな)、まとまりのある感じがでてきましたね。やはり「若さ=勢い」なのか、チームにのびのびとした雰囲気がでてきたように思います。誰が出ても、みんなで盛り上がれる感じ。先輩・後輩といった上下やキャリアの差異がでにくい、年齢別代表ならではの、雰囲気なのかもしれません。

そういうチームだからか、みんななかなか思い切ったプレーですね。うれしかったのは、PKをとられて同点に追いつかれてからの、青木(千葉)のシュート。これが決勝点となり、サウジを下したわけですが。青木は途中出場でしたが、その分、とてもアグレッシブでしたし、あのとき、ヘタにボールをトラップしたり、こねたりせずに、すぐにシュートを放った思い切りのよさが、ゴールを生んだのだと思いました。

とりあえずは次の試合ですが、アジアユースでの優勝も狙いたいですね。やはりアジアのトップにならない限り、世界からは相手にされないですもん。若いうちに、いろんな国の選手と戦うチャンスがあるって、大事なことのように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天皇杯 マリノス辛勝  おまけで中華街

三ツ沢で、愛媛FCと対戦。延長の前半にやっと1点をもぎとり、なんとか次戦に駒を進めることができました。若手や、ふだんはサブのメンバーを多く起用した布陣でしたが、ひとことで言うとチグハグ。若手は焦ってばかりだし、ベテランとの息もあっていない。一方の愛媛FCは、けっこう身体も大きいし、とにかく「必死感」がありました。マリノスはDFがボールを持った後、攻めあぐねているシーンばかり。隣に1歳半の女児がいるということも忘れ、ときどき大きな声で怒鳴ってしまいましたです。

笑ったのは、延長に入る前。選手たちは疲れ果てて、水分補給をしたり、ストレッチをしたり、ほかのメンバーからいたわられている様子…。ああ、なんか満身創痍の中にもちょっとだけ、感動…って思っていたら、隣にいたMちるちゃん(仮名)が、ポツリとひとこと。「決勝じゃないんだから」。そうでした(笑)。なんかあまりの死闘っぷりに、つい、妙な気持ちになっていましたが、ウチにとっては初戦だし、相手は、こういっちゃあなんだけど愛媛FC。感動してる場合じゃないよ!

まあ、とにかく、辛勝です。水沼の力でなんとかなるもんじゃあないと、アタマではわかっていますが、ぜひ、水沼マリノスで、天皇杯をとりたいものです。

試合後は、みなとみらいのマリノスの新練習所を見学にいきました。リッパやな~。私、今のマンションのローンが終わったら、みなとみらいの、マリノスの練習場の見えるマンションを買おうかと思ってしまいました。

さて。さらにその後、中華街へ。今日は人通りはそんなにきつくないな。昨日のリストの店を回って、外観やメニューをj確認し、今回は東林という店へ。わりとさっぱりめの塩味のものがおいしく、とくにリンクを貼った「渡りかにの卵いため」がおいしかった~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マリノスの長谷川アーリア ジャスールくん

マリノスユースから、3人の選手がトップ入りしました。しかも、そのうち二人は、私のウチのすごくご近所の出身。なんだかうれしいな~。そして、もうひとり。「長谷川アーリア ジャスール」選手。んん? どこまでが姓でどこから名前だ? 彼はマリノスユースで10番のボランチだったようです。画像はこのいちばん右の人です。

イラン人でサッカー選手だった父親を持つ、長身の選手です。エキゾチックやな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中華街 おすすめの店は?

明日の天皇杯は三ツ沢。帰りに仲間で中華街で食事をしてこようと計画しています。とはいえ、そうしょっちゅう、行っているわけではないので、あんまりお店を知りません。もし、「ここぞ!」という店があったら、教えてもらえませんか?

ちなみに今、候補になっているのは、えっちゃんがみつけてくれtが、「東林」「慶福楼」「萬来亭」「金陵酒家」あたり。どこも気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

働きマン

「働きマン」という安野モヨ子のマンガ、知ってますか? 主人公の女性は週刊誌の記者。本当に忙しくて、女性であることを忘れてしまうほどだったりして。あ~、なんかわかるよね、仕事いっぱいしていると、「男スイッチ」入っちゃって。ていうか、そのほうが実際、仕事しやすかったりするし。でも、そうやって夢中で仕事しているときって、妙なアドレナリンがでていて、なんだか快感だったりもする。

働きマン 3 (3) 働きマン 3 (3)

著者:安野 モヨコ
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

でも、この最新刊、かなり身につまされるところがありました。後輩から借りて読んだので細かいセリフ等は忘れちゃっているんだけど、設定だけ書きますね。

主人公の女性と、そのカレシの距離感。彼女いわく「めったに会えないから、そんなときにはグチを言わないようにしようとしてきた。めったに会えないから、出来事を最初から説明するのがだんだんメンドウになって、そのうち会話がなくなっていきた」。みたいなセリフがあったのです。

あ~、わかる~~。ホント、めったに会えないと、そういう貴重な時間をケンカに使いたくないから、できるだけグチや不満を言わない。そうするとさ、だんだんホンネをいえなくなっちゃうんだよね。ガマンしちゃうというか。おたがいに「お客さん」の距離。
めったに会えないと、ちょっとした出来事や、会社での面白かった話、悩み、人間関係を話せないし、だんだん話さなくなる。しょっちゅう話をしていると、「そういえば、例の上司のその後の話なんだけどね~…」なんてことをいえるけど、めったに会えないでいると、そもそも、その上司の説明からしなくちゃいけなくなるから、もう、メンドウになっちゃうよね。貴重なデートを、上司の説明で終わらせたくないし。でも、そうすると、「最近どう? 忙しい?」「うん、相変わらず…」。。。。。以上。。。

そういう悩みって、きっと、みんなあるんだろうな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

iPodはどれ選ぶ? モバイルPCはどれを買う?

VAIOユーザーの私はなんでもSONY。まあ、デザインが好きっていうのもあるけれど、すっかりSONYの術中にはまっていて。デジカメやらなんやら、SONY製品が多いので、もう、それになれてしまっているのです。もちろん、実感していますよ、ウワサのSONYタイマー(笑)。VAIOは今使っているもので3機めですが(モバイルをいれるとトータル4機)、その3機のうちの2機は、故障が原因で買い換えています。せっかくワールドカップを録画するために買ったテレビ録画対応のVAIOが、ワールドカップ時期に壊れて、修理にだしたこともあったもんね。(無料修理でしたけどね)。今もVAIOから更新してます。SONYのサイトでカスタマイズ注文して購入したものですが、これはあまり画像をいじったりしていないせいか、長持ちのほうですね。
ちなみに、海外や遠征に行くときのためのモバイルもひとつ持っているのですが、さすがに古くなって、重い。そろそろ新しいのを買おうか悩んでいるのですが、ウィンドウズの新バージョンの搭載が先送りになったようで。
まあ、PCの世界なんて、「最新機種」を待っていては、いつまでも買えないだけどね(笑)。

ひきつづき、iPodの話を。私はもともと、古いタイプのiPodを使っているのですが、どうもそれでは重過ぎる。そんなに大量の音楽を持ち歩く必要もないし…。というわけで、nanoも買っちゃおうかな~と思ってます。私の周囲では、シャッフルの旧バージョンを持っている人が多いです。
もちろん、その人の生活や好みによって、どういうタイプを選ぶかは変わってくると思うのですが、私の場合は通勤、特に出勤のときに聞きます。モーツァルトも入っていれば、カラオケのための倖田來未まで入ってます(笑)。

皆様はどんなPCを使ってます? おすすめとかって、ありますか? iPodやnanoの使い心地なんかも教えてもらえると助かります。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »